☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|お兄ちゃんたちに気をつけて!【第25話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画お兄ちゃんたちに気をつけて!は、Plutus・Min Iyeong先生の作品です。

7歳の時、母親を亡くし、エルンスト公爵家の養子となった、ハリ。

しかし、公爵家の3兄弟から認めてもらえず、地獄のような日々を送ることとなった。

27歳で縁談が決まり、屋敷を出て行くことに。

ようやくこの地獄のような日々ともお別れかと思いきや、寝て起きてみると、 あの辛い幼少期に時が巻き戻っていた!

\ 全話更新中! /

目次

お兄ちゃんたちに気をつけて!【第25話】のあらすじ・ネタバレ

いつまでも無視され続ける状況に納得のいかないキャベルは、ハリのところへやってきて猛抗議。

その様子を近くで見ていたユージンが、ハリの味方をしていい加減にするようにと注意すると、兄さんなんて嫌いだとキャベルはどこかへ消えていってしまいました。

ユージン「バスティーエ兄妹とはどうだ?」

ハリ「うん一緒に遊んでると楽しい」

ユージン「そうか、もうすぐお別れなのが残念だな」

ハリ(待って今別れたら次はいつ会えるの?ま、まさか20年後?)

ユージン「心配するなすぐにまた会える」

ハリ(そうは言っても子どもの頃にあの兄妹と遊んだ記憶ないんだけど)

ユージン「数年ぶりの交流だったが今回の猟期は雰囲気もよかった」

ハリ(記憶と違う現象が起こるようになったのは)

(ユージンがエルンスト夫妻と何か話した後からだわ)

(もしかしてユージンが原因…?)

ユージン「距離が遠くて頻繁には会えないだろうが文通でもするといい。向こうもお前のことを好いてるからこの縁は途切れないだろう」

「だから心配するな」

ハリ(…え)

(いったいどうしちゃったのよこの人…気になるじゃない!)

キャベルとの関係は修復不可能?

またキャベルが抗議にやってきました。

自分とではなく、毎日兄でないヨハネスと遊ぶのが納得できないと言うのです。

もううんざりのハリは、ハッキリとヨハネスと遊んでいる方が好きだし楽しいからだと伝えるのですが、キャベルはそんな言い方では納得できない様子。

今まで遊んでやったのにと不満げで、ますますハリの怒りはつのるばかり…

さらにハッキリと伝えるしかないと判断したハリは、キャベルと一緒に遊ぶのは、遊んでいるとは言わないんだと告げました。

しかしどうやらキャベルはハリが楽しんでいると勘違いしていたようです。

ハリ「私がいつ言ったのよ?いつも無理やり連行してたくせに」

「兄さんと遊んだ後いつも身体が傷だらけになってたの知ってる?」

「前にも言ったわよね?私は兄さんより幼いのよ」

「私のこと一度でも気遣ってくれたことあった?」

「私は屋敷中を駆けずり回ってかくれんぼするよりも部屋で折り紙してる方が好きなの」

「あとボール遊びもつまんない嫌い」

「兄さんは一度も私の意見を聞いてくれたことないじゃない」

次々とハリからハッキリと意見を言われて、キャベルの心にはグサグサと言葉のトゲが刺さっていきます。

しかしハリはそれでもキャベルの遊びの誘いを一度も断ったことがなかったのは、キャベルのことが好きだったからだと言ってくれたのです。

一瞬、嬉しそうな様子を見せたキャベルですが、バスティーエ兄妹の前で妹じゃないと言われた時、すごく傷ついたから嫌いになったんだというハリの言葉で再びどん底へと突き落とされてしまいます。

 

ハリ「ヨハン兄さんはねいつも必ず私の意見を聞いてくれるわ。もし何か悪いことしたらすぐに謝ってくれる」

キャベル「オ、オレだってそれくらいできる!」

ハリ(かかったわね)

ハリ「だけど私もう頑固な兄さんと遊ぶの疲れちゃった」

キャベル「オ、オレはお前がそんなに弱いだなんて知らなかった」

ハリ「知らなかったら謝らなくてもいいってこと?」

キャベル「ご…ごめんってば!」

「今まで謝ったことなくてやり方が分からないんだ」

「で、でもオレのせいでお前がケガしたのは悪いと思ってる」

ハリ「うーんまだ兄さんのこと信じられないわ」

キャベル「はあっ!?」

ハリ「今私に怒鳴った?」

キャベル「い、いや…」

バスティーエ家とのお別れ

ついにハリはヨハネスたちとのお別れの日を迎えました。

ヨハネスは最後にハリにプレゼントを手渡してくれました。

中身はなんとめちゃくちゃ高価な通信機で、たまに連絡して欲しいというのです。

こんな高価なものを…とエルンスト夫妻は申し訳なさそうにしているのですが、どうやらヨハネス自身が数年分の誕生日プレゼントの代わりに買って欲しいと頼み込んだそう…

バスティーエ夫妻はヨハネスが前よりも明るくなったのが嬉しいからと、子供たちがこれからも連絡を取りあうのが悪いことではないと判断して、購入してくれていたのです。

ヨハネスから連絡してねとお願いして、ハリはバスティーエ家の4人を見送りました。

 

一家が去ったあと、友達が二人もできてよかったねと優しく声をかけてくれたのはユージンです。

通信機があれば顔も見えるしよかったなと言って、エルンスト夫妻の待つ方へと歩いていきました。

夫人が今日のおやつは好きなものを用意してあげると言って、お兄ちゃんたちはそれぞれに欲しいものをお願いしています。

ハリも食べたいものがあればと聞かれ、なんでも好きだと答えるのです。

ハリ(やかましくて鬱陶しい時もあるけど…)

(騒がしい毎日も悪くないなと思えてきた)

(そしてそんな甘いことを考えていた私を嘲笑うかのように)

(一年後、エルンスト夫妻が亡くなった)

\ 全話更新中! /

お兄ちゃんたちに気をつけて!【第25話】の感想

まだユージンの変化について行けていないハリですが、ユージンはもう敵ではないと早く受け入れてあげて欲しいですね。

長年いじめを受けていたため心の傷もあり難しいことかもしれないけれど、ユージンの存在はきっとハリの強い味方になってくれることでしょう。

そしてハリとキャベルの喧嘩はやっと終息の時を迎えました!

ずっと追い回されて大変だった生活から脱却できただけでなく、キャベルを謝らせることに見事成功したのは大きいですね。

あの時のハリのにやっとした感じがたまらなかったです。

そしてついにバスティーエ一家とのお別れの時がやってきてしまいました。

ヨハネスが用意してくれたのは通信機で、これからもハリと連絡をとりたいという純粋な心が垣間見えた気がします。

高級品を贈ってくるあたりさすがのセレブですが…笑

こうして再び日常へと戻ることとなったエルンスト一家でしたが、ここでいきなり公爵夫妻の死へと繋がってしまいます。

一年後とのことだったので、1年後の兄妹間の変化も気になるところですが、果たしてこれからハリたちはどうなってしまうのでしょう。

個人的にはユージンが抱え込みすぎてパンクしないか心配です…

まとめ

以上、ピッコマで配信中のお兄ちゃんたちに気をつけて!【第25話】のネタバレをご紹介しました。

お兄ちゃんたちに気をつけて!はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる