ピッコマ|お兄ちゃんたちに気をつけて!【第41話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画お兄ちゃんたちに気をつけて!は、Plutus・Min Iyeong先生の作品です。

7歳の時、母親を亡くし、エルンスト公爵家の養子となった、ハリ。

しかし、公爵家の3兄弟から認めてもらえず、地獄のような日々を送ることとなった。

27歳で縁談が決まり、屋敷を出て行くことに。

ようやくこの地獄のような日々ともお別れかと思いきや、寝て起きてみると、 あの辛い幼少期に時が巻き戻っていた!

\ 全話更新中! /

目次

お兄ちゃんたちに気をつけて!【第41話】のあらすじ・ネタバレ

ビショップ卿を連れて歩いていると、エーリッヒがやってきて、誰なのかと聞いてきました。

護衛がつくようになったんだと答えると、そういえば以前ユージンが連れてたことがあったなと言うのです。

どうやらキャベルとエーリッヒが一足先に家に帰っていたのは間違いなさそうです。

内緒で先に帰っていたことを悪く思っているのか、目の前で落ち込んでいるキャベルを見ているとなんともかわいそうな気持ちになってきたハリなのです。

 

エーリッヒ「まあ兄さんが選んだ人だし腕は確かだろ」

ハリ(1日中護衛されるのは勘弁してほしいとユージンに言ってみたものの…見事に押し切られた)

 

それはユージンに護衛を外してほしいとお願いに行った時のこと。

特に何もなければ静かに後ろをついてくるだけなので、ただの影だと思えばいいとユージンはハリに言いました。

しかしこんなに本格的な護衛は初めてでハリが戸惑うのも確かなのです。

バスティーエ邸で護衛をつけてもらっていなかったと知ったユージンは、なんとも言えない顔をして少し間を置いてから、それでもしばらくは護衛してもらえと言うのです。

さらにエダンが気に入らないなら他の人間と変えてやると、話は予想外の方向へと向かっていきます。

ユージン「わずか半日でハリが護衛を嫌がるとは…いったいどんな仕事をしてくれたのか気になるな」

ハリ「誤解よ。ビショップ卿は何も悪くないわ。ただ私が護衛に不慣れなだけで…」

ハリ(いくらなんでもこれは過保護だわ)

結局最悪な空気となり、何も解決しないまま終わってしまうのでした。

お昼ご飯論争

ビショップ卿の紹介を終えたところで、エーリッヒは何をしているのかと聞いてきました。

さっきまでキャベルと通信機で話していたと答えると、エーリッヒはキャベルがどんどんダメになるからあまり甘やかさない方が良いと忠告するのです。

エーリッヒ「じゃあ昼はまだなんだな?」

ハリ「いいえ。私は兄さんと通信する前に食べたわ。あんたは?」

エーリッヒ「もう食べたのか?」

ハリ「ええ」

エーリッヒ「ボクはまだ食べてないのに、なんで勝手に先に食べるんだよ!」

ハリ(え…急に何よ?)

エーリッヒ「ボクがせっかく朝寝坊もせず頑張って…」

「…なんでもない」

ハリ「あんたまだお昼食べてないんでしょ?なら食べないと」

エーリッヒ「別にお腹空いてないし」

ハリ「もしかして私と一緒に食べようと思って今日は早くきたの?」

エーリッヒ「はあ?そんなわけないだろ。ボクは暇じゃないんだ」

ハリ(エーリッヒたら!いつの間にこんなにませちゃって!)

ハリ「エーリッヒお昼一緒に食べましょ」

エーリッヒ「食べない」

ハリ「実はキャベル兄さんから急に連絡がきて、お昼まだ食べかけなの」

エーリッヒ「ウソつけ」

ハリ「ウソじゃないわ!だからほら一緒に食べましょ!」

 

なんとかエーリッヒを説得して、食堂までやってきたものの、再び食堂に現れたハリにメイドは驚いています。

ハリも食べるのかと聞かれたので、エーリッヒにバレないように、さっきの食べかけを出してほしいとメイドに伝えるのですが、エーリッヒはハリのウソを見抜いていたようでハリにはデザートを出してあげなさいと言うのです。

その気遣いにエーリッヒの成長を感じ、本当に良い子になったと感動するハリなのでした。

なんだか感じる違和感

ハリには最近なんだか気になることがありました。

その真相を確かめるべく、ヒューバートのところへと向かいます。

もちろんビショップ卿も一緒です。

ハリ「聞きたいことがあるの」

ヒューバート「なんでも聞いてください」

ハリ「今まで私のお世話をしてくれたサラが最近いないの」

ヒューバート「……」

「…少しの間帰郷すると言っていました。母親の具合が良くないそうです」

ハリ「まあお母さんがご病気だったの?」

ヒューバート「心配なさるほどではありません。落ち着いたらすぐに戻りますのであまりお気になさらず」

サラの名前を出した途端見せたビショップ卿の慌てぶりと、ヒューバートの受け答えに違和感を感じるハリですが、ここは何もなかったかのようにやり過ごすことにしました。

 

廊下を歩いていると、窓のそとにユージンの姿を見つけ玄関へと向かいます。

ユージンにエーリッヒが戻ったことを報告するハリ。

それからキャベルは補習で来られないんだと伝えるも、ユージンは何も言わずにハリのことをじっと見ているのです。

するとそこへエーリッヒがやってきました。

エーリッヒが昼頃戻ってきたと聞いたユージンは、早起き頑張ったんだなと言うのですが、エーリッヒは元々早起きだと主張し、努力して早起きしたとは決して認めようとしないのです。

そんな話をしていたかと思うと、突然エーリッヒが怒りだしました。

エーリッヒ「なんだよその顔」

「もしや今ボクのこと笑ったな?」

ビショップ卿「なんのことでしょうか?」

エーリッヒ「ふざけるな今絶対に笑っただろ」

ビショップ卿「誤解です」

エーリッヒ「何が誤解だ。ボクは見たぞ」

ビショップ卿「見間違いです」

ユージン「もうやめろ」

「それに仮に笑われたとしても怒るようなことじゃないだろ?」

ハリ「兄さんの言うとおりだわ。ほらもう行きましょ?」

エーリッヒ「最近の護衛はずいぶんと嘘が得意なんだな?ボクは絶対に認めないぞ」

 

エーリッヒを連れその場を離れたハリは、ようやく自分の部屋へと戻ってくることができました。

しかしやっぱりヒューバートの言葉とさっきの妙な空気がどうも引っかかって仕方ないのです。

ただそれが何かわかるはずもなく、とりあえずこれからのことを考えようと決めたハリは、手紙の整理でもしながら今後について決めようと考えていました。

その時、いくつも並んだ手紙の中から、一通の手紙が目に留まります。

手紙の送り主は、ロザベラ・ベロンティアです。

\ 全話更新中! /

お兄ちゃんたちに気をつけて!【第41話】の感想

エーリッヒが本当にびっくりするくらい気遣いのできる子になっていて驚きます。

外での生活で学ことが多いのかもしれませんね。

一方のキャベルは補習と言っていたので、おそらくあまり変化はないのでしょう。笑

そしてハリに突然護衛が付けられたのは、なんだかメイドのサラの存在が関係していそうです。

サラはどうしてハリの前から姿を消したのでしょう。

何か問題を起こして追放された可能性も考えられますが、そんなことあるんでしょうか。

そしてサラの件についてはビショップ卿も何か知っているようでした。

確かにこの件は分からないとずっともやもやしちゃいそうです。

キャベルをうまく使えば情報も引き出せそうですが、今すでに先に帰っていたことを申し訳なく思っているようなので、あまりいじめるわけにはいかないですね。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のお兄ちゃんたちに気をつけて!【第41話】のネタバレをご紹介しました。

お兄ちゃんたちに気をつけて!はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる