☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|お兄ちゃんたちに気をつけて!【第47話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画お兄ちゃんたちに気をつけて!は、Plutus・Min Iyeong先生の作品です。

7歳の時、母親を亡くし、エルンスト公爵家の養子となった、ハリ。

しかし、公爵家の3兄弟から認めてもらえず、地獄のような日々を送ることとなった。

27歳で縁談が決まり、屋敷を出て行くことに。

ようやくこの地獄のような日々ともお別れかと思いきや、寝て起きてみると、 あの辛い幼少期に時が巻き戻っていた!

\ 全話更新中! /

目次

お兄ちゃんたちに気をつけて!【第47話】のあらすじ・ネタバレ

ハリは、テラス席に誘うコルディス嬢のやり方はまるでナンパだと呆れています。

今人を待っていて、さらに護衛騎士がついているから2人きりで話すことはできないと断ると、コルディス嬢はビショップ卿に目を向けました。

彼女はビショップ卿を知っているような反応を見せますが、それについては話題にせず、ユージンはハリのことを大切にしているんだろうと言って微笑みます。

するとそこへ飲み物を持ったヨハネスが戻ってきました。

ハリのパートナーがヨハネスだったと知ったコルディス嬢は、少し驚いているようです。

ヨハネスは、コルディス嬢に簡単に挨拶をすると、ハリに持ってきたノンアルコールシャンパンを手渡しました。

てっきり自分の分も持ってきてくれると思っていたキャベルは、ひどく怒っていますが、「僕がいつお前のも持ってくるって言ったっけ?」と笑いながら言われてしまい、今回もヨハネスに勝つことはできませんでした。

殿下のお誘い

するとそこへダイス・ラ・ポンティーエ・アルランタ殿下の入場を知らせるアナウンスが流れました。

入ってきた赤い髪の青年は、ハリたちと同年代のように見えます。

みんなの前でちょっとした挨拶を済ませると、殿下はユージンのところへと向かいました。

ユージンはこんな会場を貸してくれたことにお礼を言って、握手を交わしています。

2人の会話がひと段落したところで、ハリは挨拶に向かいます。

挨拶をすると殿下は誕生日に何か贈り物をしてくれると言うのです。

今日こうして言葉を交わせただけでも十分ありがたいと贈り物については断ろうとするも、殿下はハリを城へと招待したのです。
驚きのあまり返す言葉が見つからないハリ。

するとユージンが、ハリが内気な性格で人見知りなために殿下の話し相手にはならないだろうと助け舟を出してくれました。

しかし殿下はハリに目を向けると、そんな風には見えないと言うのです。

ユージンは、人前ではそんなそぶりは見せないけれど、実はかなりの負担がかかっているんだと答えますが、なんだか非常に無理のある言い訳に、微妙な雰囲気となってしまいました。

それを聞いた殿下は、自分がエルンストに出向くのはどうだろうと代替案を出すのですが、今度はキャベルが間に入ってきて、ハリはとても人気者だから会いたいなら1年は待ってもらわないといけないだなんて意味のわからないことを言い出してしまったのです。

これだけいろんな提案をしてくれている中で断るのも悪いと感じたハリは、後日エルンストで会うという話を受けることに決めました。

結局、殿下との約束のせいでパーティー中ずっと緊張しっぱなしだったハリ。

パーティーが終わるとどっと疲れが押し寄せてきました。

ユージンはベロンティア嬢に会ってから帰ると言うので、ヨハネスたちにお礼を伝えると、キャベルとエーリッヒと馬車に乗り込みました。

キャベルはやっぱり殿下の提案を受け入れたことに腹を立てているようで、殿下を呼ぶなら自分がいる日にしろと言っています。

しかしアカデミーがあり週末しか帰ってこないキャベルのスケジュールには合わせていられないのです。

となると、キャベルは一日くらいサボるつもりのようですが、罰点ギリギリの彼にそんなことは不可能だとエーリッヒは言うのです。

その後も2人の言い争いは続きますが、ハリはもうめんどくさいとしか思えません。

そもそも今日カジェンタ・ホールでパーティーを開いただけでも衝撃的だったのに、まさか王族の話し相手になってくれと言われるなんて、予想していませんでした。

いまだに実感が湧かないというのが正直なところ…

しかしハリはそれよりも、さっきエーリッヒが言っていたキャベルの罰点ギリギリの話が気になり、キャベルを問い詰めながら屋敷へと帰っていくのでした。

ユージンの優しさはハリの心を癒す

後日、部屋でピアノを弾いていると、ユージンが尋ねてきました。

今日はハリの誕生日だからと早く帰ってきてくれたようです。

ユージンの手には、陛下からの手紙が握られています。

ユージンは手紙を渡す前に、改めてもし嫌なら本当に応じる必要はないと言ってくれました。

しかしハリは別に嫌なわけではなく、粗相でもしたらどうしようと心配しているだけだと答えるのです。

するとユージンは、ハリが粗相をしたところで誰からも責められることはないからと、不安な気持ちを和らげてくれました。

この間ハリの手に紅茶をこぼした侍女がすぐに解雇されたことを知っているハリは、自分にはどんな粗相をしても構わないと言ってくれることが少し嬉しく思えます。

他の人にはとてつもなく冷たい人が、自分の前では優しい目で見つめてくれるのが、誰にも簡単に入れない壁の中に自分の席がある事実に特別を感じられて嬉しいのです。
ハリはユージンに、頭を撫でても良いと告げると、ユージンはフッと笑ってから頭に手を乗せてくれました。

それから2人は殿下はどんな人なのかという話をし始めました。

ユージンによると殿下はハリより1つ年上で、世間では時期皇帝と噂されているものの、まだそこまで完璧な人とは言えないんだそう。

かなり子供っぽいところがあって、今回ハリを誘ったように行動が読めない時がたまにあるんだとか…

しかしエルンストに対してとても好意的で、今回ハリを誘ったのも親交を深めたいからだからと教えてくれました。

エルンストには借りがあると思っているから、ハリのことも丁重に扱ってくれるはずだと、ハリが感じていた不安を取り除くような言葉をかけてくれるユージン。

ハリは心の中で、自分も同じようにユージンの力になれれば良いのにと思っていました。

\ 全話更新中! /

お兄ちゃんたちに気をつけて!【第47話】の感想

誕生パーティーは別の意味でとっても大変なものになりましたね。

まさか殿下からのお誘いを受けるなんて…

これって殿下からのアプローチなのでは!?と期待しちゃったんですけど、ユージンの話を聞くにどうもそうではなさそうですね。

ただ単に親交を深めたいと考えているとのことだったので、ユージンが言うように心配しなくても良さそうですが、それでもやっぱり王族の人と会うのは緊張するに違いありません。

私なら何がなんでもキャベルがいない日を選びます。笑

本当にお兄ちゃんたちの過保護ぶりが面白すぎますが、それだけ大切にされるようになっただけでも、過去に戻ってきてよかったと言えるのではないでしょうか。

そういえばビショップ卿について、みんながハリに隠し事をしているようですが、あれは一体何なんでしょう。

誰も何のヒントもくれないので、逆にものすごく気になって仕方がないです!

まとめ

以上、ピッコマで配信中のお兄ちゃんたちに気をつけて!【第47話】のネタバレをご紹介しました。

お兄ちゃんたちに気をつけて!はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる