☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|俺一人だけカンストレベル帰還者【第32話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画俺一人だけカンストレベル帰還者は、Vertwo・Anaziro・Honey先生の作品です。

世界から1億2千万人の人間が消えた。

”最終クエスト完了報酬『帰還』が始まります” 22年ぶりにたった一人で最悪のサバイバルゲームをクリアした「伊野 明祥」。

「一人軍団、最強プレーヤー」と呼ばれた男が帰ってきた。

\ 全話更新中! /

目次

俺一人だけカンストレベル帰還者【第32話】のあらすじ・ネタバレ

リリースの隠された力について説明を受ける明祥。

話によれば、その気になればいつでも自らの力の根源である仮面の城に戻ってこられるのだそう。

それをどうして今言うんだと尋ねると、聞かれなかったからとリリースは笑って答えます。

この際他にも隠していることがあるなら教えて欲しいと伝えると、少し考え込んでから人間を眠らせたり、夢を訪ねることもできると打ち明けました。

しかしそんなことはすでに明祥も知っているのです。

ただ、夢の中を訪ねたらその人がいる場所に行けると、よくわからないことを言い始めます。

見た方が早いからと夢の中へ消えていったリリース。

するとたった10分でリチャードを仮面の城に連れてきてしまったのです。

 

リチャードは一体どうやってここへきたのか、当然のことながら全く理解していません。

まさかリリースが夢の中へ行って連れてきたなんて、わかるはずがありません。

どうしてここにいるのかと明祥達に聞いてみるも、完全に存在すら無視されている状態なのです。

リチャードを無視して進められる会話

明祥「知らない人間の夢にも行けるのか?」

リリース「知り合いしかできません!」

明祥「だからっていきなりここまで連れてきたらどうするんだ!」

リチャード「……」

リリース「だって実際に見せた方がわかりやすいでしょ?」

リチャード「あ…あの」

「もしかして俺を拉致したのか?」

明祥「それじゃあ俺も他の人の夢に入れるようにできるか?」

リリース「やったことないけど…一回やってみますか?」

明祥「ああ」

リリース「誰の夢に入ればいいですか?」

明祥「そうだな…まずは哲也さんのところに行こうか?」

リリース「オッケーちょっと待って!」

リチャード「おい…」

「……」

 

リチャードの質問に対する答えは何もないまま、リリースは今度哲也さんの夢へと向かい始めました。

夢へと通じる通路の中に体はほとんど入ってしまっており、もう見えているのはおしりと左足だけです。

リチャード「今これは何をしてるんだ!」

「突然人を拉致しておいて無視するんじゃねぇよ!!」

明祥「……」

「アブソルート・ギルド員達の武器を全部返したらいいか?」

リチャード「…何?」

 

明祥は信じがたい提案を持ちかけました。

今回見たことを秘密にしていてくれたら、ギルド員達の武器を全て返すと約束してくれたのです。

ただし約束を破ったらその時はと、脅しの一言を添えて…

誇らしい中国の状況

中国アベルの塔。

ここでも殴り合いのモンスター達との戦いが繰り広げられていました。

ある男が敵の顎を蹴り上げると、別の場所ではモンスターに頭部ごと握り潰された者もいます。

塔の外には多くのプレイヤーの姿があります。

すると塔の窓からボンという爆発音とともに、一人の男が吹き出し、塔のしたまで真っ逆さまに落ちてしまいました。

無残に転がった遺体の前にやってきた軍人らしき男は「軟弱な奴め…」と苛立つ感情を隠しきれません。

次の組を用意させると、時間がないからさっさと終わらせろと指示するのです。

 

ニュースではこれまで攻略不可だったアベルの塔が攻略されたと大々的に報じています。

中国は今月だけでも攻略不可ダンジョンを8箇所も攻略したというのです。

政府はプレイヤーに大々的支援をすると表明し、全世界の攻略不可ダンジョンの攻略完了数は一位を獲得。

さらには今年中に残る攻略不可ダンジョンも攻略完了を目標に掲げるほど…

隠された真実

中国のプレイヤー管理局「超人展」

展主のチャン・リンフォンは、死にかけた人間も生き返らせるというポーションを手にしています。

ポーションは実際に投与した結果、その効果も実証済みだということです。

そしてこのポーションを巡っては協商もすでに進められており、アメリカからは1つ30億円で320個、総額9600億円で買い取ると提案があったんだとか…

しかし同席した男は、戦闘中に瀕死となったプレイヤーたちの存在についても触れ、その中には九龍会の幹部もいると伝えます。

ならばこのポーションを与えればいいという話になりますが、よくよく聞いてみると35億を支払えばという条件付きなのです。

 

仮面の城でも当然このことは話題となっています。

ニュースでは攻略不可ダンジョンの攻略など良いところだけ報道されているものの、実際には現在までに死亡した中国プレイヤーの数は2500人に上り、罪のないプレイヤーばかりが死んでいっている状況だというのです。

一祥が聞いたところによると武具すらない低レベルのプレイヤーまでもが参加させられているのだとか…

まさに数だけで強行突破しようとしているも同然です。

彩音「前からエターナル・ワールドのユーザーの半分は中国人だったからね」

「どうせ人間はたくさんいるしプレイヤーたちを消耗品として使ってもいいと思ってるのよ」

明祥「……」

 

会議が終わった後も、窓の外を静かに見ていた明祥。

ついに何か決めたようでリリースを呼びます。

そしてリリースに黒い髪に黒い瞳をした女を覚えているかと尋ねるのです。

明祥はリリースの力を使って、ローシャオイを呼ぼうと考えていました。

\ 全話更新中! /

俺一人だけカンストレベル帰還者【第32話】の感想

リリースの隠された能力、めちゃくちゃすごくないですか?!

あんなすごい力、本当にどうして今まで隠していたんでしょうね。

明祥を驚かせることができてとても嬉しそうに笑うリリースは、非常に可愛かったですが…

それにしても実験的に連れてこられたリチャードの無視され具合には、終始笑わされました。

何を聞いても無視の2人。

完全に利用されただけでした。

あれからどうやってもとの場所に戻ったのかも気になりますよね。

そしてさすが中国、あっという間に攻略不可ダンジョンをクリアしていっているようです。

しかしそれには裏があって、実際には弱者も兵力として動員されているのだとか。

確かに人口は多いので、数で挑むことはできるでしょう。

でもかと言って無駄死にさせるのは違いますよね。

それぞれの国のやり方もあるので難しいところだと思いますが、明祥はこの件にも首を突っ込むつもりのようです。

ローシャオイを呼んで何を始めるつもりなのでしょう。

なかなか扱いが難しそうなイメージのあるローシャオイなので、まずはどんな風に話を持ちかけるのかにも注目したいです。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の俺一人だけカンストレベル帰還者【第32話】のネタバレをご紹介しました。

俺一人だけカンストレベル帰還者はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる