☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|俺一人だけカンストレベル帰還者【第37話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画俺一人だけカンストレベル帰還者は、Vertwo・Anaziro・Honey先生の作品です。

世界から1億2千万人の人間が消えた。

”最終クエスト完了報酬『帰還』が始まります” 22年ぶりにたった一人で最悪のサバイバルゲームをクリアした「伊野 明祥」。

「一人軍団、最強プレーヤー」と呼ばれた男が帰ってきた。

\ 全話更新中! /

目次

俺一人だけカンストレベル帰還者【第37話】のあらすじ・ネタバレ

明祥はアントンに連れられ、霧の立ち込める森へとやってきました。

しかしアントンも正確な位置を把握できているわけではないようです。

明祥はある程度来たところでお礼を伝えると、1人混沌の城を目指して歩き始めます。

 

森の中は本当に霧が濃くて、本当に一寸先も見えないほど…

こんな時に必要だったのは何だったかなと考えた結果、混沌君主の仮面エンチャント・パッシブスキル”偽りを貫く目”を起動させることにより、ようやく前を見て歩けるようになったのです。

そうしてさらに森を進んでいくと、突然道が開けて目の前にはついに混沌の城が見えてきました。

城の屋根部分には、先にここへやってきたギルドを全滅させたコウモリのような銅像 ガーゴイルが、設置されています。

城門を開けたら動くかもしれないと判断した明祥は、奴らが襲ってくる前に聖弓ゼフィリムを使って、離れた場所から一匹残らず破壊してしまったのです。

明祥「悪いな。遊んでやりたいが時間があまりないんでね」

「残りの奴らもあばよ」

開かずの扉

結局、ゼフィリムと戦うことなく入り口の扉までやってきた明祥。

入ってみようと決心し扉を押してみると、そこには数え切れないほどの彫刻像が飾られた庭園が広がっていました。

至って普通の庭園すぎて、このまま城の中に入れば良いのかと悩みながらも、とりあえず前へと進みます。

庭園のさらに奥にある扉へやってきたものの、ここはカギがかかっているようで扉が開かないのです。

そうとなれば壊せばいいだけだと攻撃を放ちますが、見事にそれも吸収され、扉はびくともしてくれません。

悩んだ末に、明祥は何かを解かないといけないんだろうと判断し、もう一度庭園を見て回ることにしました。

 

無数に並んだ彫刻像は、それぞれ胸のところに真っ赤に光る宝石を身につけています。

明祥「悪魔の君主、序列72列アンドロマリウス」

「序列71位、ダンタリアン…」

「セーレ…」

「マルバス…」

「ガミジン…」

「そして…」

「序列1位、魔王バアル」

「……」

「72個の悪魔の君主の彫刻像か…」

「何だか知らないがここを通るためのパズルがあるのは確かだな」

「面白いな、混沌の城…」

\ 全話更新中! /

俺一人だけカンストレベル帰還者【第37話】の感想

ついに混沌の城へと足を踏み入れた明祥。

事前にゼフィリムを倒しちゃう計画性もバッチリだと思ったのに、まさか2つ目の扉でつまずいてしまうなんて…

最初、あの彫刻像が動き出すのかなと思っていたのですが、像たちは怪しげな宝石を身につけているものの、あくまで像といった感じでしたよね。

一体この扉を開くために、何をすれば良いのか検討もつきませんね。

並び替えたり…?何かの順番通りに赤い宝石に触れてみたり…?

といろんな可能性が浮かびはしますが、一体どんな方法が求められているのか、そして明祥はどうやってその答えを導き出していくのか、次回が楽しみです!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の俺一人だけカンストレベル帰還者【第37話】のネタバレをご紹介しました。

俺一人だけカンストレベル帰還者はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる