ピッコマ|俺一人だけカンストレベル帰還者【第45話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画俺一人だけカンストレベル帰還者は、Vertwo・Anaziro・Honey先生の作品です。

世界から1億2千万人の人間が消えた。

”最終クエスト完了報酬『帰還』が始まります” 22年ぶりにたった一人で最悪のサバイバルゲームをクリアした「伊野 明祥」。

「一人軍団、最強プレーヤー」と呼ばれた男が帰ってきた。

\ 全話更新中! /

目次

俺一人だけカンストレベル帰還者【第45話】のあらすじ・ネタバレ

総理大臣 藤田政志は、早速議員たちの集まる会議へと明祥を連れていきました。

空気を和らげようとしているのか、君主さんと言えば良いのかな?なんて冗談ぽいことを言って笑っています。

明祥自身、正直特にこの男に恨みがあるわけでもありません。

むしろ選挙の時には支持していたほどです。

しかし現実に戻って聞いた彼の話はあまりにとんでもないものだったのです。

国民たちがモンスターに殺されていた時にバンカーに隠れていたとか、国の災害を解決しようとせず再任をして長期政権を狙ったとか…

そんな話を聞いた時に、明祥はこの男はクズだと確信しました。

 

しかし明祥の自身に対するイメージを知るはずもない藤田。

明祥のおかげで日本プレイヤーは最高の位置まで登りつめることができたと感謝の言葉を述べています。

しかしその発言は途中で遮られ、明祥は用件だけ話してほしいと言うのです。

側にいた秘書のような男が、言葉使いに注意するようにと耳打ちしてきますが、明祥は全く聞く耳を持とうとしません。

結局明祥の言葉通り、早速本題に入ることとなりました。

明祥の交渉術

ここで登場したのが外務大臣の峯岸豪太。

峯岸は明祥が仮面の城の前にある国有地に市街地建設を望んでいることについて、それを許可する代わりにいくつかの要求をしたいと言うのです。

明祥「何か誤解なさっているようですが…俺は政府に市街地建設の”許可”を得ようとは思っていません」

「”通告”をしてるんです」

関井「一体何を言ってるんだ!!」

明祥「どなたですか?」

関井「日本国党の関井厚木だ!」

「見たところまだ若造のくせに生意気な!大人の言うことにはおとなしく従えばいいんだ!」

明祥「……」

「関井厚木さん」

「ここは誰でも口を開いていい場所ではありません」

関井「な…なんだと!?」

藤田「関井君止めなさい」

関井「しかし総理あいつは…!」

藤田「止めろと言ってるんだ!」

関井「……」

「はい…」

藤田「すみません。続けてください」

明祥「言いたいことは簡単です」

「続けて変な要求をしてくるのなら…仮面の傭兵団は日本を離れます」

藤田の反撃手段

さすがにこの発言は、会場中をざわつかせました。

中には離れると言って勝手に離れられるものではないという声も上がっています。

すると明祥は突然席を立ち、もう話はなさそうだからと部屋を出て行こうとするのです。

関井はさっき注意されたのを忘れたのか、すぐに戻れと声を荒げますが、明祥は振り返りもしません。

しかし藤田に話しかけられた明祥は、足を止め振り返るのです。

 

藤田「…国民たちが見ていますよ」

「政府が国民の安全と日本発展のために…努力する姿をです」

「国を思って手を貸してください」

明祥「……」

「悪いですが総理の広告手段にはなりたくありません」

「ダメな日本という言葉を聞いたことがありますか?」

「最近は日本離れという言葉もあるようですよ」

「こんなことを聞いてどうですか?」

「今、自分がよくやっているとお思いですか?」

峯岸「小僧!!」

明祥「全世界的にエターナル・ワールドはまだ30%も具現されてないことをご存知ですか?」

「これは…」

「これからもっと危険で恐ろしいものが現れ続けるという意味です」

「だから…1日でも早くレベルの低いプレイヤーの経験値を上げないといけないときに」

「プレイヤーの税金を上げたり」

「裏金をもらって狩り場を斡旋したり…」

「今のこんな状況がまともなことだと思いますか?」

 

明祥の問いかけに、さっきまで声を荒げていた議員たちは全員黙り込んでしまいました。

藤田はこの状況に静かに頷き、覚悟を決めたかのような顔を浮かべて、明祥の言葉を十分理解したと言いました。

このことは政府内で話し合っていく方向性に持っていきたいようです。

明祥「プレイヤー管理局を解体してください」

藤田「……!?」

「急に何を…?」

明祥「さっき仰いましたよね?国を思って助けろと」

「それでは言われたとおりにしてあげましょう」

「ただし政府ではなく日本国のために」

仮面の傭兵団の気になる動きに世界は?

ロサンゼルス

仮面の傭兵団がしばし派遣を中止したことがニュースになっています。

その理由については、休息中かと報じられています。

混沌の城を攻略した後に、仮面の傭兵団全員が消えたなんて怪しさしか感じられません。

ニュース記事に目を通していたジェイは、まさか混沌の箱を見つけたのかしら?と微笑むのでした。

\ 全話更新中! /

俺一人だけカンストレベル帰還者【第45話】の感想

藤田という男が汚いのかと思いましたが、よくよく見てみるとあの場にいる議員の誰もがおかしく感じました。

国民のために働こうという気持ちを持つような人は、あの場にはいなさそうでしたね…

みんな自分の立場や、国民からどう思われるかということにしか興味がないようでした。

関井の態度の大きさはその象徴のように思います。

あんな風にして威圧的な態度をとって、藤田の味方をするフリをして、信頼を得たいと考えているようでした。

いくら選挙で選ばれたといえど、なんだか嫌ですね。

そんな議員の人たちにビシッと言ってくれた明祥はさすがでした。

ちょっと強気すぎない?とひやひやしちゃうときもありますが、結構な確率で的確なことを言っているような気がします。

これからも国民たちの味方でいてもらいたいですね。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の俺一人だけカンストレベル帰還者【第45話】のネタバレをご紹介しました。

俺一人だけカンストレベル帰還者はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる