☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|お嬢様はロイヤル・シェフ【第15話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画お嬢様はロイヤル・シェフは、Lysha・PAYA先生の作品です。

小さな食堂を営んでいたユン・セナ――。

ある日、交通事故に遭ったセナが目を覚ますと、なんと皇帝も恐れる家門の末っ子、セニアナ嬢になっていた。

セナが憑依したセニアナは、家族からのけ者にされていて、最初はセナも逃げようとするのだが…

\ 全話更新中! /

目次

お嬢様はロイヤル・シェフ【第15話】のあらすじ・ネタバレ

セニアナの決定により、お爺様はすぐに行政役人に命じてメリアーデン家への投資を撤回しました。

それはまさに死を意味するものでした。

城を追い出される際、メリアーデン伯爵は他の投資家を探すと大口を叩いてはいたものの、それは容易ではないことは明らかです。

なぜなら、ナベリウス・フランシフの信頼を失った彼らにお金を貸すような人は誰もいないから…ーー

 

お爺様と二人の兄と共に食事をしているセニアナ。

フロレッタを追い出し、お金を止めるというご褒美に満足したかと尋ねられ、嬉しそうに何度も頷きました。

そんなセニアナの態度に、無意識のうちに表情が緩んでしまったガウェインは、はっと我にかえるといつもと同じように、ただならぬ雰囲気を醸し出しセニアナを睨みつけます。

よかったと嬉しそうにするランスロットとガウェインの空気感の違いに、セニアナも戸惑ってしまうほどなのです。

 

ランスロット「それじゃあそろそろ教えてくれるかい?」

「君が変わった本当に理由を」

先ほどまでと全く違う視線を向け、セニアナに何か疑いでもあるかのような態度をとるランスロット。

お爺様とガウェインも気になっていたのか、何も言わずセニアナに注目しています。

セニアナ(いずれ聞かれる時が来るのはわかってた。いくらセニアナの記憶があると言っても完璧に真似するのは無理があったから)

(外見はセニアナでも中の私は別人だから)

(お爺様とお兄様たちが違和感を感じて当然…)

セニアナ「それが…」

本当のことを打ち明ける覚悟を決めたセニアナでしたが、次の瞬間、めまいがしたかと思えば、椅子から転落し意識を失ってしまったのです。

薄れゆく意識の中で、お爺様とお兄様が名前を叫んでいるのが最後の記憶となりました。

目覚めた先にあったのは過去の辛い思い出

次に目覚めた時、目の前にあったのは紛れもなくユン・セナであった自分の手です。

借金取りに胸ぐらを掴まれ、父親の行方を吐き出すよう脅されている場面。

痛くないように体を丸めて、目を瞑って100まで数えたら怖くないと自分に言い聞かせていると、今度は施設の遊具の中に移動していたのです。

どうやらかくれんぼをして遊んでいるようですが、誰もセナのことなど探さないため、かくれんぼが得意な子だった辛い過去が思い出されます。

誰もこないと分かっていながらも、いつも期待して待ってしまう自分が嫌になり、涙が溢れて来ました。

そこへ、先生の声が聞こえて来たのです。

先生「セナちゃんみーっけ!」

「一緒に遊ぼう」

セナ「先生…」

先生「おいで」

セナ(ダメだ)

(このままじゃ先生に届かない)

セナ「せ、せんせ…!」

必死に必死に先生を追いかけ続けたセナ。

しかし先生に追いつけないどころか、石に転んで転びそうになってしまいます。

そんなセナを先生は優しく抱きしめてくれたのです。

セナ「私のこと…見捨てないで」

「いい子にするから」

「一人にしないで」

セナの目からは堪えていた涙が、次々に溢れ出て来ました。

顔をぐしゃぐしゃにして大声を上げて、ただただ先生の胸の中で泣き続けていました。

その頃フランシフ家では…

セニアナの部屋では、医師が診察を行い、体調が悪い上に疲れが溜まって倒れただけだと診断していました。

倒れる直前までけろっとしていただけに、突然倒れたことにランスロットも驚いているようです。

医師はきっと心配をかけぬように隠していたのだろうとフォローしますが、ガウェインも倒れるまで我慢するかと思っているのです。

医師「我慢するのに慣れてらっしゃるようですね」

ガウェイン「そんなわけがあるか。ちょっとしたことでもすぐ暴れだす奴だ!」

その時、ベッドからセニアナの腕が落ちてしまいます。

ベッドに戻す際、腕の傷が目に留まり、ランスロットもガウェインも言葉を失っています。

 

そこへ執事がやってきて、お爺様に皇都からの連絡係が到着したとの報告が入ります。

こんな時も仕事へと向かうお爺様に、ガウェインは少し納得がいかないものの、何も言葉にはしません。

その時セニアナの腕がお爺様のマントを掴み、夢をみているのか何かボソボソと言っているのが聞こえて来たのです。

セニアナ「見捨て…ないで…」

「いい子にするから…」

\ 全話更新中! /

お嬢様はロイヤル・シェフ【第15話】の感想

ガウェインの謎のキャラ設定は何なんですかね?

素直に優しい兄になるわけにはいかない彼のプライドがとっても気になります。

本当はランスロットよりも優しい性格かもしれないのに…

個人的にはもっと感情を出して欲しいです。

セニアナではないことが気づかれつつあると悟り、全てを打ち明けようかとしていたところで、意識を失ってしまうという大事件が発生しました。

医師によると過労によるものだとのことでしたが、なんだか転生してしまったことと関係しているような気もして来ましたね。

過去に戻っていましたが、セナがどれほど辛い経験をして来たのか知ることになり、とても悲しい気持ちになりました。

先生の存在がいかに重要だったかが理解できます。

またセナは、セニアナとして意識を取り戻すことになるのでしょうか…

最後の言葉でお爺様が、よりセニアナ贔屓となって優しく接してくれることを願います。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のお嬢様はロイヤル・シェフ【第15話】のネタバレをご紹介しました。

お嬢様はロイヤル・シェフはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる