☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第5話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」は、Junilius先生、BAEK JI-YEON先生の作品です。

    小説の中の悪の一族、アグリチェ一家の娘「ロクサナ」に生まれ変わっていた!

    アグリチェ一族は人殺しをものともしない残虐非道な一族で、ロクサナ自身もその中の一人です。

    ロクサナの父「ラント」が拉致してきた男は、アグリチェ一族とは対極のぺデリアン一族のプリンス「カシス」でした。

    アグリチェ一族の誰もがカシスを殺そうとする中、ロクサナだけは唯一家族を騙してでも必死に救おうとするのです。

    徐々に心を開いてくれるカシスですが・・・。

     

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第5話】のあらすじ・ネタバレ

    ロクサナは毒蝶の様子を見に来ていました。

    大きな卵を手で撫でます。

    ロクサナ「もうこんなに大きくなって」

    毒蝶は、珍しい魔物の一種で生息地と卵を見つけることさえ難しい生き物。

    猛毒は毒蝶の孵化を促進してくれるので、この毒草の温室は最適な環境ではありますが、孵化する確率は30%にも満たないのです。

    そして孵化によりもっと難しいのが、飼い慣らすこと。

    ロクサナは自分の腕にナイフを入れて、血を流します。

    ロクサナ「さあお食べ。早く大きくなってね」

    毒蝶に誰が飼い主か認識させるためには、定期的に血を与えなければなりません。

    ロクサナ「もっと孵化を早めるために、今日から摂取する毒の量を増やそうかしら」

    原作では主人公の一人である「白の魔獣師」がこの毒蝶の卵を見つけました。

    魔獣師なだけに、彼は魔物を扱う能力に長けていました。

    もちろんロクサナにそんな力はありませんが、挑戦するのはタダです。

    ロクサナ「自分を守る手段は、多ければ多いほどいいものよね」

    そして卵を撫でました。

     

    ロクサナは、今日の晩餐化にデオンの姿が見えなかったことを思い出します。

    毎月絶対に一位の座を譲らない彼がいないなんて・・・。

    ロクサナ(きっとお父様が彼をどこかに派遣したのね。お父様の命令は絶対だから・・・)

    悪い予感がします。

    母に冷たいロクサナ

    ロクサナは、エミリーに報告を受けています。

    エミリー「次の報告は・・・本日地下の牢屋の番人が倒れていたそうです」

    ロクサナ「あら、犯人は一人しかいないわね。シャーロットでしょう?」

    どうせ、ジェレミーがそそのかしたに決まっていると、気付いていました。

    エミリー「はい、シャーロット様が無理やり牢屋に入り、オモチャを攻撃し傷つけたうえに拘束具まで破壊したそうです」

    ロクサナ「あの大魔物用の拘束具が!?まさか・・・!」

    シャーロットは行動は確かに軽率ではありますが、彼女の力だけで拘束具を壊すのは不可能です。

    きっと、カシスがシャーロットを上手く利用したのだろうと推測します。

    ロクサナ「なんだかおもしろいわ・・・」

    微笑み顔を上げると、目の前に女性がいました。

    ロクサナ「お久しぶりです。お母様」

    母は笑顔で、元気だった?と話てくれます。

    ロクサナ「ここには何のご用で?」

    母「晩さん会の話を聞いたわ。月刊評価で二位だったんですって?もう立派な・・・」

    するとロクサナを見て、腕から血が出ていると驚いています。

    ロクサナは何でもないと、腕を隠しました。

    ロクサナ「それより話の続きは?」

    母「あ、頑張ってるのね。あなたももう立派なアグリチェよ」

    ロクサナ「はい、お母様のお望み通りになりました」

    私の部屋に寄っていきますか?と聞いていますが、ロクサナの表情はとても冷たく見えます。

    ただちょっと疲れていて・・・と言うと、母は止めておくと少し恐怖を感じながら断ります。

    ロクサナ「そうですか、ではお気をつけて」

    そしてドアを閉めました。

    拘束具の秘密

    ロクサナ「エミリー、いつもよりお茶に入れる毒の量を増やしてちょうだい」

    エミリー「かしこまりました」

    立派なアグリチェと言われたことを思い出します。

    ですがアシルが死んでしまったときのことが浮かんできます。

    ロクサナ(アシルと私を守ってくれなかったあなたを恨んでるわけじゃない)

    (でも・・・前と同じ様に接するのは無理よ)

     

    牢屋で血を流しているのはカシスです。

    「何見てんだ!ロクサナお嬢様のお気に入りだから大目に見てやってたら調子に乗りやがって。シャーロットお嬢様に八つ裂きにされるべきだったんだ!」

    看守は、カシスを蹴っています。

    ですがカシスの目は冷静です。

    「チッ!ロクサナお嬢様の顔に免じて、今日はこのくらいにしてやるよ」

    そう言って去っていきました。

    カシスはシャーロットもロクサナの名前を出していたことを思い出しました。

    彼はシャーロットに首を思いっきり絞められていたのです。

    カシス「でもあの子のおかげで、この拘束具の仕組みがわかった」

    拘束対象の興奮度によって、動きは制限されるのです。

    裏を返せば、どんな場合でも冷静でいれば拘束具は発動しません。

    ですが敵を油断させるためにも、この事実を知っていることは絶対に秘密にしなければならないと、カシスは考えています。

    カシス「でもあの女は拘束具がただの飾りだと気づいているかも」

    ロクサナのことを、どこまで信じればいいのか・・・まだわかりません。

     

    \ 全話更新中! /

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第5話】の感想

    一位は別にいたんですね!

    そして、ロクサナはシャーロットを上手く使ったのはジェレミーだと気づいています。

    なんだか、複雑ですね・・・。

    カシスは拘束具に関して、どうしたら外れるのか気づきます。

    それはたまたまですが、シャーロットのお陰。

    ロクサナをどこまで信じたらいいのかまだわからず、彼は悩んでいます・・・。

    そうですよね。

    拘束した男たちと関係があるのですから、そう簡単に信じることはできないでしょう。

    でも少し、最初よりも心を開いているようにも見えます・・・。

     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第5話】のネタバレをご紹介しました。

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる