☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第14話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」は、Junilius先生、BAEK JI-YEON先生、kin先生の作品です。

    小説の中の悪の一族、アグリチェ一家の娘「ロクサナ」に生まれ変わっていた!

    アグリチェ一族は人殺しをものともしない残虐非道な一族で、ロクサナ自身もその中の一人です。

    ロクサナの父「ラント」が拉致してきた男は、アグリチェ一族とは対極のぺデリアン一族のプリンス「カシス」でした。

    アグリチェ一族の誰もがカシスを殺そうとする中、ロクサナだけは唯一家族を騙してでも必死に救おうとするのです。

    徐々に心を開いてくれるカシスですが・・・。

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第14話】のあらすじ・ネタバレ

    ティーパーティーに現れたロクサナ。

    そこには母もいました。

    母「まさかあなたも来るとは・・・。前もって言ってくれればよかったのに・・・」

    ロクサナは椅子に座りました。

    マリア「私がわざと秘密にしてたの。だってその方が面白いじゃない?」

    ヘビとネズミ。

    マリアが捕食者なら、ロクサナの母は被食者です。

    マリアに怯えながらも、断ることができずに毎回こんな場所に連れてこられます。

    弱い人だとロクサナは思うのです。

    幼い息子に兄弟を殺すように命じるラント・アグリチェも。

    命令に従って、本当に兄弟を殺すデオン・アグリチェも。

    嫌がる母を毎回ティーパーティーに招待するマリアも・・・、皆完全にイカレている・・・。

    ロクサナはそう思っているのです。

    マリアの新しい人形

    マリア「サナのオモチャも一緒に来たらよかったのに・・・。みんなもそう思わない?」

    彼女はため息をつきました。

    すると他の参加者が、歴代のオモチャの中でも一番綺麗な顔立ちをしていた・・・、やっとみられると思っていたのに残念・・・などなど。

    それぞれ意見を話しだすのです。

    ロクサナ「私のオモチャは人見知りが激しいので、私以外の人間には噛みついてしまうかもしれません」

    一人の参加者に、その様子じゃまだクスリは使ってないのかと聞かれます。

    ロクサナ「クスリを使って飼い慣らすのもいいですが・・・、あまりにも聞き訳がいいと、すぐに嫌気が差して殺したくなりそうで・・・」

    せっかくの初めてのオモチャだからと、冷たい笑顔を見せました。

    ロクサナ「長く楽しみたいじゃありませんか」

    それを聞いた母は、恐怖を感じています。

    「確かにクスリを使うと楽しみは半減するわよね」

    「その方が言うことをよく聞いて楽じゃありません?」

    それぞれペチャクチャと話出しました。
     

    マリア「さあさあ注目!全員揃ったし、私の新しい人形を紹介するわ。こっちに連れてきて」

    鎖をつけて入ってきたのは、女性です。

    マリア「これが私の新しい人形、ルウェルよ」

    また始まった。

    これだからロクサナは、このティーパーティーには二度と来たくなかったのです。

    マリア「さあルウェル、お客様たちに挨拶しなさい」

    その女性らしき人形は、片目は無くなっているようで、口元は裂けて縫われています。

    ガクガクと震えながら歩いており、真っ直ぐ立ててもいないのです。

    マリア「シエラ、私の新しい人形はどう?この前の人形よりかわいいと思わない?」

    母「そ・・・そうですね」

    彼女は震えています。

    マリア「ルウェル聞いた?シエラがあなたを気に入ったそうよ。お礼をしなくちゃね」

    ルウェルにお茶を注いであげるように、マリアは言いました。

    震えながら歩いているルウェルは、母のカップにお茶を注いでいます。

    すると手元が震えていたせいか、お茶をこぼしてしまったのです。

    母「きゃあ!!」

    マリア「シエラ!大変!熱いお茶がかかったんじゃない?」

    「ルウェル、お茶の一つもまもとに注げないの?その上やけどをさせて黙ってみてるなんて、どうやらお仕置きが足りない様ね」

    彼女は怒り、立ち上がりました。

    母はルウェルのせいではなく、全部自分のせいだから許してあげるようにとマリアに言いますが・・・・。

    マリア「シエラは優しいのね。でもダメよ。その綺麗な手にやけどの痕が残るかもしれないじゃない」

    今すぐルウェルを連れて外に出るように命令しました。
     

    すると突然、ティーカップが割れる音がしました。

    ロクサナ「ごめんなさい、手が滑ってつい・・・」

    母の手がどんどん赤く腫れていくので、すぐに水で冷やした方がいいと言いました。

    ロクサナ「それにひどいやけどかもしれないので、念のため医者に診てもらった方がいいと思います」

    マリア「私ったら、ごめんなさいねシエラ。このままじゃ本当に綺麗な手が台無しよ」

    ロクサナは使用人に母をお願いしました。

    カシスの逃亡

    「キエエエエエッ!!」

    檻の中からは、何かの叫び声のような音が聞こえています。

    「誰が勝つかしら?」

    「茶色い頭の子だと思うわ」

    「あの子はクスリのせいで、今正気を失ってるわよ?」

    それぞれ、オモチャの事を話しているようです。

    ロクサナ(本当、悪趣味なんだから。お母様を先に帰して正解ね)

    お茶を飲みながら、話を聞いているだけのロクサナ。

    すると使用人が慌てて部屋に入ってきました。

    「大変です!ロクサナお嬢様のオモチャが逃げ出しました!」

    それを聞いたロクサナは冷静に状況を聞きます。

    ロクサナ「どういうこと?私のオモチャが自分で部屋の鍵を壊して逃げたって言うの?」

    使用人によると、ここに連れてくる為に部屋に入ったところ、隙を突かれて逃げられたのだそうです。

    ロクサナ「何ですって?誰がそんなこと頼んだ?」

    持っていたティーカップが割れます。

    ロクサナ「つまりあなた達が勝手に、私のオモチャをここに連れてこようとしたってこと?」

    彼らはデオンからの命令と聞いたそうで、ロクサナも許可した命令だと判断していたそうです。

    ナイフが飛び、使用人に刺さります。

    ロクサナ「ずいぶん舐められたものね。この状況でも私の前で堂々と立っていられるなんて」

    「ひざまづきなさい。身の程知らずのその頭を、飛ばされたくなかったら」

    そして、最後にカシスを見たのはどこなのか聞きました。

    最後に見たのは南西方面の廊下だそうで、ジェレミーがカシスの後を追ったのだと答えました。

    ロクサナはエミリーを呼ぶと、彼女はすぐに処理すると言って向かいました。

    ロクサナ「今日のパーティーはこれでお開きにしましょう」

    マリア「一緒にあのオモチャを捕まえてあげようか?」

    ロクサナ「いいえ、お気持ちだけで結構です」

    マリア「何か途中で誤解があったかもしれないけど・・・」

    彼女は冷や汗をかいています。

    デオンも関わる問題なのであれば、自分も黙って見ているわけにはいかないと言うのです。

    すると急に地響きが起こりだしました。

    地震でもあったのだろうか・・・?

    天上を見ると、そこには大きなクモのような怪物がいたのです。

    「カランチュラよ!!」

    「みんな逃げて!」

    沢山の人が、悲鳴を上げながら逃げていきます。

    ロクサナ(まずはこっちを片付けてからね)

    髪の毛を結い、準備をしました。

    \ 全話更新中! /

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第14話】の感想

    マリアのティーパーティーに、カシスが来なくてよかったですね!

    もし来ていれば、何が起きたかわかりません。

    マリアのお気に入りの人形も、気味が悪くて・・・。

    お茶をこぼしてしまったのもできないのではなく、身体がうまく動かせない状況だったんだと思います。

    お仕置きをしたいだけなのでしょうか・・・。
     

    そしてカシスが逃亡したとのことですが、これは何が裏がありそうですね。

    マリアは明らかに戸惑っていましたが、それはデオンが関わっていると聞いたからで、彼女自身に責任はなさそうです。

    ロクサナはまず、カシスの前にしなければならないことができました。

    この大きなクモのような怪物は、誰の仕業なんでしょうか・・・?

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第14話】のネタバレをご紹介しました。

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる