☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第33話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」は、Junilius先生、BAEK JI-YEON先生、kin先生の作品です。

    小説の中の悪の一族、アグリチェ一家の娘「ロクサナ」に生まれ変わっていた!

    アグリチェ一族は人殺しをものともしない残虐非道な一族で、ロクサナ自身もその中の一人です。

    ロクサナの父「ラント」が拉致してきた男は、アグリチェ一族とは対極のぺデリアン一族のプリンス「カシス」でした。

    アグリチェ一族の誰もがカシスを殺そうとする中、ロクサナだけは唯一家族を騙してでも必死に救おうとするのです。

    徐々に心を開いてくれるカシスですが・・・。

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第33話】のあらすじ・ネタバレ

    高身長で体格のいい男は、デオンしかいない・・・。

    和合会への参加が遅れるように、彼にはめんどくさい仕事を頼んだのに。

    もう片付けてしまったのだろうかと、隠れながら考えるロクサナ。

    すると、デオンらしき人物はロクサナに気づいた様でした。

    気配も消していたのに、どうして居場所がわかったのだろうと思いながらも、デオンに声をかけることにします。

    ロクサナ「まったくいい加減にして」

    するとデオンは足を止めました。

    どれだけ追い回せば気が済むのか、あんたの顔なんか見たくないとロクサナは言います。

    何度も同じことを言わせないで、今日は気分がいいからこのまま何も言わずに消えてほしいと、デオンの名前を呼びました。

    こっちに来ないでと言いながら、木の近くにしゃがみ込んでいるロクサナでしたが・・・。

    デオンらしき人物が、着ていたローブを脱いで肩にかけてくれました。

    そのローブに触れると、香りですぐに気づきます。

    デオンじゃない・・・。

    ですがその男性は、もうそこにはいませんでした。

    デオンが気になる父

    パーティー前。

    ラントはロクサナに、デオンは来たのかと聞いてきました。

    まだだと答えると、ずいぶん遅いと言いながら機嫌を損ねているラント。

    ジェレミーは、アイツがいたら空気が悪くなるからいない方がいいと言うのです。

    ロクサナ「それにしても遅いですね」

    ジェレミー「父さんがいない隙に、監視対象が問題を起こしたのかもね」

    それでもデオンを信じて待とうとロクサナは言いますが、ジェレミーは嫌そうな顔をしています。

    ラント「それじゃあ・・・、間抜けどもの顔でも拝みに行くか」

    パーティー会場のドアを開きました。

    黄のベルティウムと青のペデリアン

    中に入ると、沢山の男性がロクサナのことを見つめてきます。

    アイツらダッセーツラしてやがるとジェレミーは言いますが、ロクサナは気にしていないようです。

    それよりも、睨みつけてくる男性が目に入ります。

    その男性は、リュザーク・ガストロ。

    昨日よりもすごい形相で、ロクサナのことを見ています。
     

    「ちょっとしっかりしてくださいよ」

    「もう!もたれかかったら重いじゃないですか!」

    会場の外から声が聞こえてきました。

    あくびをしながら入ってきたのは、オレンジ色の髪の毛の男性です。

    もう一人の男性にべったりともたれかかり、ダルそうにしています。

    二人が言い合いをしているので、周りにいる人たちはそれをじっと見ているのです。

    ロクサナはすぐに、あのオレンジ色の頭の男性が黄のベルティウム頭首「ノエル」だと気づきました。

    いいのか悪いのか・・・、小説で描写されていた通りの姿なのです。

    ノエルはタルトが食べたいと言いながら、引っ張られていきます。

    するとふと、ロクサナと目が合ってしまいました。

    ロクサナがノエルに微笑むと、彼は大声を上げます。

    ノエル「うわーーーー!!!」

    その場に座り込んでしまったノエルは、鼻血をたらしています。

    付き人の男性は、慌ててノエルを会場の外へと引っ張っていきます・・・。
     

    ジェレミー「なんだあいつら」

    ラントもその様子を見ており、明らかに不機嫌そうな表情をしています。

    ジェレミーはロクサナに何か食べたいものはないかと聞いてきてくれたので、そのままお願いしました。

    パーティーが騒がしいのはいつものことですが、今日は一段と落ち着きがありません。

    本当は、どこか焦っているのかもしれないと、ロクサナ自身気づいています。

    この感情を焦りと言っていいのかはわかりませんが、もしかしたらこの瞬間誰かを待ち焦がれているのかもしれないと・・・。

    会場のドアが開くと、そこにはペデリアン一行が入ってきました。

    もちろん、カシス・ペデリアンも一緒に・・・。

    \ 全話更新中! /

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第33話】の感想

    きっとデオンだと思っていたのは、カシスだったのでしょうね。

    じゃないとあんなに優しく、ローブをかけてくれるはずがありません。

    彼は優しいまま、きっとロクサナに感謝はしているでしょう。

    パーティーではノエルと会い、さらにカシスも現れました!

    さあ、ラントはどうするのか!?

    そして死んだと見せたロクサナがこれからどう行動をおこすのでしょうか!?

    かなり続きが気になります!!

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜【第33話】のネタバレをご紹介しました。

    ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる