☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|災害級使徒の花嫁探し【第28話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の災害級使徒の花嫁探しは、 SFACG・Lukezrc、SUANNAIWANZI/YIBIE先生の作品です。

彼は誰もが認める最強で最恐の存在…

12名いる使徒の中でトップの座に君臨する【無限】

富に名声、そして権力のどれも彼にとっては無価値な物。

最強の使徒が己の世界から抜け出し、人間界に現れた理由それは…未来のお嫁さん探しだった!?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

災害級使徒の花嫁探し【第28話】のあらすじ・ネタバレ

旅館までカール先生を連れて戻ってきたヨルとシャルフ。

ヨルは自らの力を使ってカール先生の治療を試みますが、もう体から魔力と精力が流出していっており、このままでは非常に危険な状況のままなのです。

そこでシャルフがカール先生の補充してくれた魔力を使えば良いのではとアドバイスしてくれました。

確かにその方法を使えば、カール先生の体に魔力を結集させることができそうです。

しかしシャルフによれば、体内に魔力がない今、現状復刻を通しての魔力伝達はでき無いのだそう…

どこからか取り出してきた本を片手に、他の伝統的方法として接吻式補充しかないとも教えてくれました。

流石に魔力回復といえど、さすがに接吻するのはいかがなものかと悩むヨル。

するとシャルフは、そんなことを言っている場合ではないと、手遅れになる前に処置すべきだと忠告するのです。

確かに言われてみれば、目を覚ましたあと魔力がなくなっていることに気づけば、カール先生はきっと悲しむことでしょう。

そしてついにヨルは覚悟を決めます。

シャルフは気を利かせて、一旦部屋から出ていくのでした。

接吻式補充でカール先生は…!?

シャルフが出て行ったあと、まずはカール先生の体を抱き上げます。

あれこれ考えている時間はないので、すぐさま補充を試みます。

すると2人の周りを魔力が取り囲むのです。

カール(…ヨル…?これは…夢?何だか暖かい…)

(…そうだ。ヨルはもう…いないんだ…)

(……違う!!夢にしてはリアルすぎる!!!)

 

カール先生がヨルを殴り飛ばす大きな音は扉の外にまで聞こえていました。

音に驚き、慌てて中へと入ってきたシャルフの目の前に広がっていたのは、ベッドの上で仁王立ちしているカール先生と、頭を抱えて床に座り込んでいるヨルの姿です。

カール「婚約者ってのは対外的にだって言ったはずよ!?」

「…シャルフは何書いてるの…?」

シャルフ「接吻時間と効果の記録をしてマス!」

カール「せ…接吻言うな!応急処置でしょ!?記録もしなくていいからッ!」

「それよりアンタ!!さっきのことは今すぐ記憶から抹消しなさいッ!」

ヨル「えーん…」

嘘の報告

それからどうやって出てきたのかと尋ねられたヨルは、サイマンとハスダンが戦っている間、シャルフの渦を使って戻ってきたと伝えます。

さらに他の人たちは火山が爆発したため、出てこられていないはずだとも…

説明を受けて、意識を失った後のことは大体理解したカール先生。

しかし魔力は取り戻したといえど、パワーがかなり落ちているのは自分自身でもよくわかります。

カール「……ヨル」

「シャルフを連れて帰ってちょうだい…」

\ 全話更新中! /

災害級使徒の花嫁探し【第28話】の感想

カール先生がついに意識を取り戻しました!

それにしても2人のキスの場面は非常に感動的なものでした。

カール先生にとってはそうではなかったようですが…笑

なんとか一命は取り止め、魔力は残ったものの、それでもパワーが落ちているのは自分自身でもよく分かっていました。

ヨルの本当の力を知らないカール先生は、そんな自分の近くに置いておけないと思ったのか2人に先に帰るようにと伝えました。

本心を思うとなんともやりきれない気持ちになりますよね…

ヨルたちが素直に従うとも思えませんが、カール先生をどうか一人ぼっちにしないであげてほしいです。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の災害級使徒の花嫁探し【第28話】のネタバレをご紹介しました。

災害級使徒の花嫁探しはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる