☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|最終レベル英雄のご帰還【第15話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画「最終レベル英雄のご帰還」は、Devil’s tail・Yudo先生の作品です。

王国内の権力争いに敗れた王子「デイビー」。

昏睡状態の中、魂のみが抜け出して到着したところは、英雄たちの魂が集まる巨大な回廊。

千年もの間苦労した彼が、最高レベルの英雄となって帰ってきた。

以下、ネタバレとなりますご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

最終レベル英雄のご帰還【第15話】のあらすじ・ネタバレ

剣の神ハレス

この大陸の三大強大国のうちの一つ、ファラン帝国の初期を築いた古代英雄。

聖剣カルディラスの最初の持ち主であると同時に、現在は焼失した覇道的な剣術”重剣”の創始者で、剣の神に至った彼の剣術は一撃で巨大な山となり海となるという伝説も…。

 

イリーナ皇女を一目見た瞬間、デイビーは思わず「…ハレス?」と言ってしまいました。

彼女はその声に気づいたのか、じっとこちらを見ています。

完全にやらかしてしまったと分かっていても、どうすることもできません。

しかしデイビーがそう言ってしまったのには理由がありました。

イリーナの顔が本当にハレスそっくりだったのです。

かなり美形だったハレスが、女性になり極度に美化されればこんな感じになるんだろうなというレベルで似ています。

そんな想像を膨らませていると、デイビーはイリーナの声で我に帰ります。

イリーナは今なんて言ったかが知りたかったようで、知らぬ間にデイビーの目の前に立っていたのです。

人違いだったようだと笑ってごまかしますが、イリーナはなんだか疑いの目を向けて立ち去り、これでよかったのかは分かりません。

そこへ騒ぎを聞きつけたバリスが合流しました。

試されるバルティアン

イリーナ皇女は再び、デイビーとバルティアンの間に立つと、話を再開させました。

イリーナ「バルティアン王子、もう一度聞きます」

「あなたはパートナーがいるレディーに無礼を働いただけでなく、ここにいる全ての者を侮辱しました」

「そんなあなたに名誉を問いただす資格があるとお思いですか?」

デイビー(皇帝の大事な一人娘だかなんだか知らないけど、大したもんだな)

(あの傲慢だったバルティアンはもちろん、場内の貴族たちまで意のままにするなんて…)

(有名なだけ会ってカリスマも半端ないな)

イリーナ「本当にあなたが名誉を知っている騎士だったら、今すぐお二人に謝るのが筋だと思いますが」

バルティアン「くっ」

「そ…それは…」

 

ここまでイリーナが働きかけてくれても、意図はともかくあんな奴が謝るとは思えないデイビー。

予想通り、バルティアンは逃げ出そうとするのです。

そこでデイビーは決闘の申し出を受けることに決めました。

逃がしてやるつもりなどさらさらありません。

イリーナも、意味のない争いを受けてたつ必要はないと断言しますが、それは自らが判断することだとデイビーは主張するのです。

決闘に勝利するのは!?

木刀を手にしたデイビーは久々の感覚に少しワクワクしているようです。

デイビーの回復を知らないバリスは、いくら元気になったとはいえ剣術大会に出るような相手だからと心配しています。

ウィンリーも不安そうにデイビーを見つめているので、心配するなと頭を撫でてあげました。

 

バルティアン「木の棒みたいに振り回してるところからして明らかにど素人だな」

「無駄に弟たちを心配させないで諦めるがいい」

「今からでもひざまずいて負けを認めれば許してやってもいいぞ」

バリス「なんだと!?」

「おいっバルティアン王子」

デイビー「いいよ」

「言葉の重さは自分で判断しないと」

「そうだろ?」

バルティアン「いいだろう!そんなことは起きないだろうが…」

「万が一私が負けたら皆の前でひざまずいて謝ってやる」

デイビー「よし逃げ出すなよ」

 

こうしてついに2人の決闘が始まりました。

デイビーはこれからどうしようかと考えていました。

まだ病床から目を覚まして一年も経っていない情弱な王子という設定があるため悩みます。

当然、こんな幼稚な寸劇に本来の力を見せるつもりなどありません。

あれこれ考え込んでいるので、バルティアンは急に怖くなったのではないかと勘違いしてしまったようです。

バルティアン「下手だと思って先に攻めてくるのを待ってたが…」

「チャンスすら掴めないとは本当に恥ずかしい対戦だな」

「しかしすでに手遅れだということはよく分かってるはずだ!」

「ビビってないで早くかかってこい!」

 

そのときデイビーの頭に、かなりいい方法が思い浮かびました。

軽くジャンプすると、一気に踏み込んでバルティアンの目の前まで走るデイビー。

それから木刀をバルティアンの足元に思い切り叩きつけたのです。

しかしその衝撃で木刀から手を離してしまいました。

まったく愚かだなと笑うバルティアン。

すると次の瞬間、その顔面を勢いよく剣が直撃するのです。

クルクルと周りながら落ちていく剣と共に、バルティアンは意識を失って倒れてしまいました。

 

デイビー「なんだ?」

「まさかあれに当たったのか?」

「こんなことならどうして先攻を譲ったんだ?」

バルティアン「くっ…こいつめ…!」

見ていた人たちは、バルティアンのことを恥ずかしいだのみっともないだの話しています。

悔しさから剣を手にし、デイビーへと走るバルティアン。

「殺してやる!!」などと物騒なことを言っています。

しかしデイビーは余裕の笑顔を見せ、髪の毛を直しているのです。

デイビー「そんな実直な剣では…」

「絶対に芸能剣を破ることはできない」

\ 全話更新中! /

最終レベル英雄のご帰還【第15話】の感想

イリーナのことをハレスと言ってしまったのは、完全にやらかしちゃいましたね。

うまく逃れられたとデイビーは思っているようですが、何かイリーナは疑っている感じでした。

イリーナとの関係はこれからしばらく続きそうな予感です。

そして、バルティアンの決闘を受けることに決めたデイビーでした。

もうバルティアンどこまで行っても往生際が悪い男ですよね。

あれだけ強気な発言をしておきながら、いざ謝罪を求められると逃げようとしてみたり、また調子の良いことを言ってみたり…

本当に呆れます。

デイビーにはぜひギャフンと言わせてもらいたいですが、全力を発揮する訳にもいかずという状況でした。

あの戦い方についてよくわからなかったのですが、たまたま勝ったように見せかける方法を選んだということなのでしょうか?

次回そのあたりの解説があると嬉しいなと思いました。

さて、いよいよバルティアンとの戦いもこれで終わりでしょう。

もういっそのこと試合に出られないレベルにしてやってほしいものです。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の最終レベル英雄のご帰還【第15話】のネタバレをご紹介しました。

最終レベル英雄のご帰還はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる