☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|最終レベル英雄のご帰還【第35話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画「最終レベル英雄のご帰還」は、Devil’s tail・Yudo先生の作品です。

王国内の権力争いに敗れた王子「デイビー」。

昏睡状態の中、魂のみが抜け出して到着したところは、英雄たちの魂が集まる巨大な回廊。

千年もの間苦労した彼が、最高レベルの英雄となって帰ってきた。

以下、ネタバレとなりますご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

最終レベル英雄のご帰還【第35話】のあらすじ・ネタバレ

領地民のフリーマンが平和が一番だと言いながら、呑気にあくびをしていました。

するとゴードンが城の外に視察に向かったデイビーを心配するようなことを言い出します。

しかしフリーマンは、昨日見せたものすごい奇跡と、正直ここまで良くしてくれるとは誰も思っていなかったことを例に挙げ、デイビーにも考えがあるはずだから大丈夫だろうと仕事へ向かいます。

 

フリーマンがこんな風に感じるのには、当然の理由がありました。

今ラウン王国で貴族派の勢いがあるために、貴族たちの収奪がひどくなっていました。

直接この奥地まで訪ねてきて領地民を苦しめるほど暇な貴族はいなかったものの、生き残る道を模索して他の領地に向かった人々からの連絡で、どんなことが起こっているのかは把握していました。

 

領地の多くが砂漠と化してしまったこの土地。

しかし王国がしてくれたことといえばわずかに税金の減税だけで、特に何の救済策もないまま長い間放置されてきました。

そんな中、突然領主だと言って送り込まれてきたのが、青二才の若造デイビーだったのです。

見識のある年長者たちはその新任領主が、権力争いに負けて左遷されたのだろうと噂していて、鬱憤の矛先が領地民に向く確率もかなり高いと予想していました。

しかしそんな不安を抱えていても、領地民たちにできることなど何もありませんでした。

その上、ゴブリンの襲撃があり、新しい領主について考える時間などなかったのです。

 

ゴブリンたちが砦を乗り越え、領地民を拉致するという不祥事が起こり、残された自警団員では領地民を救出するのが難しいと頭を抱えていた時にやってきたデイビー。

もしかすると領地の状況を聞いたデイビーが憤慨して自警団長をムチで打つのでは?と領地民たちは不安な気持ちで見守っていました。

しかしデイビーは黙々と領地を調べ、ゴブリンの襲撃を把握すると同時に彼らに復讐のチャンスまで与えたのです。

さらに領地民たちを家族と呼び、連れ去られた領地民を救うという奇跡まで見せました。

当の本人は聖者ではないと文句を言っていましたが、目の前で奇跡を起こしたこたことで、ただ見守るだけの神よりも頼もしく感じられたために、わずか数日のうちに領地民の間で神よりも大きな存在となっていたのです。

住民たちに残された不安を解決すべく…

ただゴブリンを始末したところで、この領地には何年も続く干ばつで領地の大部分がずいぶん前から死んだ土地になってしまっているという問題が残されていました。

これまで何人もの司祭や魔法使い、そして錬金術師が研究という名目で領地をいじくり回してきたものの、特に原因が分からないまま今日を迎えてしまっていました。

人間の力では解決できない何かがあるんだと領地民の誰もが諦めきっていたので、神の化身のようなデイビーであってもそれを解決するのは難しいだろうと予想していました。

 

その頃デイビーはゴーレムたちと戦い、いくつもの魔晶石を手に入れていました。

魔晶石とは自然から高度に精製され凝縮されたマナの塊で、同一の大きさで比較するとマナ石の数百倍に達する価値と力を持つ石です。

大陸に知られている魔晶石といえば、古代遺跡から発見されたごく少量のもののみで、それだけでも白銀貨数百枚で取引されています。

そんな魔晶石が、こんな大きさで実に20個も手に入ったことは、デイビーにとっても大きな収穫でした。

ついに雨が降る!?

ゴーレムを倒して次に向かった場所には、信じられないほど大きな魔晶石が置かれていました。

これが世に出れば数多くの国家が戦争を起こしてしまうに違いないと感じるほどの魔晶石。

それに手を伸ばしたデイビーは、さっきと同じように呪いの配列を読み解いていきます。

すると、たかが領地一つを枯らせて抹殺しようとしていたにしては、ずいぶん手の込んだ呪いであることが分かりました。

この土地に何があったのか調べてみる必要がありそうです。

さらに読み込んでいくと、ある程度のシステムが理解できてきました。

それらしき部分に手を加えると、さっきまで青く光っていた呪いの配列が赤く光り、次に緑に変化しました。

どうやら成功したようです。

しかし干ばつが何年も続いていたからまず水を撒いてやろうと、呪いの配列をいじったことで、かなり溜まっていたために暴風雨になってしまいました。

街には大雨が降り、人々は驚いたように空を見上げているのでした。

\ 全話更新中! /

最終レベル英雄のご帰還【第35話】の感想

ついに枯れた土地に雨が降りました。

これでまたデイビーを神だと信じる人が増えそうですね。

本人はそれを望んでいないようですが、これほどまでに領地民に支持されている状況は、非常に良いことなのではないでしょうか。

領地の状況にも、国家にも、貴族たちにもうんざりしていた領地民たちが、最初に抱いていたデイビーのイメージと、実際に会ってみての印象の差も彼らを熱狂的な気持ちにさせた理由の一つだったのでしょう。

そもそも期待しているレベルが低すぎましたが、それでも領地民たちと向き合うデイビーの真摯な姿勢が伝わっているのは嬉しいですね。

手にした魔晶石で貿易をして、雨が降るようになった土地で農業を行えば、デイビーの夢であるリゾート地にすることも叶うかもしれないですね。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の最終レベル英雄のご帰還【第35話】のネタバレをご紹介しました。

最終レベル英雄のご帰還はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる