☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|最終レベル英雄のご帰還【第39話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画「最終レベル英雄のご帰還」は、Devil’s tail・Yudo先生の作品です。

王国内の権力争いに敗れた王子「デイビー」。

昏睡状態の中、魂のみが抜け出して到着したところは、英雄たちの魂が集まる巨大な回廊。

千年もの間苦労した彼が、最高レベルの英雄となって帰ってきた。

以下、ネタバレとなりますご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

最終レベル英雄のご帰還【第39話】のあらすじ・ネタバレ

荒野だった場所に見事に咲いた月の花。

次の苗をとっておけるほどの元気な個体は少なく、ようやく元を取れるほどで終わってしまったものの、市場に出せる草はその分だけ多くなりました。

エイミーが頭を悩ませながら、倉庫に積んだ月の草が2万枚程度でその中から1万枚程度を選び抜く予定だと報告にやってきました。

それだけ売ることができれば、現在の価格で計算しても、平民過程が1ヶ月十分に暮らすことができるくらいのお金を手に入りそうです。

月の草を販売するにあたって、デイビーはあちこちに噂を広めました。

そのせいでデイビーに対して、不可能なことにすがりつく若造という印象を抱かせることになってしまいましたが、結果的にそれが素晴らしい結果をもたらすこととなったのです。

彼らから”気にする価値もない希代のバカ”と見られることに成功したことで、外部に邪魔されることなく準備を終えることができました。

価格を釣り上げるための手段

魔法と錬金術の世界で媒介剤の主要材料として使われ、神殿ではポーションの材料として使われる月の草。

しかし大陸に月の草の売り物が出る期間は年に2回ほどに限られ、その量はどう考えても東と西の大陸で使うには足りないのです。

つまりデイビーが月の草を販売するという話は、彼らにとって嬉しい知らせでしかありませんでした。

こうして月の草が販売されるという噂を流すと同時に、デイビーは自身が過労で倒れたという噂も一緒に流しました。

供給に比べて需要の高い品物の価格が、供給量の増加に伴い下がることを危惧したためです。

知らせを伝えてから数日後。

計画通り、外にはデイビーに会いたいという人間がわんさかやってきました。

たかが200人しか住んでいないこの領地に、周辺国の商人集団や魔塔、錬金術師の支部さらには少数の神官までやってきて、領地内は大混雑となっていました。

しかし病床に伏していることにしているデイビーは、呑気に鼻歌を歌いながらベッドに横になると、まだ外には出られないと伝えるようエイミーに指示するのです。

現在の状況について一つずつ整理していこうと、モンミダーやその他の部下たちを集めたデイビー。

まずはモンミダーに治安状態について尋ねました。

モンミダーは押しかけてきた人数があまりに多く、管理するのも一筋縄ではいかないと人員不足を問題として挙げました。

まだ明確なマニュアルがないために右往左往することも多く、書類の面でも同じような問題が起こっているとの声も上がりました。

そこでデイビーは怪しそうな奴らを全て追い出すようにと、モンミダーに指示を出しました。

下手に大事故が起きるのを避けるためです。

しかしデイビーは、彼らの反感を買わないように、好意を見せることも忘れてはいません。

空き家を改造して宿泊させていますが、そこに入れていない人のために以前勝手おいたテントを使って、適当な簡易宿舎にして売ることに決めました。

こうして無事に会議が終わりみんなが出て行った後、デイビーはモンミダーを呼び止めたのです。

モンミダーが買収される!?

やっと自室に戻ったモンミダーは、すっかり疲れ果ててベッドに横になりました。

朝はベルマン卿と衛兵の訓練、昼は治安の管理、さらに最近はエイミーと一緒に行政の授業を受けており、本当に大忙しなのです。

今までこんなに忙しいことなんてなかったために、もうすっかり疲れ切ってしまっているモンミダーですが、そこへ客が来たとの知らせが…

モンミダーを訪ねてきたのは、緑の魔塔の4級エキスパートであるハラスでした。

彼は小さな領地にこんなにも人が押しかけているのに治安管理が完璧だと、モンミダーをこれでもかと褒め称えました。

お世辞がすぎると冷静にその言葉を受け取りながら、モンミダーはハラスに用件は何かと尋ねます。

すると彼は、急ぎでデイビーに会いたいためモンミダーになんとか動いてもらいたいんだと言ってきたのです。

当然モンミダーは、体調を崩している領主には会わせられないと理由を説明して断るのですが、ハラスは金貨の入った袋を取り出し、なんとかしてほしいとお願いしました。

このような賄賂を受け取るわけにはいかないと、モンミダーはそれを返却します。

しかしハラスはこれで何かしてほしいというわけではなく、ただモンミダーとお近づきになりたいだけだから受け取って欲しいと、再び袋を差し出してきたのです。

ハラスはさらに、自分たちが押しかけてきたせいで、モンミダーたちが苦労しているのを見て見ぬふりはできないと上手いことを言って、モンミダーに賄賂を受け取らせました。

しかしモンミダーは、デイビーからこうなるであろうという話を聞いており、デイビーの指示通りに賄賂を受け取っただけなのでした。

\ 全話更新中! /

最終レベル英雄のご帰還【第39話】の感想

月の草が無事に咲き誇り、ほっとしたのも束の間。

今度はそれを買い求める人たちで大変なことになりましたね。

しかし供給量が増えて価格が暴落しないようにするために、デイビーはまず自身が倒れたという噂を流しました。

つまりこれで何が起こるのか、ちょっといまいち理解できていない私ですが、現在のところデイビーの計画通りに進んでいるようです。

まさかモンミダーに接近する人間が現れるということまで予言してしまうなんて…

また何かの力を使ったのでしょうか?

それにしてもこの賄賂やハラスを、これからどう扱うつもりなのかも気になりますよね。

こんなことをしたという理由で追い出してしまうのでしょうか?

それだけお金を持っているという証でもあり、追い出すにはちょっともったいなさそうだとも思っちゃう私です。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の最終レベル英雄のご帰還【第39話】のネタバレをご紹介しました。

最終レベル英雄のご帰還はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる