ピッコマ|最終レベル英雄のご帰還【第48話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画「最終レベル英雄のご帰還」は、Devil’s tail・Yudo先生の作品です。

王国内の権力争いに敗れた王子「デイビー」。

昏睡状態の中、魂のみが抜け出して到着したところは、英雄たちの魂が集まる巨大な回廊。

千年もの間苦労した彼が、最高レベルの英雄となって帰ってきた。

以下、ネタバレとなりますご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

最終レベル英雄のご帰還【第48話】のあらすじ・ネタバレ

回廊で過ごしていた時、デイビーはスルトからドワーフたちと一緒に剣を作ったことがあるという話を聞いたことがありました。

まだスルトの実力がそこまでない頃、ドワーフたちと酒を飲んで何日も盛り上がってお祭り騒ぎをした後に作ったその剣の名は”太始の閃光”だったのです。

 

ドワーフが準備してくれた宿泊場所へと戻ってきたデイビーは、ペルセルクにスルトから聞いた話をすることにしました。

”太始の閃光”についてスルトは”切らない剣”と言っていたことがありました。

それは人間とドワーフの初交流のために作られた共同作で、いくつかの能力を与えて意味を刻み込んだものだと。

実際にデイビーが知っている情報はこれくらいのものですが、スルトの思い出がこめられた品だということは間違いありません。

使用する方向性は違っても工程の方法自体は、きっと遺跡から持ってきた剣と似ているはずです。

デイビー(マナを使用した特殊加工法)

(物質界と非物質界、2つの法則を融和させる方法で、金槌を打つ方法から鋳塊を扱う方法まで既存の方法を少しひねった形になっている)

(自身の全ての知識を捨てないと糸口が見えないようなものだから)

(人間でなければ一本気なドワーフたちがこれを試すはずがない)

(だから彼らがこのことで頭を抱えているのだろう)

本当の目的、ついに本格始動

対外的には領地の開発のためにドワーフの力と技術を借りるためという理由でここへやってきたデイビーですが、本来の目的は別にありました。

それは大火床を貸してもらうためです。

しかしペルセルクも心配するように、簡単に貸してもらえるようなものではないのです。

 

そこでデイビーが考えたのは、ゴルダと酒を飲むという方法でした。

夜になり飲み屋へと向かったデイビーはゴルダに一緒に飲もうと声をかけたのです。

しかしドワーフのお酒はものすごく強いため、人間が飲むようなものではありません。

その場にいたドワーフたちは皆、人間であるデイビーがドワーフの酒を飲むのも、ゴルダ長老を相手しようとするのも、大した度胸だと笑っています。

店のオーナーも酒を提供しながら、人間が飲むにはかなり強いと忠告するほど…

しかしデイビーはあっさりと出された酒を一気に飲み干してしまったのです。

 

デイビーが考えた作戦とは、酒と賭博の大好きなドワーフに、どちらが酔い潰れずにいられるかという勝負を持ちかけるものだったのです。

ゴルダはデイビーの誘いを喜んで受け入れ、店の中は大盛り上がり。

さらにゴルダは勝負に賭け事がなかったら寂しいからと、万が一デイビーが勝った場合には望みを聞いてやろうと約束してくれました。

一方でもしデイビーが負ければ、すぐにここを去るようにという条件で…

デイビーのお望みは?

翌日。

勝負に勝ったデイビーはゴルダの部屋を訪ねました。

ゴルダはまさか人間に負ける日がくるとはと、二日酔いで痛む頭を抱えながらぶつぶつ言っています。

デイビーがこの戦いに勝てたのには神聖マナが関係していました。

神聖マナが限界値まで上がっているデイビーの体は、無意識のうちにアルコールを浄化してしまい、酔いが回らないようになっているのです。

 

まるで本物の詐欺師だとペルセルクは不満げですが、デイビーがこんなにも強くなれたのもまた回廊での経験が影響していました。

それはデイビーに剣を教えた2人の師匠のうちの一人であり、中原武林を統一した英雄、”天魔 独孤順”

彼は名実ともに回廊内の最高の大酒飲みで、恐怖の対象となっているような人物でした。

酒が好きな聖女ダフネにさえ、絶対に彼と酒を飲むなと忠告されることもあったデイビーですが、剣を習ううちに自然と一緒に飲むことも日課となっていました。

次の型を教えてもらうのにも酒を飲まなければならなかったことは、振り返ってみると剣術を習う上で一番辛かったことかもしれません。

しかしそのおかげもあって、今回こうしてドワーフとの戦いにも勝利することができたのです。

 

そしてついにデイビーはゴルダにあるお願いをするチャンスを手に入れました。

まずはゴルダに”太始の閃光”について聞いてみることにしました。

ゴルダは自分たちドワーフを守ってくれていた”太始の閃光”が壊れてしまったことや、部族が交代で管理してきたその剣が、自身と兄であるゴルゴダが管理しているタイミングで壊れてしまった話を聞かせてくれました。

さらにゴルダはデイビーが知りたいのがそれだけではないと見抜いていて、何でも聞いて良いと導いてくれたのです。

 

デイビー「実は生意気にも鍛冶屋の技術を持っております」

「その作業というものを…」

「勉強のために私も見学してよろしいでしょうか?」

\ 全話更新中! /

最終レベル英雄のご帰還【第48話】の感想

デイビーの作戦は見事に成功しました。

こんなところでもまた回廊での経験が役立つなんて、本当にこの作品はどんな経験が人生の役に立つか分からないということを教えてくれているようです。

ついに作業場に入るチャンスを掴みそうなところですが、”太始の閃光”を壊してしまった原因の一人であるゴルダのお願いを、他の人たちが聞いてくれるかが怪しいですね。

しかしもし案内してもらえたなら、”太始の閃光”を修理し、持ってきた剣を完成させられる道が一気に開けます。

スルトが残した剣を、”太始の閃光”を作った時と同様にドワーフたちと完成させれば、何かまた世界が広がりそうです!

ゴルダの態度を見ていると、ここでしっかりと信頼関係が築ければ今後も良いお付き合いができそうですし、このチャンスは絶対無駄にしたくないところです。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の最終レベル英雄のご帰還【第48話】のネタバレをご紹介しました。

最終レベル英雄のご帰還はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる