☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい【第5話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」は、Junilius先生、BAEK JI-YEON先生の作品です。

好きだった小説の男主人公の妹に転生できたのですが、その妹とは・・・17歳で継母と義理の妹によって謀殺される脇役だったのです。

小説の展開は妹であるアドリアーナ・クレセンテが死んだあと、男主人公が妹の復讐を果たし無事にヒロインと結ばれる結末となるのですが・・・。

「私だけ仲間外れにして、こんな結末は許せない!!」と、なんとしてでも生き残って、健康に長生きしてやると意気込むのです!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい【第5話】のあらすじ・ネタバレ

ピンクのドレスを着こなした女性が、馬車から降りてきました。

「招待状を確認しても?」

そして門番に、招待状を渡します。

その綺麗な女性は、アドリアーナ・クレセンテ嬢だったのです。

リアンの登場に驚くシャロン

首元はフリルで、綺麗なピンク色。

髪の毛には花をモチーフにした髪飾りをつけています。

「あの方がアドリアーナ嬢・・・?」

「クレセンテ家の長女は健康を害して隠居していると聞いたが・・・?」

健康そのものに見えるリアンを見て、他の貴族たちは驚いています。

少し離れたところから、母とシャロンがリアンを睨みつけています。

母「はぜあの子がここに・・・!?」

シャロン「どうする?ママ!」

何とかしてよ!とお願いしているシャロンを見たリアンは、微笑みました。

 

するとリアンは声をかけられます。

「クレセンテ嬢?」

目の前に現れたのは、シンシア皇女でした。

シンシア皇女「来てくれてありがとうございます」

リアンの手を握り、感謝の気持ちを表してくれる彼女は、髪の毛にあの髪飾りをつけてくれていました。

シンシア皇女「来ないかと思っていたから本当に嬉しい」

リアン「ありがたき光栄です」

招待状を送ってくださったことのお礼を伝えると、シンシアもリアンから貰った贈り物のお礼を言いました。

シンシア「クレセンテ嬢のお心遣いに感動しました。この職人の方の装飾品がずっと欲しかったのですが、なかなか手に入らなくて」

「この後、ちょっとしたお茶会を開くつもりなの。アドリアーナ嬢も参加してくれたら嬉しいのだけど・・・」

リアンは、喜んで参加させていただくと笑顔で言いました。

継母とシャロンの計画

沢山の貴族の男性が、リアンに声をかけてきます。

そのたびに「ありがとうございます」と笑顔でお礼を言って回るのです。

チヤホヤされているリアンを、面白くなさそうに見ていたのは、母とシャロンでした。

 

シャロン「アンタ!!何様のつもりよ!」

パーティーには行かないといったくせに!と、シャロンが怒鳴り散らしています。

リアン「ごめんね・・・私はただ・・・」

行かないなんて一言も言っていないリアンは、怒りを抑えてオドオドして見せました。

母「・・・リアン、そのドレスは?」

リアン「これはお義母様が買ってくださったものですが・・・、少し直したんです・・・変ですか?」

母は直したと聞いて驚いています。

母「あなた針仕事ができるの?いったいいつから・・・?」

リアン「部屋で一人で過ごしている時、本を読みながら練習しました」

本当は前世のリアンが習得したものです。

すると母は、三日間部屋で謹慎しなさいとリアンに言いました。

シャロン「!ママ!その程度で済ませる気?あたしたちが会場でどれだけ苦労したと!?噂は嘘だったのかって問い詰められて大変だったじゃない!!」

騒ぎだしたシャロンですが、母はもう過ぎたことだからと落ち着いています。

母「何よりあの場にはシンシア皇女殿下がいらっしゃったじゃない」

「それより・・・リアン、皇女殿下に余計なこと言ってないでしょうね?」

リアン「・・・え?余計なこととは・・・?」

すると、なんでもないからもう行きなさいと、母から解放されました。

 

リアンがいなくなり、シャロンは母に甘すぎるとまた怒鳴り始めます。

母「我慢しなさい。2~3年以内には適当な家と結婚させるつもりだから」

シャロン「ちぇっ」

結婚さえもアイツにはもったいない、食事もあげたくないくらいだと、まだシャロンは機嫌が悪いままです。

母「・・・私が公爵夫人になって6年が経ったわ。だけどまだ力が足りない」

だからリアンを裕福な家に嫁がせて、人脈を形成する必要がるのだそうです。

そうすることで、シャロンが皇子の妃になる大きな助けにもなります。

納得したシャロンですが、この前まではずっと部屋に引きこもってろくに話せもしなかったのに、変ではないかと疑問を持ちました。

シャロン「自分でドレスを直して、パーティー会場に現れるだなんて。いったい何を企んでいるのかしら」

母「・・・リアンは天真爛漫で愚かな子よ。悪だくみなんて出来ないわ」

「何よりあの子は私に逆らえない」

小さいころからそう教えてきたのです。

母「シャロン・・・世界でたった一人の私の娘。私があなたをこの国で一番のレディにしてあげる」

「母が約束を破ったことなんてないでしょう?」

 

母とシャロンの話を、ドアの奥で聞いていたリアン。

落ち込むかと思いきや、笑みを浮かべました。

マスターと呼ばれる男

本が沢山並んだ部屋で、一人の男性がいました。

「マスター」

呼ばれて、その男性が振り向きます。

マスター「そうか・・・綿織物事業の方は順調なんだな?クレセンテ家の動向はどうだ?」

現在臨時当主であるマリアンヌ・クレセンテ(継母)は実務に手を付けていない為、事業の方に関しては何も知らないだろうという報告です。

「あ・・・でも。精神病で療養中という噂だった、クレセンテ家の長女が最近健康を回復して、宮殿のパーティーに姿を現したそうです」

クレセンテ家の長女と聞いて、興味を持ったマスターと呼ばれる男。

銀髪で、前髪をかき上げたような髪型をしています。

\ 全話更新中! /

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい【第5話】の感想

リアンのドレスはとても可愛くデザインされていました!

そりゃあもう、母やシャロンは苛立ったでしょうね・・・。

もうこのパーティーで、噂は嘘だったとリアンがばらまけばよかったのに・・・。なんて思ってしまいました。

これからのリアンの計画は、シンシア皇女とのつながりを上手く使い、大きく動き出すでしょう!

どんな風に母たちが悔しがるのか、楽しみですね!

 

マスターと呼ばれる男が新しく出てきましたが、何者でしょう?

まだ詳細ははっきりとわかりませんが、クレセンテ家を気にしています。

リアンの計画の邪魔にならないといいのですが・・・。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のせっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい【第5話】のネタバレをご紹介しました。

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる