☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい【第26話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」は、Junilius先生、BAEK JI-YEON先生の作品です。

好きだった小説の男主人公の妹に転生できたのですが、その妹とは・・・17歳で継母と義理の妹によって謀殺される脇役だったのです。

小説の展開は妹であるアドリアーナ・クレセンテが死んだあと、男主人公が妹の復讐を果たし無事にヒロインと結ばれる結末となるのですが・・・。

「私だけ仲間外れにして、こんな結末は許せない!!」と、なんとしてでも生き残って、健康に長生きしてやると意気込むのです!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい【第26話】のあらすじ・ネタバレ

シャロン「なんてアンタの兄さんが当主になるのよ?」

「ママが絶対にそうはさせないわ!」

リアンが持っていた花を下に落とし、踏みつけます。

シャロン「どうやら自分の兄にもの凄く期待しているようだけど」

「バカな子!アンタの兄さんは帰って来ないわ!」

私とママがアンタたちの思い通りにはさせないと、思いっきり笑うのです。

 

冗談じゃない。

兄はきっと帰ってくると、リアンは信じています。

いなくなるのは、あんたちの方だと怒りを抑え込むのです。

レア「あの・・・お嬢様」

「使いの者がお嬢様に、お渡しするものがあると・・・」

二人が言い争っているところにレアが花束を持った人を連れて来ました。

リアン「私に・・・?」

するとその使いの者はお会いできて光栄だと、挨拶をしました。

「ある紳士の方が誇り高きレディにこれをお渡しするよう頼まれまして」

それはキラキラと輝いているバラの花束です。

リアン「いったいどなたが・・・」

シャロン「待ちなさい!」

どうやら勘違いしているようだが、クレセンテ家の誇り高いレディと言えば私しかいないと主張しだしたのです。

シャロン「こいつなんかじゃない」

「だからさっさと私に・・・」

ですが使いの者は、これはリアンへの贈り物だと引きません。

黒髪の方だと聞いていたそうで、それは間違いないそうです。

シャロン「送り主は誰!?」

まさか第二皇太子じゃないでしょうね!?とシャロンは怒鳴り始めました。

リアンが止めますが、聞くはずがありません。

シャロン「ムチ打ちにされたくなかったらさっさと言いなさい!」

使いの者「恐縮ですが、その質問にはお答えできません」

シャロン「はぁっ!?」

無礼を働けば、ご主人様が黙っていないと使いの者が言うと、シャロンは黙るしかなくなります。

シャロン「なっなんですって!?なんて生意気な・・・!」

するとそのままリアンにぶつかって、シャロンはその場からいなくなってしまいました・・・。

リアン(あんの小娘・・・)

花束を渡したからと、すぐに使いの者は帰ってしまいます。

 

レア「どうやらものすごく名の高い家の召使のようですね」

それでシャロンも手を出せなかったんだろうと彼女は言いました。

リアン「名家の召使に粗相でもして、下手に大事にでもなったら面倒だもの」

花束を確認すると、そこにはカードが入っています。

百合の花のモチーフにMAGNOLIAと書かれており、リアンはすぐに差出人に気づくのです。

リアン「確かにここは下手に手を出したら後が怖いわね・・・」

レア「えっ!?」

どんな家ですか?と聞きますが、リアンは答えません。

そして通りの劇場の招待状も一緒に入っていました。

リアン「それも一枚だけ・・・」

ケーネス・レランパゴはどういうつもりなのかと、リアンは不思議そうにしているのです。

兄からの贈り物

レアが郵便局で保管されていた手紙を持ってきてくれました。

お礼を伝えて目を通すと、それは兄からの手紙でした。

 

彼は拉致されたことを後で知ったそうで、その知らせを聞いた瞬間すぐ首都に戻ろうとしたそうですが、ラモナが止めてくれたおかげで冷静になれたそうです。

傍にいたら守ってやれることができたのに・・・と、兄は本当に心配してくれています。

そして自分の代わりにリアンを守ってくれるからと、贈り物が同封されていました。

リアン(何をお送りになったのかしら?)

するとそこには、銀色の首飾りが入っています。

リアン「これは・・・」

トップには、母の肖像画が入っています。

リアン「お母様の遺品はマリアンヌが全部処分してしまってもう何も残ってないと思ってたのに・・・」

「これだけは残ってたんだ・・・」

こんな大切なモノを送ってくれる兄に心から感謝しました。

ステージに現れたのは

そして数日後。

リアン「う~ん、住所はここなんだけど・・・」

いつも通り変装をして出かけたリアン。

サーカスのような劇場の前にいます。

ケンは何でこんな所に私を呼んだのだろうか・・・?と疑問に思いましたが、入場を急ぐように呼び掛けている声が聞こえてきます。

兄から貰ったペンダントを服の中に隠して、リアンも中に入っていきます。

 

中は満員。

ステージが光り出てきたのはまさかのケンです。

\ 全話更新中! /

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい【第26話】の感想

シャロンのわがままが凄いですね!

リアンのだって言っているのに、それでも文句をつけてくるなんて・・・。

よほど自分が一番なんでしょう。

何よりもリアンに素敵な贈り物があることが許せない様ですね。

兄からも母の肖像画が入ったペンダントを貰い、とても幸せそうなリアン。

早くテオドールが帰ってきてくれるといいのですが・・・。

 

そしてチケットを持って出かけたのは、サーカス?のような劇場。

まさかの最初に現れたのはケンでした!

いったい何を考えていて、どういうことなのか・・・。

ケンの行動が読めません!(笑)

まとめ

以上、ピッコマで配信中のせっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい【第26話】のネタバレをご紹介しました。

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる