☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい【第38話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」は、Junilius先生、BAEK JI-YEON先生の作品です。

好きだった小説の男主人公の妹に転生できたのですが、その妹とは・・・17歳で継母と義理の妹によって謀殺される脇役だったのです。

小説の展開は妹であるアドリアーナ・クレセンテが死んだあと、男主人公が妹の復讐を果たし無事にヒロインと結ばれる結末となるのですが・・・。

「私だけ仲間外れにして、こんな結末は許せない!!」と、なんとしてでも生き残って、健康に長生きしてやると意気込むのです!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい【第38話】のあらすじ・ネタバレ

ローエンハーツ「アドリアーナ嬢は今日はいないのですね」

向かい合って座っているローエンハーツとシャロン。

するとシャロンは、今日は姉はいないとだけ伝えました。

ローエンハーツ「妹の誕生日パーティーなのに?どうやら姉妹仲がよくないのですね」

そう言われて少し寂しそうな表情で、ご存知の通り姉とは血が繋がっていないので、それで姉は自分に対して冷たいのだと言い訳をしました。

ですがローエンハーツは目は、冷たいままです。

ローエンハーツ「へえ?それは意外ですね」

「あなたは姉に冷遇されているにも関わらず、正当な公爵家の令嬢であるアドリアーナ嬢よりも、クレセンテ公爵夫人に頻繁に公式行事に連れて行っても

らっているようですが」

シャロン「!そ、それは・・・」

「姉が私の母と外出するのを嫌がるんです!姉は亡くなった自分の母親だけが本当の公爵夫人だって意地を張って・・・」

母は公平に接しているだけだと、ローエンハーツに訴えかけました。

ローエンハーツ「皇室が送った招待状を故意にアドリアーナ嬢に渡さなかったのは、それが原因ですか?」

シャロン「・・・・・!」

そのままローエンハーツは話を続け、以前からおかしいと思っていたんだと言いました。

最初から彼は違和感を感じていたのですが、シャロンの話を聞いて確信に変わったのだそうです。

リアンと義母と、その娘であるシャロンとの関係は穏やかではないということが・・・。

そのことを言われたシャロンは、何も言い返すことができません。

ローエンハーツ「ここに来ればアドリアーナ嬢に会えると思ったのに。いないのであればもうここにいる理由はありませんね」

シャロン「お、お待ちを!!」

席を立つローエンハーツを止めようとしましたが、彼は誕生日の祝いの言葉だけを言ってドアへと向かっていきます。

シャロン「待ってください、皇子殿下!」

「殿下はアイツに、リアンに騙されているんです!」

必死にローエンハーツを引き留めようとしましたが、姉であるリアンのことを呼びしてにしてしまったことで、また冷たい目で見られてしまうのです。

ローエンハーツ「おや・・・、姉を呼び捨てですか」

「理解はします。私も腹違いの兄とはぎこちなくてね」

しまった!とシャロンは口を抑えましたが、もう遅いのです。

そしてシャロンは公爵家の血が一滴も混じっていないので、より大変だろうとだけ言い残し、部屋から出ていってしまいました。

 

部屋に一人残されたシャロンは、悔しそうに怒りで震えています。

どうしても、リアンのことが許せません。

ローエンハーツがリアンのことを気にかけているのが、気に入らなくて仕方がないのです。

シャロン(絶対に殺してやる・・・!!)

クラウディアン

ローエンハーツが屋敷の外に出ると、執事は不思議そうに「もうお帰りに?」と聞いてきました。

ローエンハーツ「会いたかった人がいなかったので、・・・どうでもいい人間ばかりで退屈だった」

周りの人たちは、不思議そうに目を合わせています。

そして馬車は出発しました。

 

彼は馬車の中で、腹違いの兄のことを考え始めるのです。

それはまだ幼かったころのこと。

一人でいる兄のクラウディアンに、本を読んでほしいとお願いをしに行きました。

クラウディアンは一瞬冷たい目をしましたが、すぐに優しく微笑み、部屋で読んであげようとローエンハーツに言うのです。

嬉しそうにしているローエンハーツですが、兄はそうではなさそうに見えます。

兄と引き離された理由は?

「第一皇子と関わってはいけないと何度も言ってるでしょう!」

その後母に怒られてしまいました。

ローエンハーツ「で、でもお母様・・・お兄様は・・・」

母「あんなのを兄と呼ぶのはおやめ!」

クラウディアンは、将来あなたの命を狙うかもしれないと、母は必死でローエンハーツに伝えました。

そんな危ない存在に心を許してはだめ!それだけは絶対に許さないと・・・。

幼いローエンハーツはそれが理解できず、涙を流しました。

ローエンハーツ「なぜなのです・・・?あの方は僕のお兄様でしょう・・・?」

母「あなたが心を許していいのはシンシアだけよ!あなただって兄になるのよ?しっかりなさい!」

シンシア皇女は、まだ赤ちゃんです。

それでも兄が欲しいとローエンハーツは訴えかけますが、許されませんでした。

 

当時幼かったローエンハーツは、母の言葉の意味を理解できませんでした。

クラウディアンと自分が違うことが何を意味するのか・・・。

母が兄と引き離した理由は・・・。

 

それを思い出したローエンハーツは、「いつまでも手をこまねいていては、あなたが傷つくことになるでしょう。アドリアーナ嬢・・・」と、一人呟きました。

\ 全話更新中! /

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい【第38話】の感想

シャロンは自分のせいで、リアンとの関係を暴露してしまうはめになりました。

嘘ばかり並べていては、わかる人にはわかるんですよね・・・。

特にローエンハーツはリアンのことを気に入っているので、シャロンの言うことなんて聞かないでしょう。

ここで怒り爆発のシャロンは、リアンを殺す計画をすぐに実行してしまいそうです。

怒りに任せて動いても、いいことなんてないのに・・・。

 

ローエンハーツと兄との過去もわかりました。

優しそうなクラウディアンですが、母が言っていた姿が本当なのでしょうか?

私には違うように見えたのですが、こればかりはまだクラウディアンが登場していいないのでわかりません。

ローエンハーツは、リアンとどう接触してくるのでしょうか・・・。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のせっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい【第38話】のネタバレをご紹介しました。

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる