☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第17話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?
    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。
    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。
    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。
    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?
    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    目次

    その悪女に気をつけてください【第17話】のあらすじ・ネタバレ

    苦笑いをしているイアン。
    ナインは不思議そうな顔をしています。
    どうよ、少しはビビったか?と、メリッサは微笑んでいます。
     
    メリッサ「お迎えだなんて、嬉しい限りですわ」
    イアン「そ・・・そうか」
    そしてナインを指さして、どちら様なのかと聞いてきました。
    メリッサ「あぁ・・・気にしなくても大丈夫ですよ」
    「私のパートナーなだけなので」
    そう言いながら、ナインの腕にぎゅっと抱き着きました。
    パートナー?と聞き返してきたイアンですが、そなたのパートナーはこの私だろうとまだ少し自信があるようです。
    メリッサ「あら、今まで一度も応じていただけなかったのに」
    「だから気を遣って、こちらもパートナーを探しておいたんです」
    今までメリッサではない違う女性と一緒に踊っていたことを思い出しながら言いました。
    メリッサ「そうでしたよね?」
    イアン「そっ・・・その」
    冷たい目を向けられたイアンは、下を向きました。
    そしてメリッサは、この機会に寵愛する他の方と踊っては?というのです。
    メリッサ「例えば~、この前のリンダさんとか!彼女なら喜んでついてくると思いますよ」
    会場でお会いしましょうと、その場から立ち去ろうとしました。
    イアン「待ちたまえ!」
    「馬車ならここにあるではないか!」
    用意したんだと、イアンは馬車の方を指さします。
     
    華やかを通り越してダサすぎるあの馬車の存在を忘れていました。
    特にあの皇室を象徴する双頭の蛇・・・。
    こてこて過ぎて怖いっつーの。
    メリッサ「お言葉ですが。私たち三人で皇室の馬車に乗るのは少し・・滑稽じゃないですか?」
    まさかの返事に、イアンは衝撃を受けました。
    メリッサ「私はそんな気まずい場が、とーっても嫌いなので」
    ナインにはこっそり、見たら目が腐るわよと言いながら、メリッサは自分の馬車に向かいました。

    また変な笑顔を、御者に目撃されてしまう

    ついにやってやった・・・。
    いい気味だわ、さっきの顔見た?
    嬉しすぎて顔に出ちゃう・・・。
    怪しい笑みを浮かべているメリッサの姿を、あの御者が目撃していました。
    メリッサ(またお前かい・・・!)
     
    何も言わずに馬車に乗りこむメリッサたち。
    御者は、いつも何を考えているのだろうと不思議でたまりません。
     
    巣が出るときに限っていつもいるあの御者。
    ですがとにかく!ここからが本番です。
    会場に入った瞬間、復讐のコース料理をたらふく食わせてやる!
    ウフッ・・・グフフ・・・。
    怪しい笑い声をあげているメリッサを、ナインはじっと見つめていました。
    その目は、大丈夫かな?と心配しているようです。

    「断りますわ」

    会場に着いたメリッサたち。
    想像以上であからさますぎる視線。
    みんなメリッサの方をチラチラと見ています。
    それもそのはずです。
    公爵は参加していませんし、皇太子ではない謎のイケメンと現れたのですから。
    公爵家の馬車に静かについてくる皇室の馬車といったら、ホントに見ものでした。
    そのうえ、連れの男を可愛がって、皇太子をフルシカトするこの状況・・・。
    他の人たちから見たらまさに・・・、泥沼ドラマそのものです!
    皇太子の表情は、固まっています。
     
    メリッサとイアンをよく知っている貴族たちも、赤の他人のフリをして、彼女たちの周りをハイエナのようにグルグルしています。
    イアン「うぅっ・・・」
    「楽団よ!演奏を始めたまえ!舞踏会は踊らないと」
    皇太子の打開策で、舞踏会は本格的なスタートを切りました。
    意図バレバレのイアンの命令で、参加者たちがそそくさと去っていきます。
    そんなに気になるのなら、堂々と見たらどうなのか?
    チラ見などするから、そうやってドレスの裾を踏んでしまうんだと、メリッサは思うのです。
     
    イアンがそっと手を差し出しました。
    イアン「メリッサ・・・」
    メリッサ「断りますわ」
    彼女は見下すような目で、イアンを見ています。
     

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてくださいのネタバレ一覧

    その悪女に気をつけてください【第17話】の感想

    そりゃそうでしょう!
    メリッサはイアンからのダンスの申し込みを断りました。
    わー!いい気味です!
    すっきりです!
    ナインのおかげとも言えますし、メリッサの計画が完璧でした!
    このまますっきりする舞踏会にしたいですね!
    ですがメリッサが忘れている、舞踏会での出来事とはなんでしょうか?
    問題にならないといいのですが・・・。
     
    にしても、メリッサの怪しい笑いはなんとかならないのかなぁ・・・。
    まあ、そこが面白いんですけどね(笑)
     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第17話】のネタバレをご紹介しました。
    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。
    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!
    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる