☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第39話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    その悪女に気をつけてください【第39話】のあらすじ・ネタバレ

    ちゃっかり先にゲームをするイアン。

    メリッサにとって順番はどうでもよく、結果はわかっているのです。

    メリッサ(思った通り)

    モグラたたきは彼にとって未知のゲームですので、作中でも初めは手こずってしまいます。

    ですが・・・。

    すぐに慣れて新記録を叩きだすのです。

    イアンが出した新記録は、2000!

    いつの間にか集まった観客たちは、盛り上がります。

    「カッコよすぎ!」

    「イケメンなうえにゲームまで上手なんて!」

    周りはみんなイアンを褒め称えますが、これは主人公補正のおかげだとメリッサは舌打ちをしました。

    新記録!5千点!

    新記録を叩きだしたことで、自慢げなイアン。

    イアン「新記録を叩きだしたから、その人形は私がいただ・・・」

    ちょっと待った!と入ってきたのは、メリッサです。

    メリッサ「その人形は記録を塗り替えればもらえるのでしょう?」

    「私のお金でこの人が勝手にやったんです。私にだって権利はあります!」

    記録を塗り替えて見せると、メリッサはやる気満々です。

    イアン「そなたにゲームなどできっこないさ」

    殿下と呼びそうになり、身分を隠して来ているんだったとメリッサは止めました。

    メリッサ「初めてのあなたでもできたなら、私にだってできるはずです」

    「あなた」と呼ばれて驚いているイアンは、何も言い返せません。

    メリッサは店主に、それでもいいかと確認をしました。

    店主は一緒に来た仲ではないのか?と不思議そうにしていますが、今だけ他人ということにするとメリッサはお金を渡しました。

    思い出すのよ、メリッサ!

    モグラ叩きは本能と勘が大事。

    そしてモグラ叩きが始まります。

    一番大事なのは・・・、怒り!!!

    ハンマーに全ての怒りを込めて、メリッサは叩き始めました。

    浮気をするイアン、バカにしてくるジェイク、ナインを手にかけようとしたジャックに、金色のモグラは金自慢ばかりのピーコックです!

    次々に、ボコボコとモグラを叩いて行くメリッサは・・・・。

    なんと、新記録の5千点を叩き出しました!

    メリッサ「ふぅ!」

    その光景に、イアンだけでなくナインやユーリも驚いて、言葉が出てきません。

    モグラ叩きはストレス発散にもってこいだと、メリッサは気持ちよさそうにしています。

    メリッサ「私の勝ちですね!」

    もちろん、店主も呆然としていました。

    約束通りに人形を渡してほしいとお願いすると、店主は思いだしたかのようにメリッサに差し出します。

    可愛くない人形を受け取ったかと思うと、すぐにナインに渡したメリッサ。

    ナイン「やったぁ!ありがとうございます!」

    ユーリは後ろでショックを受けています。

     

    ポカンとしているイアンに、メリッサは他のゲームもあるから雪辱を果たしてはどうかと提案するのです。

    イアン「・・・雪辱だなんて、ただのゲームじゃないか。何を本気になっている」

    明らかに苦笑いをしているイアンですが、メリッサが望むのであれば相手してやろうと、ゲームをすることに決めました。

    ゲームに勝ち続けるメリッサ

    メリッサ「一つ目は左、二つ目は机の下!そして三つめはおたくの袖の中よ」

    隠した物の場所を当てるゲームで、あっさりと勝ってしまうメリッサ。

    これはヨナにお金をせびられ続けて得たノウハウを使いました。

    イアン「・・・次だ次!」

    ですが次に行った型抜きの勝負でも、メリッサの勝ち!

    次は勝つとイアンは涙を堪えていますが・・・。

    ダーツではダーツの矢にダーツが刺さるように真ん中に当てて、ダブルブルがさらにダブルになるという驚きの結果を叩きだしました。

    イアン「次こそは絶対に・・・!」

    次も、そして次も・・・。

    メリッサは勝ち続けていきます。

    大事なのは力ではなく技術とスピード!そして秘めたる怒りだと、あくまでも慎重にゲームをこなすのです。

     

    プライドがぼろぼろになってしまったイアンですが、それとは逆にナインとユーリは景品をたくさん抱えて嬉しそうにしています。

    メリッサ「持ってるの大変じゃない?」

    ナイン「メリッサ様からいただいたので持っていたいです!」

    ユーリ「私も!」

    ユーリはもはや、景品に埋もれています。

    メリッサはイアンに、持ってあげたらどうかと言ってみますが・・・。

    ナイン「ユーリ・・・」

    ユーリ「一人で持てます。必要になったら頼みますので」

    とばっさり拒否されてしまうのです。

    メリッサ(正しいわ。・・・私も反省しなきゃ)

    一等賞よこせ

    キョロキョロとメリッサが探しているのは、数多くの新記録を達成した人には賞品がもらえると書いてある表です。

    一等賞は、「紅真珠の指輪」と書かれています。

    メリッサ(あれか)

    そして交換所に行きました。

     

    そこのおじさんは寝ており、メリッサは窓を叩いて起こしました。

    「驚いたじゃないか!」

    メリッサはすぐに、賞品をくださいとおじさんに言います。

    「あぁ・・・、青年たちなかなかやるねぇ」

    お嬢ちゃんたちが喜びそうな景品がいっぱいあると、おじさんは窓を開けました。

    きっと、メリッサとユーリを連れの女だと思っているのでしょう。

    メリッサ「賞品を受け取りにきたのは私です」

    冗談はよしてくれと、おじさんは笑います。

    「色んなゲームで新記録を達成した本人だけがもらえる特別賞品なんだ!」

    参加しただけじゃあげられないと、まだ笑っているのです。

    するとメリッサは、ワンピースのポケットの中を漁り始めます。

    取り出したのは、いっぱいになったスタンプカード。

    メリッサ「早く、一等賞よこせ」

    驚いているおじさんを睨みつけました。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてください【第39話】の感想

    気持ちのいいくらい、メリッサの大勝利!

    ユーリもナインも、景品がいっぱいでホクホクですね(笑)

    なのにイアンは、それを持って助けることすら許されない・・・。

    ちょっと可愛そうですね・・・。

    メリッサが狙っているのは、一等賞の指輪のようですが、これは何か関係があるのでしょうか?

    これからの物語に必要なものなのか、そうではないのか・・・。

    ただナインにあげたいだけかな?とも考えましたが、メリッサは何かを知っていそうな雰囲気でしたよね!

    本当にこの指輪、もらえるのでしょうか・・・。

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第39話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる