☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第59話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    その悪女に気をつけてください【第59話】のあらすじ・ネタバレ

    いつの間にか眠りについたメリッサは、夢を見ていました。

    夢の中のメリッサは小説のヒロイン。

    ありふれたロマンスファンタジーで、誰かが作ったその小説の世界に住む自分。

    読まれるたびに同じことを繰り返す人生。

    誰かが小説を読み終えれば、また違う誰かが読み始める・・・。

    そのたびにメリッサは、1ページ目に戻っているのです。

    いつからこんな人生を送っているのかは覚えていませんが、延々と続く世界で生きてきた結果、いつしか自分が小説の中の人物であるということに気づきました。

    ですがそれに気づいたのはメリッサだけ。

    行き場のない寂しさは相当なものでした・・・。

     

    メリッサ「あれ・・・夢・・・?」

    目が覚めたメリッサは、涙を流しています。

    ですがなんでなのかはわからず、夢の中にいた人物がどうしても気にかかってしまうのです。

    ベッドに座ったメリッサは、夢の中の人物が誰なのかはわかりませんが、次は幸せになってほしいなと願うのです・・・。

    全力で走る!!

    時は過ぎ、晩秋を迎えました。

    メリッサは久しぶりにリエーフの散歩に出ており、外の景色を楽しんでいます。

    今日は沢山遊ぼうと、リエーフに声をかけると嬉しそうにしています。

    遊べるときに遊んでおかないと・・・と思いながら、走るリエーフを追いかけます。

    メリッサ「アハハ、待ちなさいよ~」

    今この瞬間も小説は続いており、この物語は春から翌年の春にかけて終わりを迎えます。

    つまりそれは冬の急展開の嵐に向けていろいろと備えるべきだということ・・・。

    冬の分まで楽しんでおかないと!と、全力でリエーフと走るのです!

    それを目撃した使用人は、レディがそんな風に走り回るものではないと悲鳴を上げています。

    メリッサ(まだ私にレディとしての振る舞いを求めているの?公爵の使用人かな?)

    そう思いながらも、その使用人の前を通過しました。

    ぶっ飛んでいるメリッサに対して悟りを開いた使用人たちとは違うので、なんだか新鮮には感じているのです。

    ナインからの心配

    走っていると、急に止められてしまいます。

    「メリッサ様!」

    目の前に現れたのはナインです。

    ナイン「何度言えばわかるんですか。走って怪我でもしたら大変です」

    彼が心配をしてくれているので、全員が悟りを開いたわけじゃなかったことを思い出しました。

    メリッサ「ナイン・・・このくらいじゃ転ばないわ。ヒールじゃないんだし」

    ナイン「ミゼンと戦って怪我したことをお忘れですか?ちょっとした不注意が大事故になりかねません」

    少し顔を赤くしているナインですが、メリッサはいつものことで剣術も頑張っているから心配いらないと笑顔を見せました。

    そう、あれ以降ナインの過保護っぷりに拍車がかかったのです。

    礼儀作法を叩き込んだとはいえ、奴らが群れで反撃してくるかもしれないので、万が一のために必死に訓練しているにも関わらず・・・。

    今は散歩という名の休憩時間で、新しい剣術の先生の元でメリッサは頑張っているのです。

    ナイン「メリッサ様の強さは認めます。ですが・・・」

    少し涙目になっているように見えるナインに気づいたメリッサは、今後一切走らないからと何とか約束をして落ち着かせました。

    ナイン相手だとなんでかいつも折れてしまうのです。

    ナイン「約束ですよ・・・?ドレス姿で走らないって」

    できるだけそうすると答えたメリッサですが、非常事態の時は何を着ていようが走らなければならないので、なるべくと濁すしかありません。

    ですがナインが不安そうにしているので、もう走らないと約束しました。

    その瞬間ナインに笑顔が戻り、安心しているように見えたのです。

    メリッサ(ほんの少し走ったくらいで大げさなんだから)

    剣術の訓練の方が何倍も危ないのに、ガラスの人形ではないのだからそこまで心配しなくても・・・と考えると、気分がよくありません。

    メリッサ「リエーフの散歩の途中なの、もう行くね」

    そしてナインに背を向けると、彼は少し慌てているようです。

    メリッサはナインに落ち葉の掃除もお願いして、そのまま離れていきます。

    彼は覚醒して強くなったとでも言いたいのだろうか?

    「私を信じて。守ってあげるって言ったじゃない」とナインに言いましたが、今となっては弱者扱いされているような気がしてしまうのです。

    覚醒したからと言って、メリッサが弱くなるわけではありません。

    悪女の心配をするくらいなら自分の心配でもしなさいと、メリッサは突き放してしまうのです・・・。

    金が要る!

    夕食の時、「金が要る!」と急に大声をだしたメリッサ。

    父は驚いて、吹き出してしまいました。

    ヨナ「ポジェブラド家に財産を使い果たしたんですか?」

    ですがそれは無視します。

    すると一人のメイドが、私でよければお貸しします!と名乗りを上げたのです。

    足りない分は神からの授かりものを売ればいいと笑顔で彼女が言いますが・・・、変人ばかりだと感じただけです。

    メリッサ「とにかく、我が家は裕福だけど蓄えは少ないわ。まとまったお金が要るときに困るわけ」

    父は咳ばらいをしますが、メリッサはそれを無視して秘密裏に準備をしたいんだと話を進めます。

    メリッサ「公爵様・・・もしかして、”金”好きですか?」

    明らかに怪しい笑みを浮かべているのです・・・。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてください【第59話】の感想

    え・・・、次は金儲け?(笑)次から次へといろんなことを思いつきますね!

    ナインとの仲が少しよくなくなってしまったのは気になりますが、確かに守られ過ぎるのは気分がよくありません。

    それにナインも気づいてほしいですね!

    きっと、夢の影響もあるのでしょうが・・・。

    さて、メリッサの次の計画が楽しみです!!

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第59話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる