☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第61話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    その悪女に気をつけてください【第61話】のあらすじ・ネタバレ

    剣を交えるメリッサと剣術の師匠であるカルティーナ。

    あまりの勢いに息を切らしているメリッサですが、たった10秒の合間を休憩だと言われて驚いてしまいます。

    美しい剣さばきとは無縁の彼女と熱戦を繰り広げました。

    剣を振って突いて、できることは全部やりましたが・・・、全く通用しません。

    どこでこんな野蛮な戦い方を習ったのかとカルティーナに聞きますが、経験を積み重ねた結果だと返されてしまいます。

    カルティーナ「隙だらけですよ!!」

    そしてメリッサの喉元に向かって剣を向けようとしました。

    「お嬢様~、お嬢様!!」

    勝負の途中で、メイドのヘイニーが大声で叫びながら走ってきます。

    大変ですと言いながら慌てて走ってきますが、そんな彼女がメリッサには後光がさして見えるほどナイスタイミングだったのです。

    カルティーナは少しつまらなそうな顔をしていますが、何があったのかといいながらメリッサはヘイニーの元に駆けつけました。

    メリッサ「いつどこで誰が何をなぜどのようにの順で詳しく説明して!」

    心の中ではやっと休めると、少し嬉しそうにしているのです。

    するとヘイニーは、メリッサが言っていた金鉱を他の奴らが掌握したと話しました。

    誰なのかと聞くと、その人物は貿易商の「クジャク」だそうで、もうすでに占領しているとのことです。

    どうしようとヘイニーは慌てていますが、メリッサは意外と冷静です。

    メリッサ「あぁ・・・あいつらね。思ったより早かったなぁ」

    冷静なメリッサを見て、ヘイニーは驚いています。

    メリッサは微笑み、思ったよりも早かったがそいつらに見つかるのは予想していたので大丈夫だと言いながら、ヘイニーの頭を撫でました。

    そして師匠のカルティーナに、今日の訓練はここまでにしようと言って勝負はお預けにしました。

    賭けは次の訓練に持ち越しとなり、カルティーナは楽しそうにしています。

    もちろん、手加減する気はなさそうです。

    ですがこれこそ、メリッサが望んでいたやり方・・・。

    そしてヘイニーとナインを呼んで、ついてくるように言いました。

    メリッサの役に立とうと必死のナイン

    ナインはメリッサにタオルを渡し、そわそわしながら周りをうろうろしています。

    訓練で怪我したことに対しては何も言わないんだと、彼の基準がよくわからなくなりました。

     

    部屋に入ろうとするとヨナが待っていました。

    ヨナは先にお風呂に行くようにと言いますが、そうすると時間がかかるからとメリッサは悩みます。

    ヨナ「まさか全身汗びっちょりの土まみれで、部屋に入ろうなんて思ってませんよね?」

    明らかに引いている様子のヨナに対し、ナインはメリッサは土まみれで汗びっちょりでも素敵だから大丈夫だとフォローし始めます。

    もちろんかっこいいし優しいし、気遣いもできて・・・・などとメリッサを褒め続けるナイン。

    メリッサはありがとうと言いながらも少し呆れ、彼を止めました。

    メリッサ「だからその・・・私ってお風呂長いでしょ?せっかく集まってくれたのに待たせちゃうから・・・」

    その言葉にナインとヘイニーは優しさに感動し、ヨナはドン引きしています。

    ヨナ「うるさいです。使用人が主を待つのは当然のこと。なぜそんなの気にかけるんです?」

    明らかに怒ったような表情をしているヨナを見て、メリッサは悪い意味で表情豊かになったなぁと少し感心してしまいました。

    するとナインも、メリッサなら一生待ってもいいとまで言い出します。

    一生風呂に入ってろってことなのかと突っ込みたくなりますが、やめました。

    それにずっと待っているなんて、サブキャラの決まり文句です。

    ヘイニー「はい!お嬢様の入浴のお手伝いをすれば待たずに済みます!」

    だから手伝わせてほしいとヘイニーが言いますが、ナインは入浴の手伝いと聞いて慌てだしました。

    ナイン「ぼ・・・僕も・・・あの・・・」

    それは違う!と途中で止めましたが、ヨナが冷たい視線を送っていました。

    メリッサはしぶしぶ、お風呂に先に入ることになります。

    そしてナインに少し待つように伝えてお風呂へと向かいました。

    ナインは二人にメリッサを取られてしまった気分になりながら、少し寂しそうです。

    奴の回し者

    お風呂が終わり、メリッサの前にはお茶が三つも出されてしまいました。

    メリッサ「ちょっとみんな・・・私の口はひとつしかないのよ」

    各自でお茶を飲むように言われてしまい、三人は悔しそうにしています。

    メリッサは、次からお茶を準備する前に手を打つことに決めました。

     

    ピーコックが金鉱を占領した話を出し、今しなければならないのは奴の回し者を探し出すことだと言いました。

    ヘイニーは公爵家に回し者がいるのかと、飲んでいたお茶を吐き出すほどに驚いています。

    メリッサはゆっくり説明することにしました。

    金鉱の開発にはかなりの時間を要するのですが、今すぐに開発に着手しても冬までに大金は手に入りません。

    ですが、目の前に帝国最強の富豪がいるのなら・・・。

    また違ってくるのです。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてください【第61話】の感想

    ピーコックの回し者!?

    この三人でないことは確かででしょうが・・・。

    誰なんでしょうか?

    まさかこんなことになるなんて、誰も思っていなかったですよね。

    ピーコックはまだ、ユーリを諦めていないということですよね。

    かわいそうに・・・(笑)

    まぁヨナも良い感じに表情が出てきましたし、ナインも相変わらず可愛いですし、ヘイニーのメリッサ溺愛っぷりは相変わらずですし・・・。

    このままさらっと解決しそうな感じもします!

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第61話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる