☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第67話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    その悪女に気をつけてください【第67話】のあらすじ・ネタバレ

    メリッサは息を切らし、髪の毛ボサボサじゃんと笑いながら言いました。

    とっさに髪の毛を直そうとするナインですが、メリッサの方を見て気づきます。

    彼女も息を切らして、髪の毛がボサボサだということに。

    メリッサ「おめかしはいいから、美味しいもの食べに行こう。前に約束したでしょ」

    食べながら話そうと言い、ナインに手を差し出しました。

    今度こそ追い出されると思っていたナイン。

    彼はメリッサに執着して度を越す行動をしていたということはわかっていました。

    遠くから見ているだけでもいいと思っていたので、そのためにもこの気持ちを押し殺そうと決めていたのです。

    ですがメリッサを目の前にすると、愛おしくてたまらなくなってしまいます。

    顔を赤くしているメリッサは、嫌なの?とナインに聞きました。

    ナイン「好きです」

    それは、胸が張り裂けそうなほど、どうしようもないくらいに・・・。

    恥ずかしくなり顔を真っ赤にしているナインは、「・・・美味しいもの」と付け加えてしまいました。

    メリッサ「だ・・・だだだよね!美味しいものね!?美味しいものはみんな好きよね!」

    恥ずかしくて慌てているメリッサは、早く食べに行こうとこの場をなんとかごまかそうとしています。

    好きという言葉を聞いて、心臓が止まるかと思うくらいに恥ずかしくなってしまったのです。

    そんな二人の様子を見ていたヨナは、呆れています・・・。

    お店がわからない

    馬車に乗って出かけたメリッサとナイン。

    何かしら行動に移せば解決すると思っていたのですが・・・。

    ナインは、食べるものは何でもいいと嬉しそうに話しているのです。

    メリッサ「わかったわ、でもねナイン・・・。どこに行けばいいのかわからないの・・・」

    憑依してから仕事しかしてこなかったメリッサ、人間の世界にきてから仕事しかしてこなかったナイン。

    事前におススメのお店をヨナに聞いておくべきだったと後悔しました。

    ナインはどこでも大丈夫、食べ歩きとかでも大満足だと言いますが、それはメリッサが許せません。

    こうなったら直感で決めてしまおうということにしました。

    ナインは、今にも溢れだしそうな想いを抑えているようです。

    メリッサ「あっ!ストップ!ストーップ!!」

    御者に、あるお店の前まで戻るようにお願いしました。

    たまたま目に入ったお店なので、微妙だったら他のお店に行こうとナインにも伝えます。

    ですが慌てているメリッサを見たナインは、微笑みました。

    選んだお店はカップルサービス中

    馬車から降りようとすると、メリッサがナインをエスコートしたので、普通は逆じゃないかと笑ってしまいます。

    メリッサ「何よ、私のエスコートが嫌なわけ?」

    ナイン「いえ、すごく嬉しいです」

    その笑顔はとても幸せそうです。

    お店に入ると、店内はピンク色。

    ハートのバルーンなどが沢山飾られていて、慌ててしまいます。

    これは悪夢の応接間のシーズン2なのだろうか!?

    せっかく可愛い赤ちゃん狼を連れてきているのに、誰か夢だと言って欲しい!!

    それくらいショックを受けています。

    ですがナインは気にしておらず、店内を見渡しているのです。

    「当店ではただいま、カップル限定で特別サービスを実施中なんです!」

    店員の話を聞いて動きがとまるナイン。

    メリッサはナインに、嫌なら出るかと聞いてみましたが・・・。

    ナインはまるで乙女のように嬉しそうで、メリッサが嫌だったら・・・と一歩引いて答えたのです。

    店員に、彼氏さんは恥ずかしがりやなんですねと言われてむせてしまうナイン。

    ナイン「彼氏では・・・ありません・・・」

    お似合いなのに!と言われてさらに恥ずかしくなっているナインは、僕なんかが・・・と謙遜しながらも嬉しそうな表情をしています。

    明らかに喜んでいる表情に気づいたメリッサが驚いていると、ナインはショックを受けて嫌だったら出ようと悲しそうに言うのです。

    自分が鈍感だとは思ったことはありませんでした。

    ナインはただ純粋な子なんだと思っていたのですが、もしも今まで尽くしてきてくれたのがただの優しさではなく好意だったとしたら・・・。

    鈍感にもほどがあると、メリッサは自分を責め続けています。

    私の事、好き?

    席に着いてからも恥ずかしさが抑えきれないメリッサ。

    脳内ではロマンス要素が高まっていて、心拍数も以上に上がっているともう一人の自分が慌てているのです。

    これ以上は耐えられない、爆発するかもしれない!

    ですが思考を停止させて守りに入るのだと指令が下りました。

    目標は謝ること、そしてナインに美味しいものを食べさせることです。

    いつものメリッサに戻ったので、何にするか決めた?と微笑みながら聞きました。

    ナイン「ずっと黙ったままだったので、さっき注文しておきました・・」

    まさかの事態に、いつの間にか機能が停止していたことに気づきます。

    ごめんと謝りながらも汗が止まらないメリッサ。

    ここは何とか落ち着こうと自分で自分を抑えています。

    メリッサ「ナインとこうやって話すのも久しぶりよね」

    そしてナインが怒った日のことを出し、心配してくれているのであんなことを言ってしまってごめんと、素直に謝りました。

    でも計画は変えられそうにないことも付け加えて。

    メリッサ「その代わり本当に気を付けるしこれからも・・・えっと、だから・・・」

    今後も体を張る場面が出てくるのですが、嘘をつくことはできません。

    ナイン「いえ、僕こそ感情任せでメリッサ様の意見に不服を唱えてしまい、申し訳ございません」

    忠実さに欠けていたのと、頭を下げて謝りました。

    このナインの反応に、ロマンス要素が消え去ってしまったことはメリッサでも気づきます。

    ですが冷静に、謝らないでお互い様だと言うことにしようと提案し、ただ仲直りしたかっただけなんだと言いました。

    ナイン「もう二度とメリッサ様に不快な思いはさせません。僕はメリッサ様に忠実な執事ですから」

    彼の謝罪は「死んで詫びます」くらいの重みのあるもの。

    さらに今、ナインがメリッサと一線を置こうとしていることがわかります。

    メリッサ「好き、ナインは・・・私の事好き?」

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてください【第67話】の感想

    うわぁぁ!!じれったい!!

    ここで、これそういえば恋愛漫画だったなと思い出しました(笑)

    ナインはとても恥ずかしそうにしていますが、彼氏と勘違いされたことを喜んでいるのに!

    ここでメリッサも嬉しそうにすれば、少しは違ったのに!!

    遠回り!!(笑)

    でも、メリッサはちゃんと聞けましたね。

    この質問、大丈夫かなと少し不安ですが。

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第67話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!
    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる