ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第70話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    その悪女に気をつけてください【第70話】のあらすじ・ネタバレ

    ピーコックは、今回この場を設けたのは二人への謝罪と、今後の会計改善につなげていくためだと説明しました。

    貴重なお茶も用意したのでぜひ飲んでほしいと話すピーコックですが、嘗め回すようにユーリだけをを見ています。

    ピーコックが送っている気持ちの悪い視線に気づいたメリッサは、目ん玉くり抜いてやりたいと怒りがこみ上げてきますが、ユーリがメリッサの手を握って止めました。

    小声で微笑みながら大丈夫だと話すユーリに、メリッサは落ち着きを取り戻していきました。

     

    メリッサ「いろいろと考えてくれてありがとう」

    するとピーコックは指を鳴らし、沢山の使用人がお茶のセットを運んできました。

    ヘイニーが注いだお茶

    ピーコックは、メリッサが先ほどから自分の家の使用人が注いだお茶を全く口にしていないことに気づいていました。

    ピーコック「平民が注いだお茶がお気に召さないのであれば、ポジェブラド家の使用人に注いでもらいましょう」

    ほんとにバレバレな計画・・・。

    ヘイニーが震えながらお茶のポットを持って、近づいてきます。

    お茶が注ぎ終わり、ピーコックはもしかして安物ではないかと心配しているのかとメリッサに聞きました。

    メリッサ「いや、毒でも盛ったんじゃないかなって」

    そう言いながら笑みを浮かべるメリッサに、ピーコックは疑うなら違うお茶を出しますと言い出しました。

    ですがそうなれば、作戦の意味がなくなってしまう。

    メリッサはそのまま、ヘイニーが注いでくれたお茶を口に入れました。
    ピーコックは笑みを浮かべ、ナインはこみあげてくる怒りを必死に抑えているのがわかります。

    そしてメリッサがお茶を一口飲んだ瞬間、ティーカップが落ちてしまいました。

    ユーリ「メリッサ様!」

    メリッサはそのまま咳き込んで、苦しそうにしているのです。

    お茶を飲んで確かめるピーコック

    かつてはユーリも、物語に逆らおうとしたことがありました。

    ですがその試みは、ことごとく失敗に終わったのです。

    それはまるで、鳥かごに入れられたようでした。

     

    ピーコックはユーリを可愛がり、どうしていつも逃げるのかと聞いてきたのです。

    この男は、皇帝になる男がライバルじゃない以上は、諦めようとしなかった。

    あの貴族の男はダメだ、私にも貴族の血が流れているんだと話すピーコック。

    彼は貴族の血が流れてはいますが、私生児だったので裏切りと地獄の日々を送ってきたのです。

    そんな話を聞いても、めんどくさいとしか感じないユーリ・・・。

    貴族たちのせいで奈落の底にいたという話をまた始めるんだろうと、うんざりしているのです。

    ピーコック「私は知ってるよ、ユーリ。私たちは似た者同士だってこと」

    不完全でもろく、力を得るにはへつらって生きるしかないそんな存在だと言われたことを思い出しました。
    倒れているメリッサに必死に声をかけるユーリ。

    物語はとっくに中盤を過ぎ、今世界最高の治癒術師になったのだから大丈夫だと自分に言い聞かせています。

    自分の力とメリッサを信じるしかない・・・。

    メリッサはどんなことでも成し遂げてきたのだからと、必死に涙をこらえます。

    ピーコック「驚いた顔をしていますね」

    彼は淡々と、メリッサがいきなり倒れるとは思っていなかったんだと話しました。

    具合でも悪かったのかもしれない・・・とピーコックが言うと、「ふざけないで!」とユーリが怒鳴ります。

    今度こそエンディングのその先を見るんだと、彼女は決めているのです。

    ユーリ「あなたが用意したお茶を飲んで倒れたじゃない!!」

    ピーコック「そうですか?おかしいですね」

    そう言ってお茶のカップを持ち、口に入れました。

    ユーリ(メリッサ様は奴がお茶ではなく、カップに毒を盛ると予想していた)

    ピーコックは同じお茶を飲んで何ともないと言っていますが、これは想定の範囲内。

    彼は、悪女と名高い横暴な彼女を恨む使用人が毒を盛ったのかもしれないと、淡々と言いました。

    話にならないとユーリは対抗しますが、ピーコックの圧に押されてしまいます。

    ピーコック「ユーリ・エリザベス。大人しくしたほうがいい。今ここにあなたを助けてくれる人間は誰もいないのだから」

    ナインたちはピーコックの使用人に取り囲まれていました。

    目が覚めないメリッサ

    なのにどうしてまだ、倒れたままなのだろうか・・・。

    ピーコック「この前から公爵家の世間知らずなお嬢様と遊んでいるようだけど、彼女のことを友達だと思っているのかな?」

    あんな貴族は私たちのことをただのペットくらいにしか思っていないんだと、ユーリに言いました。

    そんなことよりも、もしかしたら失敗してしまったのかもしれないとユーリは不安になっているのです。

    ですが公式は完璧だった。

    メリッサが元々ここで死ぬなんてありえないと自分に言い聞かせていますが、どうして起きないのか全くわかりません。

    それはまさか、物語に逆らおうとしたからだろうか?

    ピーコック「私たちは似た者同士だ。不完全でもろく、力を得るにはへつらって生きるしかないそんな存在さ」

    その言葉を言われたユーリは、逃げ切れなかった過去を思い出します。

    自分の愚かな期待が、メリッサをあの世に送ってしまったのかもしれないと思うと、涙が溢れてきたのです。

    泣いているユーリを見たピーコックは嬉しそうにしています。

    ピーコック「愛しているよ。ユーリが望むものは何でも叶えてあげる。ユーリを弄んで捨てたりはしない。だからただ私の側にいてくれればいい」

    逃げてはだめ、逃げたら足を縛り叫んだらその舌を切り、他の奴らを誘惑するならそいつの首をはねると、淡々と言いました。

    また失敗して同じ人生を送ってしまうと感じたユーリは、絶望感が溢れています。
    「聞いてらんないわね」

    そんな声が聞こえてきました。

    口から血を流しながらも起き上がったメリッサは、戯言は牢屋に入ってぬかしなさいとピーコックを睨みつけています。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてください【第70話】の感想

    ユーリはこれが物語で、この運命から逃げられないことを知っています。

    ですがそれはメリッサと会う前の話。

    今のメリッサは、本当のメリッサとはまた違いますよね。

    それはユーリは知らないことですが、今回は違う運命を進むことができると信じていたのでしょう。

    ですが起きないメリッサ。

    ここで死んでしまえば、またユーリはピーコックのカナリアになってしまいます。

    最後にメリッサが起き上がってくれたので、よかったと安心しました!!

    メリッサが死んでしまったら、ナインも何をするかわかりませんよね。

    さて、これからの反撃が楽しみです!

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第70話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!
    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる