☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第72話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    その悪女に気をつけてください【第72話】のあらすじ・ネタバレ

    ここは日本人の作家が作った、中途半端なファンタジーの世界。

    ゆえにこの世界には、刑法と別に民法があります。

    ピーコックが行った、ポジェブラド家の令嬢を殺害しようとした罪はとても重く、彼を牢屋送りにしたうえに賠償金まで受け取れるという意味なのです。

    お金をゲットして嬉しそうなメリッサ。

    残すは、後片付けのみです。
    呆然と立ち尽くすユーリに気づいたメリッサは、彼女に声をかけました。

    やっと肩の荷が下りた気がして、ぼーっとしてしまっていたのだそうです。

    メリッサ「・・・本当に助かりました」

    ユーリが作ってくれた解毒剤のおかげで上手くいったんだとお礼を言いました。

    そんな中でもユーリは、得体のしれない何かが耳元で囁いてきます。

    「今からでも男主人公のもとへ行け、ユーリ」

    ですが鳥かごの中から助けてくれたのは、メリッサ。

    もう関係ないと、その声を聞かないようにしました。

    ユーリ「私強くなります!」

    お礼を伝えるユーリの表情は、すっきりしたような素敵な笑顔をしていました。

    思わずメリッサ微笑んでしまい、それほどこっちの心まで晴々するような笑顔だったのです。

    ちなみにジェイクのつきまといはなくなったそうで、ユーリは落ち着いて暮らせています。

    クライマックスに向けて

    雪が降りだしたので、ナインは薪をくべました。

    そんなナインを、メリッサはじっと見つめます。

    一見お利口なワンコ系男子ですが、こうしてみると綺麗な感じですし、髪と目の色が特徴的だから華やかな感じもしています。

    改めて本当にカッコいいと思い、じっと見つめてしまいました。

    視線に気づいたナインですが、なんのことだかわかっていない様子。

    お顔鑑賞はこれくらいにして、集中をします。
    小説のクライマックスに向けてそれなりに準備してきました。

    事実上、戦争と変わりないこの場面は、ハッピーエンドの前に困難に立ち向かう男主人公らの活躍を見せようとした作者がねじ込んだもの。

    伏線はあの狩り大会だけで、かなりの無理やり感がありました。

    この場面自体が男主人公らの活躍を見せるためのものなので、小説通りに進めば難なくクリアできたはず。

    ですが今は事情が違います。

    もう小説の内容とはだいぶかけ離れてしまいました。

    そもそもイアンが魔物と戦う時に使うべき宝剣はメリッサが持っていますし、今になって返すのも変。

    ジェイクは、今の様子では役に立ちそうにありません。

    強いて言えばジャックが一番成長しましたが、肝心な覚醒がまだできていません。

    まだマシなのは、ピーコックから戦争資金を巻き上げられるということだけ。

    いろいろとまとめてみましたが、メリッサはため息をつきました。

    あまりにも多くのことが変わりすぎましたが、もし過去に戻ったとしても同じように行動したでしょう。

    悪い男たちにすがりながら生きる人生に、ハッピーエンドなんてありません。
    「メリッサ様、お疲れのようなので甘い飲み物をご用意しました」

    ナインがお茶を持ってきてくれました。

    今までのみんなの笑顔を思い出し、物語が変わった責任は私がとると気合いが入るメリッサ。
    そしてナインと出撃です!

    ヨナの秘密

    ユーリは、水晶で誰かと会話をしています。

    ユーリ「それで、結局ヘイニーは追い出されたの?」

    すると答えが返ってきます。

    「その通りです。回し者を公爵家に置くことはできませんからね」

    そしてどうなったのかと続きを聞いてみると、ヘイニーは市内で一番大きい飲食店への推薦状を書いてもらったのだそうです。

    話を聞いたユーリは、やっぱり優しいなぁ・・・と呟きながら手を合わせました。

    彼女の周りでは、またあの声が聞こえてきており、悪女のことではなく周りに男がいないことを心配しろと言ってきたのです。

    ですが知らんぷりをします。

    そして水晶で話している相手は、ヨナだったのです。

    ユーリ「また何かあれば連絡するから!」

    ですが結構だと断られてしまいました。

    お互いに近況報告をしているだけじゃないかと言っても、面倒だとこれからはお金を払うようにと要求してきます。

    ユーリ「ほんとお金の話しかしないね。神殿に行けばお金の心配なんてする必要ないのに」

    ヨナ「どうして私があんなところに」

    すると途中で、ヨナを呼ぶメリッサの声が聞こえてきました。

    ヨナ「お嬢様が呼んでます。切りますね。次回からの電話は有料です」

    そしてヨナとユーリの通信が途切れました。

    ユーリ「だってヨナは・・・神に愛されている唯一の人だから・・・」

    上にはまた、白い人物が浮いているのです。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてください【第72話】の感想

    ヨナ何者なんですかね!?

    確かに前にも、聖物を持っていたりしたので怪しいなとは感じていました。

    でもまさかすごい人なのでは!?(笑)

    ユーリは知っているようですが、メリッサはまだでしょう。

    まあ、だからといってヨナに対して何か変わることはないと思いますが、驚きはしそうですね。

    そして個人的には、久しぶりにナインがちゃんと出てきたので嬉しいです!

    もっと増やしてほしい!!

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第72話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!
    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる