☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第73話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    その悪女に気をつけてください【第73話】のあらすじ・ネタバレ

    魔物との戦いがもうすぐ始まります。

    メリッサは、戦争の英雄になる気はありません。

    むしろ英雄だなんて面倒だとしか思えないのです。

    小説では男主人公が魔物を撃退しますが、慌てふためいたメリッサは負傷して彼女のせいで死んでしまった使用人もいました。

    その中にはヨナもいたのです。

    メリッサは、絶対にみんなを死なせないと誓います。

    だから英雄になるよりも、できることを全てしたいと考えており、公爵の元へと向かいました。

    信じてくれない公爵

    魔物の封印が解けると聞いたポジェブラド公爵は、あまりメリッサの言うことを信じていない様子です。

    ですがメリッサは、信じがたいようだが本当で、魔物たちが襲撃してくるんだともう一度説明します。

    一人では食い止めるのが難しいので、公爵から皇室へ軍隊の応援要請をお願いしたいと話しましたが、途中で止められてしまいます。

    本気で言っているのか・・・と、公爵は明らかに戸惑っている様子です。

    冗談ではないのか、それともどこか具合でも悪いのかとメリッサを心配しています。

    そう、これは悲しい現実。

    メリッサの権力は七光りであり、弟のジェイクは暗殺団の団長という確固たる権力を持っていますが、メリッサはただの金持ちニート・・・。

    どう言えば信じてくれるのかと考えているメリッサは、公爵の言葉が耳に入っていません。

     

    ヨナ「神託がありました」

    横から入ってきたのはヨナです。

    神託を実際に聞いたと話すヨナの言葉を信じた公爵は、もっと詳しく話してみるようにとメリッサに言いました。

    こんなにあっさりと話を聞いてくれるのかと驚くメリッサ・・・。

    いったい何がどうなっているのか、全くわかりません。

    ヨナ「お嬢様、お話の続きを」

    まさかヨナも小説の内容を知っているのかもしれない・・・。

    そんなことを考えていると、ヨナは神託をメリッサも一緒に聞いたなんて口からでまかせを言い出します。
    驚く公爵とメリッサ。

    メリッサはそんなの聞いていないと小声でヨナに言いました。

    ですがヨナは、これで自由に発言できるじゃないかと冷静です。

    ヨナの言う通り、メリッサにはやることがあります。

    そして神託によるとリプトンから近い都市のスダバックに魔物が出るんだと説明を始めました。

    聖女

    公爵への話が終わり部屋から出て、ヨナを問い詰めるメリッサ。

    壁ドンをして問い詰めますが、よく考えれば「魔物だなんてどういうことですか!?」と聞きいてくるのはヨナの方ではないかと気づきました。

    それでも落ち着こうと必死のメリッサは、神託とはどういうことなのかと彼女に聞きました。

    神託と言うのは嘘なのか?話を合わせてくれたのであればお礼を言うが、公爵はどうしてヨナのことをすぐに信じたのか・・・。

    メリッサは続けて質問しました。

    ヨナ「事情があるんです。・・・と言えば見逃してくださいますか」

     

    ヨナ・ホワイトポールの事情。

    考えられることと言えばせいぜい家門の没落くらいです。

    ホワイトポール男爵家の令嬢のヨナが、我が家の侍女になった理由がそれ。

    メリッサには詳しい事情はわかりませんし、脇役の悪女の詳細をつづったページなんて小説にはありませんでした。

    それにヨナに詳しく聞いたことすらなかったのです。

    もしかしたら触れられたくない話題なのかもしれないと悟ったメリッサは、言いたくなければ答えなくていいとヨナに言いました。

    気になることは沢山ありますが、今回見逃すことにします。

    没落した家の話に楽しい部分なんてないでしょうし、口をつぐむ人にしつこく聞くのも失礼な話です。

    ヨナ「お嬢様は・・・、神託と聞いて何か思いませんでした?」

    メリッサ「へ?特に何も?」

    神は信じないが宗教は個人の自由だと、メリッサは言いました。

    何も答えず見つめてくるヨナと、そんな二人を微笑んでみているナイン・・・。

    するとヨナはため息をついて口を開きました。

    ヨナ「この世には神のようなものが存在します」

    ヨナが話し始めたので、言う気になったのかなと思ったメリッサは、大人しく聞くことにしました。

    ヨナ「くそ野郎です」

    その言葉に激しく動揺してしまうメリッサ・・・。

    くそ野郎がこの世界を治めているんだね・・・と、ひとまず同調しました。

    それを聞いたメリッサは、ここは「愛するアイツら」の作者が作った世界ではないのかと疑問が浮かんできました。

    ヨナ「私の意志とは関係なしに、その方の寵愛を受けました。それが嫌で神殿から逃げてきたんです」

    ヨナは聖女となり、生涯祈り続けるのだと神に言われたのです。

    ですがそんな状況でも、「クソが・・・」とつぶやくヨナ。

    逃げてきたにも関わらず、いまだにヨナが神と繋がっていると信じる者たちがいるということだけなのだそうです。

    それを聞いたメリッサは、「そっか・・」と答えることしかできません。

    メリッサ「わかった・・・なら・・・、ご飯でも食べに行こう!」

    事情を知ったからと言って、何かが変わることはありません。

    厄介な神の代わりに、資本主義の神であるお金を信奉するヨナは、これからもメリッサの侍女です。

    そしてメリッサは、現実の心配をすべき無神論者なんだから、それはそれでいいのです。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてください【第73話】の感想

    ヨナの存在大切ですね!

    メリッサの周りはかなり強い・・・。

    ナインだけでも十分なのに、ヨナやユーリ・・・、沢山の強い見た方がいますね。

    もう怪物倒せるんじゃない?とも思ってしまいますが、そんな簡単にはいかないのかなぁ・・・。

    イアンやジェイクも助けてくれそうな気もしますしね。

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第73話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!
    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる