ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第75話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

その悪女に気をつけてください【第75話】のあらすじ・ネタバレ

メリッサが座っていると、隣の人の体が触れました。

思わず「クソ」と言いそうになりましたが、ギリギリのところで口を抑えて止めます。

メリッサ「なんであんたがここに!?」

思わず避けてしまった相手は、ジェイクだったのです。

ひじに奴がこびりついたと払いながら、ジェイクにこういう場所は苦手なのになんで来たのかと聞いてみました。

政治にでも興味が芽生えたのか、それとも貴族たちが恋しくて来たのか・・・。

ですがジェイクはもじもじしながら、答え始めます。

ジェイク「えっと、その・・・。お前・・・いや姉さんが」

姉さんと呼ばれたメリッサは、気持ち悪く感じて悪寒までしてきました。

心境の変化でもあったのか!?それとも偽ジェイクなのか!?

ですがジェイクは少し顔を赤くして恥ずかしそうにしながら、こういう会議は初めてだからと言いました。

それにイアンもいるからだと言うので、メリッサはイアンに会いに来たということなのかと勘違いをしています。

ジェイクは来てもおかしくない立場だと思い出し、大人しくしているようにと言いました。

そして、皇帝陛下の入場で会議が始まります。

婚約破棄をしてくれないイアン

その場にいる貴族がいろんな話をしています。

それを見ているメリッサは、あることに気づきました。

正式な爵位がないメリッサをここに呼んだ理由。

ここでは重要な話をしないということ。

貴族派、皇帝派、お構いなしに集まっているのでしょうか。

今の状況は会議ではなく、雑談です。

メリッサ(私の話もこの程度だと思われてるんだ)

何も話さずに見ていると、イアンが目を合わせてきました。

口を動かして名前を呼んでくるイアンに中指を立てたくなりますが、満面の笑みでこう伝えたのです。

メリッサ「婚・約・破・棄・早く」

そして最後に睨むと、イアンは目を逸らしてしまいます。
目を逸らしたイアンにため息をつくメリッサ。

逃げていないで深刻さを感じ、長引かせないで欲しいと考えているのです。

破談になれば政治的な後ろ盾がなくなる不安もあるでしょうし、現皇后である母親を説得しづらいせいもあるだろう。

皇帝の寵愛を受けて侍女から側室になった彼女は、息子のイアンが皇帝になれない場合追い出されてしまいます。

よく言えば「親孝行者」で、悪く言えば「マザコン」の奴に口火は切れないはず。

何かい考えても怒りがこみ上げてくるメリッサは、困るのはそっちなのになんで浮気をしたのかと考えます。

イアンは成人なので、しりぬぐいは本人にさせるべきでしょう。

被害者であるメリッサが、気遣う必要なんてありません。

考えていると、ジェイクが腕に触れて呼んできました。

「・・・さて、本件はこのくらいにして、次はみなの意見をお聞かせ願いたい」

皇帝はメリッサに、神託を受けた話を教えて欲しいと切り出しました。

姉さんと呼ぶジェイク

次はメリッサの番。

席を立ち口を開きます。

できれば神なんかいないと言いたいのですが、今日の目的はそれではありません。

メリッサ「もうすぐ、魔物の封印が解かれます」

場内はざわつき始め、何を根拠に言っているんだと文句が飛び交います。

いくら神託を受けたからといえ、それを信じろと言うのかと。

会議の雰囲気が台無しだから、冗談もほどほどにしろとまで言われてしまうのです。

信じてもらえない状況に、頭が痛み始めるメリッサ。

必ず起こるということを証明する手立てはなく、神託だけではここでは通用しそうにありません。

皇帝はというと、この状況を心の底から楽しんでいる様子で笑みを浮かべています。

ここは自分でなんとかするしかないと感じたメリッサは、机をたたいて「ドンッ」と大きな音を立てました。

メリッサ「信じがたい話なのは重々承知ですが、いずれにせよいつ魔物が出現してもいいように何かしら備えておくべきでは?」

封印したのは150年前で、封印した大魔術師もずっと前から消息を絶っているのです。

今の帝国には、凄腕の大魔術師や封印できる人はいるのかと、メリッサは問いかけました。
ここの人間は危機感が少なすぎるのです。

周辺の国との戦争も起きませんし、魔物や狼人間の襲撃もないので平和ボケをしています。

嵐の前の静けさとはまさにこのこと。

テスト前日に勉強そっちのけで遊んでいるとき程、いける感じがするあの感じに似合ています。

今までの行いが悪かったせいで、敵も多い・・・。

名ばかりの帝国で、武力と言えるのは皇室の近衛騎士団くらいしかいません。

小説でも、男主人公たちの力がなければ滅びているはずです。

だから備えが必要だとメリッサ言いますが、明らかに聞く耳すら持ってくれていない状況。

期待はしていませんでしたが、さすがにこの状況にはへこんでしまいます。

ピーコックの金で兵を動員するしかないのか・・・。

ですが凄腕の傭兵はピーコックと一緒に牢屋の中です。

そんなことを考えていると、「パンッ!」という大きな音が響きました。

横を見ると、ジェイクが銃を上に向けているのです。

ジェイク「静かにしろ。姉さん・・・が話してるだろ」

貴族を睨みつけて姉さんと呼んでくるジェイクを目の前に、頭の中が混乱しているメリッサ。

とうとう彼は狂ったのだろうか・・・。

皇帝の前で武器を使ったので、重要な戦力を失うかもしれません。

皇帝「アハハ!!これは驚いた!!」

急に笑い出した皇帝は、ジェイクとメリッサは不仲だとばかり思っていたそうで、もう違うようだと楽しそうにしています。

こっちもこっちで狂ってないか!?と、メリッサは呆れているのです・・・。

\ 全話更新中! /

その悪女に気をつけてください【第75話】の感想

そうですよねー。

魔物が出てくるなんて急に言われても、信じることなんてできないでしょう。

にしてもそれなら、この場に呼ぶなよ!!と言いたくなるでしょう。

メリッサは大人しくしていましたが、ここで我慢ができなかったのはジェイクの方。

意外です・・・。

ジェイクが姉さんと呼んでいるのは前にも少しありましたが、もうこれは確実に姉さんと思っている?(笑)

関係が変わり始めましたが、これはこれで面白いです。

可愛いとこあるじゃん!って、ジェイクに言いたくなりますね。

変わらないのはイアンの方か・・・。

さて、メリッサの話はみんなに信じてもらえるのでしょうか?

まとめ

以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第75話】のネタバレをご紹介しました。

その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる