☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第76話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    その悪女に気をつけてください【第76話】のあらすじ・ネタバレ

    これは驚いたと、皇帝は大きな声で笑いました。

    ジェイクとメリッサは不仲だとばかり思っていたそうで、もう違うようだと分かり笑っているのです。

    こっちもこっちで狂っていると思ったメリッサは、元々変わっている性格なのだろうかと疑問が浮かんでいます。

    ですがひとまず、ジェイクの首が飛ばなくてよかったと安心するのです。

     

    イアン「驚かせてしまったね。わが友に代わって謝ろう」

    どうかご理解いただきたいと、その場にいる貴族たちに謝ります。

    そしてイアンはメリッサの方を見ました。

    きょとんとしているメリッサを見たイアンは、急に顔が赤くなりつい目を逸らしてしまいます。

    イアン「その・・・私はレディ・ポジェブラドの意見に賛同する」

    封印が解けるかどうかは別として、ある程度は備えていた方が良いと、メリッサの肩を持つ発言をしたのです。

    メリッサ「なんで!?」

    まさかの発言に驚き、青ざめているメリッサですが、イアンがそなたが言ったことだと突っ込みました。

    テレポート

    イアンの意外な活躍で、会議は皇室が協力する方向で進んでいきました。

    ですが思った以上に皇帝がヤバくて不安を感じたメリッサ。

    イアン直属の騎士団を信じるしかありません。

    最悪の場合、援助がないことも覚悟していたのでまだマシ。

    次の計画を実行することにします。

     

    メリッサとナインがいるのは、ユーリのところ。

    ユーリは、テレポートの魔法を習得できていたらよかったのにとため息をつきました。

    メリッサ「そんな・・・十分ですよ。今まで沢山助けてくれたじゃないですか」

    治癒の分野ではすでに帝国のトップに立ち、他の分野でも優れた実力を持っているのに欲張りなユーリです。

    そしてユーリの横にいるのは、ユーリの兄であるロビーです。

    ロビーは、もう完成したから信じてくれと言いながら、ふとメリッサの方を見てしまいました。

    ばっちり視線が合ってしまい、恥ずかしくなるロビー。

    以前メリッサの前でカルティーナとイチャイチャしてしまったことを思い出し、急に恥ずかしくなってしまったのです。

    ロビー「なっ・・何見てんだ!!」

    メリッサ「何って、ロビーさんを見てるんです」

    ロビーは顔を真っ赤にしながら、見るなとメリッサに言います。

    メリッサはニヤニヤしながら、カルティーナ師匠のものだから、他の人に見られたらすり減ってしまうのかしらといじります。

    ユーリは笑いを必死に堪えているようです。

     

    メリッサの目の前に、ナインが顔を向けました。

    見つめてくるナインが何を言いたいのかはわかりませんが、ロビーではなく自分を見て欲しいということなのだろうかとメリッサは思い、彼の頭を優しくなでます。

    用意もできたからそろそろ向かっても良いかと、ナインの頭を撫でながらロビーに言いました。

    ユーリは少しやきもちを焼いており、ロビーは呆れている様子。

    そして準備は整ったのです。

    狼人間の森で飛んできたヤツ

    座標は狼人間の森の入り口。

    向かうのは、メリッサとナイン、ユーリとヨナです。

    魔物は帝国全土から侵入してくる予定で、狼人間の森も帝国の一部。

    小説では、首長になったジャックがユーリのために参戦しますが、物語がこじれた今は何としても奴らを動員しなければいけません。

     

    魔法陣が光り、到着したのは見覚えのある森の中。

    雪景色の中、久しぶりだとメリッサは言いました。

    幻覚呪術も解けているとナインが伝え、以前来たときは呪術を避けるのに苦労しましたが、今回はその必要はありません。

    なぜなら一か月前に出向くことを手紙で伝えてあるから!

    メリッサ「おーい!出てきなさい!」

    そう大声で叫んでいる横で、ヨナはユーリに温めてもらっています。

    ですが狼人間からの返事はありません。

    そう簡単に入れてくれないことくらい予想していたメリッサは、手を叩いてナインに命令しました。

    ナインの目が変わり、私の主が呼ぶ声が聞こえませんかと問いかけます。

    ですが返事がないので、ナインは息を思いっきり吸い込み、人間には聞こえない高い鳴き声で叫びました。

    これは彼らの意思疎通を行う手段。

    それは、舌があるからこそ可能なものなのです。

    狼人間が舌を抜かれることは、意思疎通の手段を絶たれることを意味します。

    力の象徴である牙と、意思疎通を行う舌を抜かれたナインは、どんなにつらくて寂しかったでしょうか。

    思い出すと、つい涙が溢れそうになってしまいます。

    今更ながら、ミゼンとジャックが憎くてたまらないメリッサ。

    ここの男キャラに対する憎しみをお金に換算すれば、ピーコック並みの大富豪になれそうです。

     

    森の奥に、ガサガサという音がしました。

    やっと来た・・・と音がする方に目を向けますが、何かが回転して飛びながらこちらに向かってくるのです。

    剣を構えるメリッサと、守ろうとするナイン。

    メリッサ「ちょっと・・・何よその登場の仕方」

    ジャックが下にうつぶせになっているのです・・・。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてください【第76話】の感想

    そうですよね。

    ナインの昔のことを思い出すと、なんだか悲しくなります。

    本当に、メリッサが拾ってくれてよかった・・・。

    そうでなければ、今頃ナインがどうなっていたかわかりません。

     

    そして変わったのは状況だけでなく、イアンの行動もです。

    メリッサの肩を持つなんて、今まででは考えられませんでした。

    これは、メリッサが気になっているということでしょうか。

    確かに前、そんなことを言っていたような気がします。

    でもこんなに変わるなんて・・・。

    まあ、今回はイアンのおかげでいい方向に進みそうなので、よしとしましょう!

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第76話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!
    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる