☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第78話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    その悪女に気をつけてください【第78話】のあらすじ・ネタバレ

    怖いなんてない、私たちの方が強いんだ。

    メリッサの後ろにいるみんなは、少しも怖がってなんていません。

    そんなもの打ち勝てばいいと、自信があるのです。

     

    悔しそうにしているミゼンに、立ち話もなんだから座ろうとメリッサが提案しました。

    ですが、メリッサたちをもてなすはずの人たちが、名前を聞いた途端に怖気づいて逃げてしまったのだそうです。

    説明をしながら、ミゼンは一つしかない椅子に急いで座ります。

    刀が使えないからいじめるつもりなのかな?と感じたメリッサは、椅子ならそこになるじゃないかと笑顔です。

    ミゼン「・・・何?」

    メリッサ「何って、あんたが座ってるその椅子よ」

    これは首長が座る椅子だとミゼンは言いますが、そんなこと知ったこっちゃありません。

    メリッサ「出向いた客を立たせるのは、いかがなものかしら」

    そう話しているメリッサの表情は、優しい口調とは対照的に笑っていません。

    そんなメリッサを見て、ドキドキしているジャック。

    ミゼンは、だからといってこの椅子は簡単に座れるものではないと抵抗します。

    下手に出る立場ではあるが、この反抗的な態度は見過ごすことができないメリッサ。

    今回もまた言い聞かせようかと考えていたところ、口を開いたのはユーリでした。

    ユーリ「いい加減どいたらどうです?それかご本人が直接メリッサ様の椅子になるのも悪くないですね」

    いつもの可愛い笑顔なユーリですが、言っている言葉はかなり強いもの。

    彼女の性格が小説とだいぶ変わってしまっていると感じているメリッサは、慣れないといけないのに毎度驚いてしまいます。

    ナイン「それはいけません」

    「あんなものにメリッサ様のお身体が触れてしまうなんて・・・」

    口を挟んだのは、笑顔のナインです。

    ミゼンが座った椅子に座らせるのも嫌だが仕方がない、その椅子に座っていただけるだけ感謝をしなければと言いました。

    ユーリの性格が元のままだったとしても、ミゼンはこの二人に優しい言葉を望める立場ではありません。

    これも全部、身から出た錆。

    メリッサの座る場所

    メリッサ「いいのよ。あんなに座りたがっているんだもの」

    しょうがないからあの鹿にでも座ろうと指さしたのは、大きな鹿のはく製(?)のようなものです。

    ミゼンは、あれがどんなものなのかも知らないで何を言っているんだと怒り出します。

    ですがメリッサは冷静に、椅子がないんだから仕方がないと言い、ナインに手伝うようにお願いしました。

    ナインはメリッサをお姫様抱っこして鹿の上に乗せてくれました。

    今までかなり鍛えてきたので、重くなっているはずなのです。

    落ちないように気をつけてと声をかけてくれるナインは、とても幸せそうな表情をしています。

    メリッサはなんだか、いきなり暑くなったような気がするのです。

    ミゼン「おい!!今すぐ降りろ!」

    ですが横にいるジャックは、この状況が面白いのか大声で笑っています。

    メリッサは鹿にくっつき、座れる場所が目の前にあるのにもったないと、かなり挑発的な態度をとりました。

    ジャックはまた笑い続けるだけ・・・。

    ミゼンは狂っていると、顔が青ざめています。

     

    そしてメリッサは、本題に入ることにしました。

    興味があるジャック

    説明をしたメリッサですが、ミゼンはそれを信じろと言うのかと疑っている様子です。

    なかなか信じられることではないので、仕方がありません。

    ユーリとナインはすぐに信じてくれましたが、二人はどれだけ信頼してくれているのか・・・。

    もう信者レベルに到達していることでしょう。

    ジャック「その獲物ってのは狩れんのか?」

    前に参加した狩り大会の起源が魔物の盗伐なので、もちろん狩ることはできます。

    知らなかったジャック。

    もし知っていたら、もうジャックではありません。

    メリッサ「もちろん、タダで手伝ってもらおうなんて思ってないわ」

    取引をしようと提案します。

    助けてくれたらお礼をすると言いますが、ミゼンは笑みを浮かべて「断る」と言い出しました。

    お前らごときのためになんでそんなことをしなければいけないのかとミゼンが言うので、メリッサは考えます。

    それならば今回も、力でねじ伏せるしかない・・・。

    そんな空気が出てきたとき、ジャックが話に入ってきました。

    ジャック「おいおい、なんで勝手に決めんだよ」

    彼は興味があるそうです。

    驚いているミゼンとメリッサ。

    ジャックは、森で大人しく暮らしていたら体がうずいてしょうがないそうです。

    人間の戦争に加わるわけではなく、狩りに出るだけなので良いだろうと考えているのです。

    ジャックの意外な活躍に、メリッサの頭の中は興奮しだします。

    ミゼン「うまい話には裏があるもんだ」

    ジャック「あの女はお前とは違う。見た限り頭の出来は俺と一緒だ」

    メリッサは予想外の攻撃を食らってしまいましたが、仲間ですら誰もかばってくれません。

    ヨナに関しては、うなずいているのです。

    ジャック「それに、お前だけが首長でもないくせに。勝手に決めんな、クソッタレが」

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてください【第78話】の感想

    メリッサが座っている鹿って、なんだったのでしょう・・・。

    ミゼンが止めたので、なにか大切なものだったのかな・・・なんて気になってしまいました。

     

    流れを説明したメリッサ。

    そして納得していないミゼンですが、意外な味方が出てきました。

    ジャックは興味があるようで、確かに狩りだと思えば運動になるのでしょうか?

    ここでミゼンとジャックの力関係が明らかになりますね!

    ナインがいるので、変な流れにはならないでしょうし、大人しく見守りましょう。

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第78話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!
    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる