☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|その悪女に気をつけてください【第79話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「その悪女に気をつけてください」は、Blue Canna先生、Soda Ice先生、Berry先生の作品です。

    交通事故に遭い目を覚ますと、そこは小説「愛するアイツら」の世界に転生していた!?

    小説の中の悪女であるメリッサに憑依してしまった主人公は、貴族生活を楽しもうとするが、婚約者が浮気性の最低男だった。

    彼から招待状を何度も送られてくるのだが、浮気現場を見せつけられる始末。

    楽しい貴族生活を送るために婚約破棄を一方的につきつけるのだが・・・。

    悪女になりたいわけでもない、聖女になろうとも、逆ハーレムを狙っているわけでもない、メリッサはこれからどんな生活をおくるのか!?

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    その悪女に気をつけてください【第79話】のあらすじ・ネタバレ

    お前だけが首長でないくせに勝手に決めるなと、ジャックはミゼンに言いました。

    対立している二人ですが、前に比べて関係が対等になっているように見えるのです。

    メリッサが、首長はミゼンじゃないのかと聞くと、ジャックが半々だと前のめりで答えます。

    どちらが首長なのかで言い合いを始めている二人ですが、メリッサからしてみると今はそれどころではありません。

    メリッサ「今、大事なのはそれじゃない」

    ジャック「大事じゃないだと!?首長に関わる問題なんだぞ!」

    ついてに勝負だと言い出したジャックでしたが、落ち着けと冷たい目でメリッサに言われてしまい大人しくなってしまいます。

     

    二人の話をまとめると、前首長を殺すか確実に勝たなければ認めてもらえないそうです。

    この二人は片方を殺したり屈服させたりできない・・・。

    完全に首長になったわけじゃないのに見方をしてくれたジャックに、少し意外性を感じているメリッサ。

    本当はミゼンと同じくらい恨んでいるのではと思っていました。

    ジャックは賛成で、ミゼンは反対。

    ミゼン「俺の反対は狼人間全員の反対を意味する」

    ジャック「笑わせんな。俺の方がみんなから好かれているぞ」

    討伐の話を聞いたら、みんな喜んできてくれるとジャックが話しているのです。

    メリッサは鹿から降りて、封印が解けるまでの一週間のうちに考えておいて欲しいとお願いしました。

    待ち合わせ場所はスダバック。

     

    メリッサは悩んでいます。

    信じてもいいのか・・・。

    人間を見下して関わろうとしない奴らなのに。

    今からでも力でねじ伏せないといけないのではと、ずっと考えてしまうのです。

    ですがよく考えると、ジャックが賛成してきたので確率は50%に上がったも同然。

    辺に力で抑え込んで敵意を持たせる必要はなさそうです。

    帰ろうとすると、ジャックは別に来て欲しいわけじゃないけどまた来ていいぞなんて、変なことを言いだしました。

    メリッサは従順になってくれたジャックに安心していますが、ナインとユーリは従う理由に薄々気づいており不快に感じ始めました。

    ヨナは巻き込まれるのが嫌そうな表情・・・。

     

    準備は着実に進んでいるのに、メリッサはなぜか不安を感じています。

    ごみ箱行きの物語

    帰り道歩ているメリッサたちですが、後ろにふわっと白い人物が浮いています。

    ヨナが気配を感じて振り返りますが、後ろには誰もいません。

    気のせいだっただろうか・・・と思いながら、メリッサに呼ばれたので急いで駆けつけます。

    隠れていた白い人物は、舌打ちをしたのです。

     

    言うことを聞いていたヒロインが壊れ、崩れてきている・・・。

    用意した物語が、決めたエンディングが台無しだ。

    自分から手を離れた物語など必要ないと感じたその人物は、すべて壊してまた一から始めようと考えました。

    今回の物語は、ごみ箱行きです。

    封印が解けた

    ユーリは家で、ふと囁きが消えたことに気づきました。

     

    そしてメリッサは、封印がまだ解けていないので物資と兵力をスダバックに移動させようとナインに話していました。

    「お嬢様!!ま・・・魔物・・・、魔物が封印を破って出てきたと・・・!」

    使用人が慌てて駆けつけ、それを聞いたメリッサは、展開が小説よりも早いと焦り始めます。

     

    都市、スダバック。

    空の色が暗くなり、黒い変なものが現れました。

    沢山の目、気持ちの悪い動き・・・。

    街の人々は、魔物だと叫びながら逃げ始めます。

    嫌な予感と出発

    急いで馬車を準備しようとするメリッサですが、用意した馬車は公爵が使用しており、他の馬車は整備中なのだそうです。

    なので今すぐ使える馬を用意してもらうことにしました。

    予想通りに進むと思っていたメリッサですが、油断してしまったことを後悔しています。

    誘拐事件の時みたいに早まる可能性だってあったのです。

    カルティーナが騒ぎを聞きつけて、魔物だなんてどういうことかとメリッサに聞いてきました。

    メリッサ「魔物がとある都市を襲撃しているようです。危ないので師匠は・・・」

    カルティーナ「何を仰るのですか。危ないのならなおさら私が行かないと」

    彼女は微笑み、メリッサと一緒に行くと言ってくれました。

    そして馬の準備が整い、ナインから手綱を受け取ろうとしたところ・・・。

    「ヒヒィィィン!!!」

    とハラグロの鳴き声が聞こえてきました。

    ハラグロはまるで、「まさか私を置いて行こうなんて思っていないよな?ポジェブラド碇で一番速い馬が私だということは、お前が一番よく知っているだろう・・」なんて声を出して喋っているかのようです。

    しかも正論ではあるので、メリッサは反論できません。

    スダバックはユーリが住むリプトンに近い都市。

    ヒロインである彼女には、大魔術師の生まれ変わりという裏設定があり、魔物たちは自らを封印した「大魔術師の生まれ変わり」であるユーリに対して敵対心を抱いています。

    封印が解けてすぐユーリがいるリプトンに向かい、スダバックから侵略を始める流れ。

    ヒロインを窮地に立たせて、男主人公らの活躍ぶりを引き立てるシーンになります。

    ですが今は、イアンからの軍隊の応援要請の返事は返ってきていませんし、ジャックは魔物の封印が解けたことすら知らないはず、ジェイクはいつものごとく消息不明です。

    自分だけでも駆けつけなければと、メリッサは急ぎます。

     

    メリッサは「違う馬に乗るわ!私はハラグロに、この馬は・・・」

    ナインに渡された馬は、カルティーナに載ってもらうことにします。

    ヨナは準備ばっちりで、もう馬に乗っていました。

    そして後はナイン・・・。

    メリッサ「正体がバレないように、私たちが出発した後に狼に変身してついてくること」

    顔を近づけて耳元で囁き、スダバックで落ち合おうと約束しました。

    顔を真っ赤にして、承知しましたと答えるナインは、怪我をしないようにとメリッサを気遣います。

    メリッサはナインの頭を撫で、結構自分のこと大事にしているんだと微笑みます。

    撫でているメリッサの手をつかんで、幸せそうに微笑むナイン・・・。

    ナイン「メリッサ様の無事を誰よりも願っているのは、僕ですからね」

    いったいそんな愛嬌、どこで覚えてきたんだ!!!と、メリッサは心の中で悶えています。

    なんとか堪え、ナインも怪我をしないようにと平然を装い伝えました。

    イケメンの愛嬌最高過ぎ!充電満タン!のメリッサ。

    馬に乗ってまた後で会いましょうとナインに言いました。

     

    すぐに向かいますと答えたナインですが、とても嫌な予感を感じていました。

    メリッサの無事を願っているのですが・・・。

    あの白い人物が微笑んでいました。

    エンディングの時間です。

    \ 全話更新中! /

    その悪女に気をつけてください【第79話】の感想

    えええ!!

    急展開過ぎる!

    まだ一週間はあったはずで、ゆっくり準備が進められていたのに。

    あの白い人物はヨナが反応しているので、きっと物語上で神と言われている存在なのでしょう。

    そしてその指示に従わないといけない。

    ユーリも囁きが消えて不安に感じているようでした。

    これを止めることができるのか・・・。

    ナインの不安が的中しないといいですね。

     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のその悪女に気をつけてください【第79話】のネタバレをご紹介しました。

    その悪女に気をつけてくださいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!
    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる