☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|末っ子皇女殿下【第30話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画末っ子皇女殿下は、Stonehead (AKEO STUDIO)・SAHA先生の作品です。

魔導王国を束ねていた大魔導師がある日 帝国の末っ子皇女殿下に生まれ変わってしまったぁ⁉

適当に赤ちゃんのふりをしとこー…って私のこと好きすぎじゃない?

好きどころか大好きすぎて、ひと時もじっとさせてくれない。

末っ子皇女殿下の一日は今日も大変だ!

\ 全話更新中! /

目次

末っ子皇女殿下【第30話】のあらすじ・ネタバレ

ベルアンに言われるがまま、再び呼ばれるのを待っている抵抗軍側。

ただ、アルカスが一体何のために手を貸すのか理解できず、本当にアルカスを信じて良いものか未だに正直よく分からないのです。

抵抗軍の長である男は、部下の男と今回のアルカスの不可解な行動について話しています。

部下の男「そもそも本当にアルカスの魔法使いなのかも疑わしいです」

「今すぐにでもヤツらのところに行ってーー」

抵抗軍長「ヤツらの魔法は本物だ」

「アルカス出身でもそうでなくてもその気になれば一瞬で俺たちを消し炭にできる」

部下の男「ですが…いつヒペリオン軍が襲いかかってくるかわかりません」

「その前に早くあの怪物のガキを殺すべきです!」

抵抗軍とアルカスの出会い

ある日の夜。

抵抗軍の長である男は、全身傷まみれで、至る所から出血する酷い状況の中、ベッドに寝かされていました。

そこへやってきたベルアンとノクシタ。

どうやら二人がこの男を助けたようです。

ベルアン「亡国の暴君よ」

「私たちはアルカスから来た調査官です。あなたに一つ提案があって来ました」

抵抗軍長「…提案?」

ベルアン「ヒペリオンは執拗に追い詰めてくるはず。そして抵抗軍はまもなく完全に破滅されるでしょう」

「なのでどうせ死ぬ運命なら…ヒペリオンが溺愛している末っ子皇女と」

「共に死ぬのはいかがですか?」

抵抗軍長(!!)

抵抗軍長「そんなことできるのか?」

ベルアン「もちろんです」

「私たちがお手伝いいたしましょう」

抵抗軍がアルカスに協力する理由とは?

もしかするとアルカスは自分たちを利用しているのかもしれません。

しかしそれでも抵抗軍はアルカスにすがるしかないのです。

今はただエニシャを冷酷に殺すために、なんとしてでも生き残る必要があるのです。

抵抗軍長は、ロドゴに自分の子を亡くす悲しみを味わせるため、悪魔に魂を売ってでも復讐する覚悟なのです。

 

そこへついにアルカスから、確認が終わったとの連絡が入ります。

言われれるがまま部屋を訪れると、エニシャはソファーの上で眠っています。

ベルアン「では約束通り貴方の処分はあなたたちにお任せします」

「私たちは用件がすみましたのでこれで…」

抵抗軍長「待て!」

「ま…魔力拘束具はどうした!幼いとは言え怪物の血筋なんだぞ!」

「俺が皇女を殺せるように手を貸すと言ったはずだ!」

ベルアン「魔力拘束具はアルカスの所有物ですので簡単に貸すことはできません」

抵抗軍長「なんだと貴様!?」

ノクシタ「眠らせてるんだ…睡眠魔法をかけたから起きない…」

ベルアン「彼の言う通りです。アルカスは役目を果たしたので手を引きます。ただ…」

「ここでちょっとした遊び心を加えてはいかがでしょう」

抵抗軍長「遊び心…?」

ベルアン「そうですね…」

「せっかくの機会なのでできるだけ残酷なやり方で復讐するのがいいですね」

「皇族たちの目の前で皇女を殺すのはいかがでしょう?」

抵抗軍長(!!)

(ヒペリオン皇帝の目の前で…皇女を…!)

抵抗軍「いい話だがそれは不可能だ」

「手を下す前に私の首が飛ぶ」

ベルアンの提案に一瞬心踊った抵抗軍長でしたが、冷静に考えてみるとあまりに不可能な計画です。

そこでベルアンは、魔力を呼び出し彼に力を授けたのです。

ベルアン「お貸しします」

「皇族たちの前で皇女を殺す時間くらい稼げるはずです」

抵抗軍長(悪霊と契約した魔法使いだったとは…)

ベルアン「それでは…健闘を祈ります」

ついに抵抗軍がエニシャを手にする

二人が去った後、部屋に残されたのは抵抗軍長とエニシャだけとなってしまいました。

抵抗軍長はエニシャの肩を抱き座らせると、これからのことが楽しみでたまらなくなってきて、思わず笑みがこぼれます。

そこへ帝国軍の到着を知らせる一報が…。

抵抗軍長「ククク…」

「クハハハッ」

「いよいよ審判の時がきた!」

\ 全話更新中! /

末っ子皇女殿下【第30話】の感想

予想以上に深刻な展開となってしまいましたが、本当にエニシャが計画した方法なのでしょうか?

ベルアンの態度がとても冷静で、本当に殺されてしまうのではと不安でたまりません。

前話で、ここから生きて出られるのがエニシャだけになると言っていましたが、このまま行けばエニシャがまず初めに命を落とすこととなってしまいそうです。

怪しいところといえば、悪霊の力を授けたところかなと思ったのですが、あの力に何か特別な魔力が隠されているのかもしれませんね。

いよいよ陛下たちも到着したようですし、エニシャがどんな作戦に出たのか、次回が楽しみでなりません。

自らの魔法を使って、脱出するエニシャも見てみたいですね。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の末っ子皇女殿下【第30話】のネタバレをご紹介しました。

末っ子皇女殿下はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる