☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|末っ子皇女殿下【第50話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画末っ子皇女殿下は、Stonehead (AKEO STUDIO)・SAHA先生の作品です。

魔導王国を束ねていた大魔導師がある日 帝国の末っ子皇女殿下に生まれ変わってしまったぁ⁉

適当に赤ちゃんのふりをしとこー…って私のこと好きすぎじゃない?

好きどころか大好きすぎて、ひと時もじっとさせてくれない。

末っ子皇女殿下の一日は今日も大変だ!

\ 全話更新中! /

目次

末っ子皇女殿下【第50話】のあらすじ・ネタバレ

ロシエルはヘラードとともに、連れ帰った競売場の人間の尋問を行っていました。

縛り付けられた男が、意識を失ってしまったので、ロシエルはその間ヘラードに競売場でエニシャをみた話をすることに…

しかしヘラードはそんな話を信じてくれるはずがありません。

見間違いだろうと大爆笑され、挙げ句の果てには夢でも見たんだなとまで言われてしまいます。

ヘラード「エニシャが競売場に出品されただなんて!こわーいこわーい夢でちたね〜」

「アハルドンの騎士団長をつけてやろうか?」

「夜トイレも一緒に行ってもらえよ!」

「ギャーハハハハッ!グハハハハッ!」

ロシエル「ヘラード!僕の言ったことは本当なんだよ」

しかしヘラードは、ロシエルの言うことなど全く信じず、縛られた男を起こすようにと指示するのです。

 

水をかけられ目覚めた男は助けを求めますが、当然誰もやってきません。

商人たちが連れてきた奴隷を競売場に上がらせただけで何も知らないと言い張る男。

昨日からずっとこの調子なんだとロシエルは言っています。

指でも斬り落としてみれば本当のことを言うかもしれないと脅してみるも、男はやはり何も知らないとしか…

ついに痺れを切らせたヘラードが壁を殴り破壊すると、ヒペリオン皇族の恐ろしさを伝えます。

周りにいる騎士たちも、あまりに恐ろしいヘラードのやり方にビビってしまうほど。

しかしそれでも男は何も知らないと答え、ついにはヘラードにより処分されてしまうのです。

 

ロシエル(エニシャが今回の奴隷競売のけんと関わっていたという痕跡がきっとどこかに残っているはず)

(なのにいくら隅々まで探してもちょっとした手掛かりでさえ掴めないとは…)

(まるで悪霊に化かされた気分だよ…)

カヒルの問題行動

するとそこへ、アハルドンの副団長がヘラードに用事があるとやってきました。

とりあえず部屋の外に出て、汚れた手を拭きながら副団長より話を聞きます。

副団長によれば、カヒルが暴れてアハルドン騎士団の全ての従者たちに暴力を振るったと言うのです。

従者たちの話だとカヒルが何の理由もなく一方的に暴力を振るったそうで、一番軽い怪我を負った者でも骨折レベルなんだとか…

当然、副団長は今回の件について然るべき処刑をとヘラードに訴えかけるも、ヘラードの答えは予想外のものでした。

ヘラード「だから普段、ほどほどにしとけばよかったじゃねぇか」

副団長「え?」

ヘラード「今回の件はなかったことにするぞ。怪我した奴らの治療でもちゃんとしてやれ」

「あとしばらく騎士団の従者が足りないだろうから、それは俺がロシエルに要請しておく」

お楽しみの時間

尋問を終えた2人の皇子たちは、カヒルの話をしながら廊下を歩いていました。

ロシエルはそんなことをする奴には見えなかったと予想外の問題行動に驚いています。

ヘラードは、これまで何をしても反応してこないから退屈だったけど、こんな面白いことをするなんてとびっくりしている様子。

2人はとにかく今回の事件が何をきっかけとして起こったのか気になるようで、あとで状況を調べておくこととしました。

まずは今日のエニシャのダンスの練習を覗くため、二人は大興奮で会場へと向かうのです。

 

その頃、カヒルはベッドの上に腰掛けて一人で過ごしていました。

今にも泣き出しそうな顔のカヒル…

その手の中には、エニシャにもらって大切にしていたのに壊れてしまったブローチが握られているのでした。

\ 全話更新中! /

末っ子皇女殿下【第50話】の感想

競技場にいたエニシャについて、連れ帰った者たちを調べれば何か出るだろうと考えていたロシエルでしたが、何も出てきませんでした。

会場に入るまで、オーナーや牢屋へ連れて行った男たちがいたので、何か情報が出てもおかしくなさそうですが、出ないに越したことはないですよね。

もしかすると魔法がかけられて、記憶がなくなっているなんてことも考えられませんか!?

私の考えすぎかもしれませんが…

そうしてまた一人、競売場に関する人間が処分されたところで、騎士団の副団長がやってきてカヒルの暴力行為について説明しました。

ヘラードにとってはカヒルを追い出すチャンスでもありましたが、以前の約束のことがあるのでしょう。

今回は見逃すという選択に出ました。

あの言い方だと騎士団内でのいじめにも気づいていたようですね。

カヒルが暴れた原因は、おそらくあのブローチでしょう。

しかしいくら復讐したとしてもブローチは元に戻りません。

果たしてカヒルはこの問題をどう乗り越えていくのか、アバルティアのこともあり自信を失っている部分もあると思うので、エニシャにフォローをお願いしたいですね。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の末っ子皇女殿下【第50話】のネタバレをご紹介しました。

末っ子皇女殿下はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる