☆期間限定!2/13まで110円SALE中|思春期異聞録

ピッコマ|末っ子皇女殿下【第82話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画末っ子皇女殿下は、Stonehead (AKEO STUDIO)・SAHA先生の作品です。

魔導王国を束ねていた大魔導師がある日 帝国の末っ子皇女殿下に生まれ変わってしまったぁ⁉

適当に赤ちゃんのふりをしとこー…って私のこと好きすぎじゃない?

好きどころか大好きすぎて、ひと時もじっとさせてくれない。

末っ子皇女殿下の一日は今日も大変だ!

\ 全話更新中! /

目次

末っ子皇女殿下【第82話】のあらすじ・ネタバレ

エニシャはベルアンとノクシタとともにテラスへとやってきました。

別室ではヘラードがハクマンと話をしていて、ヘラードがハクマンを殺すつもりなのではと不安な気持ちでいっぱいです。

 

ノクシタがテラスの入り口を閉めると防音魔法をかけてくれ、自由に話せる環境が整えられました。

魔法で出されたプリンのような座り心地の椅子に腰掛けて、エニシャは2人と手を繋ぎながら、まずはハクマンについて話すことにしました。

他の6人の君主を飲み込んでしまった悪霊のアバルティアが、自分の魔力が封印されると同時に解放されハクマンという新しい肉体を見つけてしまったと知ったベルアンとノクシタ。

そしてハクマンがエニシャにしつこくちょっかいをかけているのは、エニシャの魂を欲しがっているからだと知った2人は、心配そうな顔をしています。

でもエニシャは一度封印できたのだから、次も絶対に封印すると2人に話します。

ノクシタはエニシャのことを信じていると言ってくれましたが、ベルアンはなんだか気になることがあるような顔をしているのです。

ベルアンの感じる違和感

ベルアンはこの間ハクマンに会った時に言われた「久々に会って嬉しい」という言葉が気になっていました。

実際、彼に会ったことは一度もなくて、ハクマンがアバルティアだと知った今、あれがただの社交辞令ではなかったはずだと感じているのです。

アバルティアの手にかかれば一瞬にして体を奪われる可能性があるからと心配していると、ノクシタはいつまでも子供扱いしないでほしいと不満げです。

しかしエニシャが言いたいのは、そういうことではなく自身が大切にしている人だから狙われやすいということなのです。

かなりずる賢いやつだから、警戒して損はありません。

甘いことを囁かれても受け入れてはならないと伝えました。

エニシャの帰る場所

そうしてアバルティアの話が終わったところで、ベルアンはエニシャに「心は…決められましたか?」と聞きます。

風の音だけが静かな中に響きわたります。

そしてエニシャはあの時と同じだと笑うのです。

エニシャ「私はまだ魔力を完全に取り戻してないし、アルカスにいる裏切り者も見つけてない」

「だから今、私がアルカスに帰ったとしても解決できるものは何もない」

「ただヒペリオンとアルカスとの終わりのない戦争を引き起こすだけ」

「あなたたちも知ってるでしょ?今の状況じゃ新しい大魔導師を迎えるのが最善の方法だって…」

 

エニシャの考えは確かに何も間違っていません。

しかしベルアンとノクシタ、さらにアルカスの国民にとっては、理性だけで解決できる問題ではないのです。

ノクシタは、これだけは答えて欲しいと「ヒペリオンを…愛しているんですか?」と聞きました。

エニシャにとってヒペリオンもまた、アルカスと同じくらい大切な存在になっているのは確かです。

それを知ったベルアンは、少し悔しそうな顔をして、グッと気持ちを押さえ込みます。

そして握っていた手を離すと、それがエニシャの望みなら受け入れるしかないと頭を下げて、残りの滞在期間はおとなしく過ごすと言って2人は去って行きました。

 

2人と別れた後もなお、エニシャの心はざわついていました。

あんな素直に受け入れてくれるはずなどないと感じていたのです。

なにか騒ぎでも起こすのではと心配しながらテラスを出ると、そこには待たせていたはずのカヒルの姿がありません。

キョロキョロと辺りを見渡しながら歩いていると、少し開いた扉の隙間から、カヒルの精霊の力が漏れ出ているのが見えました。

そこにいるのかと扉を開いてみると、何か壊れるような大きな音がして、エニシャの足元に瓶が転がってきました。

割れた瓶から黒い不気味な煙がもくもくと立ち込めたかと思うと、それはエニシャの心臓目掛けて飛んできたのです。

苦しさのあまりその場に倒れ込むエニシャ。

エニシャの予想通りその部屋の中にいたカヒルは「殿下!!!」と叫ぶのでした。

\ 全話更新中! /

末っ子皇女殿下【第82話】の感想

あれは絶対にやばいやつでした。

一体犯人は誰なのでしょう。

アルカスが大人しく引き下がったのも気になりますが、あんな魔法を使うのはハクマンなのでは?!とも…

もしかするとカヒルを傷つけようとしたアクシオンの仕業かもしれません。

いずれにしても、こうなってしまった以上陛下やお兄様たちが大人しくしているとは思えません。

エニシャがずっと心配していた戦争になってしまう可能性だって十分にあります。

まずはエニシャの身の安全が一番心配ですが、本人の中にある魔力はもちろん、デルやレシーナ、カヒルもついているので、きっと無事に戻ってきてくれると信じています。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の末っ子皇女殿下【第82話】のネタバレをご紹介しました。

末っ子皇女殿下はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる