☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

LINEマンガ|主人公の女友達です【第17話】のネタバレ・感想!

LINEマンガで配信中の「主人公の女友達です」は、RYU HEON先生とKAKON先生の作品です。
突然、気気に入りのファンタジー小説の登場人物として生まれ変わってしまった主人公。
よりによって生まれ変わったのは、ヒロインをいじめ婚約者の主人公からも振られてしまう悪女だったのです!
憧れのヒロインではなく、悪女の「ルイス・スウィーニー」だったことに悲しみながらも、悲惨な結末を回避する方法を思いつきます。
果たして運命を変えることができるのか・・・!?

\ 全話更新中! /

主人公の女友達ですのネタバレ一覧

目次

主人公の女友達です【第17話】のあらすじ・ネタバレ

幼い頃、イアンに連れてこられた場所・・・。
それはイアンの母の実家でした。
イアン「いかが・・・お過ごしだったでしょうか?伯爵」
皇妃の父という名目で爵位が与えられたものの、実際は領地すら持たない名ばかりの地位でした。
ルイス「ちょっと殿下!伯爵じゃなくてお祖父様でしょ?」
あなたは?と聞かれたルイスは、貴族ではないが殿下の友達だと自己紹介しました。
「高貴な方の相手は、同じく高貴な方でないといけません。あなたならおわかりいただけると思います」
その言葉に、イアンも何も言えずにいました。
母の死には、母の身分の変化が深く関係していました。
真実は明らかになっていないのですが、きっと誰かが・・・。
伯爵は、一つだけ約束して欲しいとイアンに言いました。
「年寄りの最期の頼みだと思って聞いてください」
「逆らおうとしないでください。世の定めは・・・人の力ではどうにもできないこと・・・人にはそれぞれ相応しい場所があります」
 
そう言われたことをイアンは思いだしていました。
大切な人を守りたいのなら、どうか忘れないでください・・・。
それはルイスにも当てはまっています。

ルイスの救世主

ルイスは、ラッセン先生の元にいました。
ラッセン先生「入学テストの不正については公にしないでおきます。このアカデミーで不正行為だなんて、そんな恥ずかしい事例は一度で充分だという学長の指示があったからです」
そのかわり・・・と言いながら、ラッセン先生はルイスのカバンに付いていた首席のバッチを取り上げました。
ラッセン先生「これは取り上げます。あなたのような生徒に、主席の名誉はふさわしくありませんから」
ルイス「・・・私は、自分の名誉を傷つけることなんてしていません」
ラッセン先生「自分の間違いを認めない人に、名誉を語る資格はありません。そもそも平民には、名誉の重みなどわからないでしょうけど」
ルイス「・・・私だってわかります。自分の利益だけを優先して、誰かに罪を擦り付けることがいかに不名誉なことなのか」
この二人のやりとりは、記録されています。
ルイス「名誉を守るためには、良心をごまかしてはいけないことも・・・!」
ここでの会話が記録されているから、そうやって堂々とできるのかと、ラッセン先生はため息をつきました。
ラッセン先生「だけど、これならどうかしら?」
先生は、棒をルイスの腕につきつけると、書記は記録を止めました。
そしてラッセン先生はその棒を振り上げて、ルイスを叩こうとするのです。
その瞬間、二度と思いださないように心の奥底にしまっていたかつての世界の記憶がよみがえってきました。
ルイス(もう忘れたと思っていたのに・・・やめて・・・!!)
「いったい何の真似ですか?」
その部屋に現れたのは、ヒュイット先生です。
ラッセン先生「ここには何のご用でしょうか?先生をお呼びした覚えはありませんが」
ヒュイット先生「スウィーニー君に頼まれましてね。未成年の生徒は、教師を保護者として指定できるという学則がありますから」
ラッセン先生は納得したようです。
するとヒュイット先生は、入学テストの結果に疑問を持っていると聞いたことを持ち出しました。
ラッセン先生「スウィーニーさんは、テストにメモを持ち込んだのです。誰だって前にも同じようなことがあったのではないかと疑うでしょう」
ヒュイット先生「それはつまり、入学テストを監督した私の事も信用できないということでしょうか」
名誉がかかっている以上、見過ごすわけにはいかないのです。
ラッセン先生「ですから、今回のことだけを問題にしているんです!私がこの目で見たので・・・!」
先生は声を荒げながら、必死に言いました。
ヒュイット先生は冷静で、すでに多くの生徒が入学テストについて疑問をいだいていることを話しました。
そしてそれは、ヒュイット先生の名が廃ることにかわりはないのです。
ヒュイット先生「真実を明かすためなら協力してもいいだろう。君の意見を聞かせてくれ」
急に話をふられたルイスは戸惑いながらも意見を述べます。
ルイス「私は・・・。真実を明かして、良心に恥じることはしてないと証明したいです!」
ヒュイット先生「それでは、ルイス・スウィーニーの保護者として今回の件の再調査を要請します。異議はありませんか?」
ラッセン先生は悔しそうな顔で、どうして事を大きくするのかと問いました・・・。

意外と厳しいヒュイット先生

部屋を出たルイスとヒュイット先生。
ヒュイット先生「暴力を振るわれたのか?」
ルイス「いえ・・・」
すると先生は、何かあったらすぐに医療棟に行くようにと言いました。
ルイス「はい・・・助けていただき、ありがとうございます」
ヒュイット先生「私の名誉を守るためだ、礼は要らない。そもそも不正行為にしては詰めが甘すぎると思ったからな」
ルイス「ほんとに私じゃないんです!」
先生はわかってくれており、やましいことをした人間が相談を持ち掛けるはずがないと考えているのです。
ルイスは、ヒュイット先生なら公平に判断して頂けると思ったことを伝えました。
ヒュイット先生「スウィーニー君、言っておくが私の科目は点数を期待しないほうがいいぞ」
急に厳しことを言われて、笑うことしかできないルイス。
そしてまた授業で会おうと、二人は挨拶をしました。
 

みんながルイスの事を思って・・・

するとイアンとシモンが駆けつけてくれました。
「ルイス!」
待っててくれたのかな・・・?と思いながら、ルイスはここで何をしているのか二人に聞きました。
シモン「僕はルイスを待っていたんだけど、イアンはあともう二人待たなきゃいけないんだ」
イアン「生徒会のみんなが指導室に連れて行かれてね」
ルイス「みんなが・・・?」
すると部屋のドアが開き、後ろからクレアが抱き着いてきました。
クレア「ルイス!!」
 
ルイスはクレアが机を投げ飛ばしたと聞いて驚いています。
クレア「ルイスの悪口を聞いて、じっとしてられるわけないでしょう!!」
ルイス「じゃあディーンはどうして・・?」
ディーンはクレアを止めに入ったつもりでしたが、だんだん腹が立ってきて・・・気づいたときには拳を振り回していたのだそうです。
ルイス「・・・まさか、罰を受けたりするんですか?」
クレア「ううん、心配しなくて大丈夫」
ディーン「何言ってるんですか。このあと食堂の皿洗いが待ってるっていうのに」
だるそうにため息をついているディーンを見て、ルイスは手伝うと言いました。
そんなのいいと断るクレアと、当たり前だと手伝わせようとしているディーン。
イアン「俺はクレアとディーンの判断が間違っているとは思わない、会長として手伝ってやるよ」
シモンも手伝うことになりました。
 
ルイス「会長は洗い物もお上手なんですね」
イアン「基本的なことは身につけているんだ。ぞうきんの消毒には熱湯が一番ってこともな」
見直しました・・・とルイスが言うと、イアンは得意げになっています。
すると急に、ルイスに顔を近づけてきました。
とっさのことでしたが、間一髪で止めることができたルイス。
イアン「・・・早いな」
ルイス「いきなり何するんですか!見られちゃいますよ!」
近くにみんながいるので、こそっと注意します。
もうキスは許容範囲にはいると思ったイアンでしたが、そうではないようです。
ため息をつくイアンを見て、ルイスはそんな顔をするなんて反則だと心の中で思います。
そしてあの時、キスをしたことを思いだすのです。
ルイス「じゃ・・・じゃあ、一回だけですからね?」
イアン「ん?」
ルイス「だから・・・一回だけならしてもいいと・・・」
次は「やめた」と拗ねた表情のイアン。
ルイス「はい?今なんて・・・?」
イアン「やらないことにした」
逆転してしまい、ルイスは顔を真っ赤にします。
いつか絶対にやり返してやる!!と心に誓うのです・・・。

\ 全話更新中! /

主人公の女友達ですのネタバレ一覧

主人公の女友達です【第17話】の感想

ヒュイット先生のおかげで、ルイスは叩かれずにすみました。
ですがこれで終わりではなさそうですよね。
ヒュイット先生が力になってくれますが、ラッセン先生はばれないように阻止するでしょう。
そして早くステラのこともバレちゃえ!!なんて思ってしまいますね。
 
仲間というか友人が増えたルイスは、とても嬉しそうです。
こうして自分のために動いてくれる人がいるというのは、とても心強いと思います。
ラッセン先生なんかに負けずに、ルイスにはなんとか切り抜けて欲しいです!!
 

まとめ

以上、LINEマンガで配信中の主人公の女友達です【第17話】のネタバレをご紹介しました。
主人公の女友達ですはLINEマンガ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。
ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!
おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる