☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

LINEマンガ|主人公の女友達です【第25話】のネタバレ・感想!

LINEマンガで配信中の「主人公の女友達です」は、RYU HEON先生とKAKON先生の作品です。
突然、気気に入りのファンタジー小説の登場人物として生まれ変わってしまった主人公。
よりによって生まれ変わったのは、ヒロインをいじめ婚約者の主人公からも振られてしまう悪女だったのです!
憧れのヒロインではなく、悪女の「ルイス・スウィーニー」だったことに悲しみながらも、悲惨な結末を回避する方法を思いつきます。
果たして運命を変えることができるのか・・・!?

\ 全話更新中! /

主人公の女友達ですのネタバレ一覧

目次

主人公の女友達です【第25話】のあらすじ・ネタバレ

イアン「法廷代理人が必要なんだろ?」
急なイアンの登場に、ルイスは驚きます。
もちろん、ヘシェも一緒です。
芸術院長「あそ・・・殿下恐れ入りますが、おっしゃることがよく・・・」
するとイアンはある紙を取り出して、芸術院長に見せました。
イアン「スウィーニー夫人から保護者の権限を委任するという委任状を貰ってきたんだ」
驚いている芸術院長ですが、イアンはルイスにこれで契約できると言いました。
とにかく今は時間がない!
どういうことかは分かりませんが、ルイスは動き出しました。

キスかと思った!

演劇が始まり、イアンと一緒に見ています。
イアン「成人になっていいこともあるもんだな」
ルイス「使節団との面会はどうでしたか?」
おかげで助かったと、イアンはルイスにお礼を言います。
嬉しそうにしているルイスは、一つ訊いても良いかとイアンに尋ねました。
ルイス「どうしてお母様から委任状を・・・?困ってたところにちょうど殿下が現れてビックリしました」
イアン「先に行っていたヘシェが、芸術院の状況を教えてくれたよ」
報告を聞いたイアンは、ルイスならきっと事態を収拾するために動くはずだと判断したのです。
そして何が一番必要かと考えたイアンは、ルイスの母の元へ向かったのです。
ルイス「気持ちが通じ合ったみたいですね」
イアン「息ぴったりだったろ?」
 
演劇を見ながら、ルイスは素敵だと言葉を漏らしました。
イアン「だが・・・悲しい歌さ」
こんなに美しいのに、どうして悲しい内容なのか聞きます。
それは古くから伝わっている、天使に恋をした人間の男の物語。
ちょうど今主人公が空に向かって愛を告白しているところなのです。
届かない想い・・・。
それで最後はどうなるのか?とルイスは続けて質問します。
イアン「そう焦らず、主人公の切ない心を感じてみないか?」
ルイス「そうしたくても、何を言ってるのか聞き取れないんです」
愛の告白なんだから、決まっているだろうとイアンがいうと、ルイスは照れてしまいとうだと焦ります。
イアン「だから悩んでるんだ」
「その言葉をどう伝えたら、君が受け入れてくれるだろうか・・・ってね」
ルイス「ま・・・万が一私が断ったらどうするつもりですか?」
恥ずかしいことを言わないでよ!と、ルイスは顔を真っ赤にしているのです。
断られる可能性を考えなくはなかったイアン。
ルイスは話を逸らすように、この物語の二人は結ばれるのかとイアンに聞きます。
イアン「君は二人の恋が叶うと思うか?」
そう聞いてくる彼の目は、とても真剣です。
ルイス「て・・・天使と人間なんて、あまりにもかけ離れた存在だし叶わないんじゃないでしょうか?」
そしてイアンから目を逸らします。
イアン「そうか・・俺は違うな」
ルイスの顎に手を添えて、こっちを向いてと動かしてくるイアン。
何をする気なのだろう?この雰囲気・・・。
ルイスとイアンは見つめ合います。
ルイス(キ・・・キス!?)
そう感じたので、思わず目を閉じてしまうルイス。
イアン「どうした?」
ルイス「えっ!?」
髪の毛に誇りが付いていただけだと、イアンは言いました。
ルイス「!!!」
恥ずかしくなり顔は真っ赤です。
イアン「大丈夫だよ。君はホコリがついていても可愛いから」
まさかの言葉に、落ち着いたルイス。
イアン「ところでどうして目をつぶってたんだ?」
ルイス「なっ・・・なんのことですか?」

イアンとシモンの関係

弓を引き、的の真ん中に当てるイアン。
イアン「シモン、君の番だぞ」
するとシモンも構えて弓を打ちますが、真ん中から少し離れたところに当たりました。
イアン(・・・わざとだな)
命を守るためだとわかってはいるのですが、すごく残念な気持ちになります。
同い年のいとこ。
皇族として生まれていなければ、高め合う関係になれたはずなのですから・・。
 
イアン「たまには俺に、本気で挑んでくれないか?」
シモンにお願いしますが、彼は何も答えません。
イアン「すまない」
彼の状況も考えずに無理を言ってしまったと、イアンは反省しました。
シモン「いいんだ。僕も君が本気であってほしいと思っていたから」
イアンはもう一度構えて、いつだって全力でやってきたつもりだとシモンに言いました。
もう一度真ん中に当てるイアン。
シモン「君が心を尽くすべき相手は、他にいるという意味だ」
イアン(ああ・・・ルイスのことか)
イアンは全てが順調なわけではないと言うと、シモンは何か問題でもあるのかと聞いてきます。
今日はやけにしつこい・・・。
イアン「ルイスは気づいていないようだが、俺の事を怖がっている」
シモン「・・・あまりいじめないでくれ」
イアン「心掛けるとしよう」
するとシモンは突然、恐れを感じているのはルイスだけなのかと聞いてきました。
イアン「まさか俺がルイスを怖がっているとでも?」
急にシモンは跪きます。
シモン「・・・殿下は、僕を踏みにじってくださると、約束されました」
何も言えないイアン。
シモン「僕は誰かに希望を与えてはいけない身。殿下に友情を捧げると誓ったのは、その約束の対価でもあります」
そして自分のことを、牙を持った獣だというのです。
 
この世で皇太子を殺しても、唯一法の裁きを免れる人間。
そればかりか、イアンが手にしていた物全てが手に入るでしょう。
シモン「殿下は立派にこの獣を手なずけてこられましたが、所詮獣は獣です」
「残酷なまでに踏みにじってくださらないと、身の程をわきまえずに主のものを欲してしまいます」
するとシモンは再度弓を構えて打ちます。
イアン(主のものとは・・・皇位?それともルイスか・・・?そもそも俺はシモンにどうしてほしかったんだ?)
本心を隠す彼に甘えていたのではないかと、自分に問うのです。
シモンの打った矢は、イアンの矢を真っ二つに割りました。
シモン「・・・イアン、誰も僕から希望を見出してはいけないんだ」
その「誰も」というのは他でもなく、シモン自身のことなのでしょうか・・・?

\ 全話更新中! /

主人公の女友達ですのネタバレ一覧

主人公の女友達です【第25話】の感想

イアンのおかげで、ルイスは問題を解決することができました!
本当に、救世主でしたね!
こんなばっちりなタイミングで現れるのもそうですが、しっかり先読みをして行動できるのも凄いです。
 
そしてシモンは、まだまだ深い闇を抱えています。
これはイアンにもどうしようもない問題。
たとえルイスでも、難しいでしょう。
ですが少しでも彼が明るくなってくれるといいですよね・・・。
 

まとめ

以上、LINEマンガで配信中の主人公の女友達です【第25話】のネタバレをご紹介しました。
主人公の女友達ですはLINEマンガ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。
ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!
おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる