☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|THE LIVE〜未来からの日記〜【第39話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「THE LIVE〜未来からの日記〜」は、B.Ain先生、Antstudio先生の作品です。

    連続殺人犯に妻と娘を殺されてしまった主人公の由比拓未は、絶望的な日々を送りながらも毎日日記をつけていた。

    ある日突然、日記が未来の自分が書いたものに変わり、そこには妻と娘にもう一度会えると書かれていたのだ。

    日記に書かれた通り、仮想世界に引き込まれた拓未は、家族に会うことを目標にチュートリアルをクリアしていく。

     

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    THE LIVE〜未来からの日記〜【第39話】のあらすじ・ネタバレ

    俊悟「泣き終わりましたか?」

    拓未「・・・やかましい」

    部屋を覗いてヒヒッと笑う俊悟を見て、拓未も少し笑顔を見せました。

    俊悟「俺たち本当についていますね。由比さんのターゲットも捕まえたし、俺のターゲットも三松が偶然引き連れていたなんて」

    彼は袋に入っている頭を持っています。

    いくらついているとはいえ、あまりにも気持ちの悪い成果だと言いましたが、拓未は何も答えません。

    俊悟「・・始まりはここからですね」

    拓未「・・・ああ、そうだな」

    合格

    「合格。合格。不合格・・・」

    マーダラークランの試験を確認している奴の元に、二人は現れました。

    紙と袋を渡すと、その男は「三松がもう死んだ?」と驚いているのです。

    「・・・これは驚きだな。ヒッヒッ、合格だ。これを飲め」

    そうすればお前たちもマーダラークランの一員だと言いながら、黒い玉みたいなものを渡してきました。

    拓未「一体それは・・・なんですか?」

    ですが何なのかは教えてくれません。

    飲んでマーダラークランに入るか、このまま飲まずにトライアルはなかったことにするのか・・・、どちらかだそうです。

    「だがこれだけは言っておこう。それはお前たちにとって悪いものではない・・・むしろ力を与えてくれるはずだ」

    拓未と俊悟は目を合わせて、その玉を口に入れました。

    一気に飲み込むと・・・

    「よし!マーダラークランにようこそ!」

    と言いながら、バッチを渡してきたのです。

    魔気

    俊悟「ペッペッ」

    離れたところで、飲み込んだ玉を吐きだします。

    俊悟「この玉が・・・本当に種なんですか?」

    拓未「ああ、悪魔の種だ」

    合格者にこんなものを飲ませるだなんて、マーダラークランとは一体何なんだと俊悟の疑問が浮かびます。

    ですがこれから忙しくなると、拓未は考えているのです。

    拓未(こんなもののせいで・・・あんな惨いことが起こるというのか)

    その玉を強く握ると、手のひらから紫色の煙が出てきました。

    俊悟「そ・・・それ・・・なんですか?」

    拓未「・・・わからない」

    手を開くと、枷が緑色に光り出し、手首を締め付けてくるのです。

    強い痛みを感じながら、煙が吸い込まれていきます。

    「ザハールの枷が変化します」

    急に表示が出てきたかと思うと、枷がなた手首を締め付けてくるのです。

    俊悟「ゆ・・・由比さん!一体どうすれば・・・!」

    「”魔気”ステータスが追加されました」

    そして魔気が1上昇したという表示がでてきて、ザハールの枷も進化系となりました。

    俊悟「ブレスレットが手首と完全に一体化していますけど・・・本当に大丈夫なんですよね?」

    拓未「ステータスが上がったから悪いことではないはずだ。今は痛くもない」

    また何かが起こるんじゃないかとハラハラしてしまった俊悟は、少し安心したようです。

    ですがよく見ると、拓未が持っている玉の色は黒からグレーに変わっています。

    拓未「ここに入っていた魔気が俺の中に入ったんだと思う」

    俊悟「えっ!?」

    それは危ないんじゃ・・・?と俊悟は警戒していますが、ステータスだから問題はないのかもしれないと、拓未は考えているのです。

    とはいえ魔気ですので、吉と出るか凶と出るかはしばらく様子をみなければいけません。

    拓未「けど一つ失ってしまった」

    俊悟「大丈夫ですよ。もう一つここにありますから」

    これを失くしてしまっては大変だと、俊悟は言いました。

    拓未「俺が持たなければ問題ない」

    俊悟「まるで自分だけが特別みたいな言い方ですね」

    呆れている俊悟は、中二病がまだ続いているなんて・・・とつぶやきました。

     

    摩天楼クラン

    メルン、摩天楼クランにて。

    ウォーカー「クソッ、何で俺の時にこんなことが起こるんだ」

    ロイス「それでもうまく収拾ついたんだからよかったと思いなさいよ。アブラムも死んじゃったし、キメラたちは実験室に入ったまま出てこないじゃない」

    暇ならお前も手伝えとロイスに言いますが、彼女はウォーカーがクランアイテムを横領したせいで後始末が大変だったのです。

    少し休まなくちゃと、目の前でゆっくりお茶を飲みました。

    ウォーカー「だったら出ていけ」

    ロイス「私の事は気にしないで」

    我慢だと考えながら仕事を進めていると、部屋のドアのノックが鳴りました。

    拓未と俊悟が来たと報告を受けて、ウォーカーとロイスをは目を輝かせています。

     

    拓未「お元気でしたか?」

    ウォーカー「いいや、そうでもない」

    ロイス「私もです」

    ロイスは随分早い戻りだが、ダークミュームの件はどうなったのか単刀直入に聞きました。

    拓未「それが・・・」

    彼はポケットの中から何かを取り出します。

    拓未「こういうことになりました」

    それはマーダラークランのバッジです。

    ロイス「・・・!」

    ウォーカー「お前、正気か・・・?」

    「何をしに行ったかと思えば・・・!摩天楼クランを拒んで行った場所がマーダラーとは!!!」

    彼は怒りに震えています。

    詳しく話を聞かせてもらおうかと言われ、拓未はウォーカーの目を見るのです・・・。

    \ 全話更新中! /

    THE LIVE〜未来からの日記〜【第39話】の感想

    そりゃウォーカーたちも怒りますよね。

    行って欲しくなかったマーダラークランですので、ちゃんとした理由がないと認めてくれないでしょう。

    確かに危険そうな場所ではありますが、今後のことをしっかりと考えているからこそ、ここに拓未は入ったのでしょう。

    きっとあの黒い玉も、魔気の件も関係がありそうです。

     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のTHE LIVE〜未来からの日記〜【第39話】のネタバレをご紹介しました。

    THE LIVE〜未来からの日記〜はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる