☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|THE LIVE〜未来からの日記〜【第45話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「THE LIVE〜未来からの日記〜」は、B.Ain先生、Antstudio先生の作品です。

    連続殺人犯に妻と娘を殺されてしまった主人公の由比拓未は、絶望的な日々を送りながらも毎日日記をつけていた。

    ある日突然、日記が未来の自分が書いたものに変わり、そこには妻と娘にもう一度会えると書かれていたのだ。

    日記に書かれた通り、仮想世界に引き込まれた拓未は、家族に会うことを目標にチュートリアルをクリアしていく。

     

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    THE LIVE〜未来からの日記〜【第45話】のあらすじ・ネタバレ

    拓未「・・・何をしている?」

    ですが俊悟はぼそぼそと何かをしゃべっており、明らかに様子がおかしいのです。

    もしかするとさっきのような幻覚に陥っているのかもしれない。

    ですがなぜ急にこうなったのか、まったく見当もつきません。

    すると俊悟は剣を構えて向かってきました。

    かわすことは簡単ですが、安易に攻撃をすることができません。

    ふと、周りを覆っている霧にきづき、この霧のせいかもしれないと拓未は感じたのです。

    拓未「・・・これは厄介なことになった」

     

    元に戻す方法

    俊悟の顔を殴り攻撃をしますが、倒れても倒れても向かってきます。

    拓未「効果なしか」

    どうすればいいのかわからず、同じことを繰り返すのみ・・・。

    俊悟「役に・・・」

    拓未「?」

    俊悟「俺も・・・役に・・・!」

    そして剣を振り上げて、拓未に襲い掛かってきます。

     

    俊悟は意識の中で、ウォーカーに稽古をつけてもらっているときのことを思い出していました。

    ウォーカー「苦しいならやめてもいいんだぞ」

    稽古を望んでいるのは拓未で、俊悟ではない。

    ですが彼は、一緒に鍛えてほしいとウォーカーにお願いしました。

    ウォーカー「苦しくないのか?」

    俊悟「苦しいですけど・・・俺一人取り残されるわけにはいきませんから」

    拓未は例外で、俊悟も頑張っているとウォーカーは言いますが、自分が足を引っ張るのが嫌だからともう一度剣を構えたのです。

    そして疲れていても、何度もウォーカーに稽古をつけてもらいました。

     

    何かいい方法はないのか?

    拓未は俊悟の攻撃を避けながら、必死に考えています。

    霧に混じった魔気が原因だと思うのですが、それをどうにかするのはかなり難しい・・・。

    拓未(はっ!待てよ・・・)

    そして持っていた剣を投げ捨てて、俊悟を地面にたたきつけて上に乗りました。

    拓未(魔気のせいなら枷で吸収できるかもしれない)

    倒れている俊悟の首元に枷を近づけて、魔気を吸収するように力を込めました。

    拓未(頼む・・・!)

    すると枷が光り出し、赤黒い色の魔気がどんどん吸収されていくのです。

    俊悟の本当の気持ち

    拓未の枷が魔気を吸収していくと、俊悟の目がもとに戻りました。

    俊悟「あれ・・・?」

    起き上がり、何が起こったのかわかっていない様子です。

    拓未「何が”あれ?”だ!」

    思いっきり俊悟の額を叩きます。

    俊悟「い・・一体何がどうなっているんですか?」

    拓未「覚えてないのか?」

    俊悟「なんとなく覚えているような・・・」

    そして自分の顔がかなり腫れていることに気づきましたが、これもなんでなのか思い出せません。

    拓未「目を覚まさせるためだ。お前の相手をするのに苦労したんだぞ」

    俊悟「俺が由比さんに襲い掛かったんですか?」

    何かぼそぼそいいながらと拓未が言うと、急に俊悟は黙りました。

    俊悟「今度またこのようなことがあれば・・・、躊躇せずに俺を殺してください」

    うなだれている俊悟に、拓未は思いっきりデコピンをします。

    拓未「何をわけのわからないこと言ってるんだ!」

    俊悟「ゆ・・・由比さんのお荷物になるよりはマシなんで・・・」

    そして拓未は、俺たちは仲間じゃないのか?と聞きました。

    そうだけど・・と答えながらも、俊悟はわけがわからずにいるのです。

    拓未「仲間というのはお互い頼り合う関係だ。目に見えるものがすべてじゃない、だから不安がらないでくれ」

    家族も友達もいないこの奇妙な世界で、見方がいることだけでもどれだけ力になっていることか・・・。

    だからお荷物だなんて思うなと、拓未は真剣に言いました。

    拓未「お前の方こそビジネス関係くらいにしか思ってないんじゃないか?酷い奴だ・・・」

    俊悟「そ・・そんなことありません!俺も・・・」

    拓未「俺はお前を家族のように思ってるんだぞ」

    すると俊悟俯き、目からは涙が溢れてきました。

    それなのに泣いているのかと拓未が聞いても、泣いていないと答えるのです。

    拓未「・・・泣き終わったら言えよ。待っててやるから」

    少し離れたところに座り、俊悟を待つことにしました。

    俊悟「・・・はい」

    彼の目からは涙が止まらないようです・・・。

    マーダラークラン

     

    他の都市の状況はというと。

    ダークミューム以外はすべてやられてしまったそうです。

    それはブラハムも同じ。

    序盤は逆襲に成功したが、ウォーカー・エルビンが現れたせいでそのままやられてしまったのです。

    「種の孵化まであとどれくらいかかる?」

    「三か月程度かと」

    すると、種の存在を明かした奴らについて話が進みます。

    由比拓未と川瀬俊悟の二人だと答えると、周りの空気が赤くなり急に息苦しくなってきました。

    「そいつらが種を飲み込んだかどうかお前がちゃんと確認しておけば、こんなこと起きなかったんじゃないか?」

    申し訳ありません!と、トライアルの時の男は謝ります。

    空中が赤くなったのは、「血霧雲(けつむうん)」と言う力。

    血を吸収しているのでますます強力になり、濃度を濃くしたので呼吸がしにくくなる効果があるのでしょう。

    「ガラアンへ行く」

    ボスらしき男はたちあがり、嫌な予感がするから「あれ」を確かめに行ってくると言いました。

    ここが片づけ次第出発するそうです。

    \ 全話更新中! /

    THE LIVE〜未来からの日記〜【第45話】の感想

    拓未と俊悟はちゃんと打ち解け、これから一緒に進んでいけますね!

    これで二人は一安心です。

    俊悟が感じていた不安や気持ちは、多少は消えたかなと・・・。

    この前拓未も泣いたので、お互い様ですよね!

     

    そして動き出したマーダラークランのボスたち・・・。

    これから拓未たちがいるところへ向かいそうですが、大丈夫でしょうか?

    霧となると、あの洞窟ではかなり広がりそうな予感・・・。

    枷があるから大丈夫な気もしますが、俊悟は?

    何事もなくあっさりと倒すのは面白くないので、じわじわと進んでくれれば・・・(笑)

     

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のTHE LIVE〜未来からの日記〜【第45話】のネタバレをご紹介しました。

    THE LIVE〜未来からの日記〜はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる