☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|THE LIVE〜未来からの日記〜【第46話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「THE LIVE〜未来からの日記〜」は、B.Ain先生、Antstudio先生の作品です。

    連続殺人犯に妻と娘を殺されてしまった主人公の由比拓未は、絶望的な日々を送りながらも毎日日記をつけていた。

    ある日突然、日記が未来の自分が書いたものに変わり、そこには妻と娘にもう一度会えると書かれていたのだ。

    日記に書かれた通り、仮想世界に引き込まれた拓未は、家族に会うことを目標にチュートリアルをクリアしていく。

     

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    THE LIVE〜未来からの日記〜【第46話】のあらすじ・ネタバレ

    俊悟は、ここにきて半月は経った気がするが、怪物たちがそう強くなくてよかったと言いました。

    拓未からすると、あの霧の幻覚効果が一過性のものでよかったと安心しています。

    迷路みたいな洞窟の中を歩きながら、こっちで合っているのか不安そうな俊悟。

    拓未「心配するな、道は間違っていない」

    俊悟「じゃあ今度はどこですか?」

    目お前には沢山の色違いの扉がありました。

    拓未が赤の扉だと言うと、どうしてわかるのか不思議だと感じながら俊悟はドアを開きました。

    すると中を見てすぐに、ドアを閉じます。

    拓未「どうした?」

    俊悟「・・・由比さんも見てみてください」

    冷や汗をたらしている俊悟に言われて、拓未はドアの中に入りました。

    扉の向こう

    目の前にいるのは大きな熊?のような怪物です。

    明らかに強そうな怪物ですが、今は気持ちよさそうに寝ています。

    俊悟「どうしましょう?倒しますか?」

    拓未はあえて戦う必要はないと答え、自分はともかく俊悟がケガをするのは困ると言うのです。

    そして怪物の後ろにある黒い扉にさえ行ければ、これで最後だそうです。

    できるだけ静かに行くことにしました。

     

    足音をできるだけ立てないように、ゆっくり歩きます。

    すると俊悟が、足元に落ちていた石を蹴ってしまい、コツッと音を鳴らしてしまうのです。

    その石は怪物の方に転がっていき、何かを感じた怪物は鳴き声を出しました。

    「グォォ!?」

    ですが怪物は目を覚まさずに、そのまま眠ってしまうのです。

    もう音は立てないようにと、そろーっと歩いて扉に向かう俊悟。

    なんとか無事に、扉の向こうへと行くことができました。

    俊悟「ふぁ~、心臓止まるかと思った」

    よりによって石を蹴とばすなんてとため息をついたのです。

    顔を上げると、目の前の光景に驚きます。

    とても高くて大きな樹が、そこに立っているのです。

    俊悟「これは一体・・?ここって本当に地下のダンジョンですよね?」

    拓未「・・・そのはずだが」

    こんなに大きな樹は初めてで世界樹のようだと言うと、拓未はそんな神聖な樹ではないと答えました。

    何の樹なのかと拓未に聞くと、彼は魔気の樹だと言うのです。

    悪魔の種を培養する樹だそうで、よく見るとその樹には何かが沢山埋まっています。

    俊悟「まさか・・・!?これ全部、悪魔の種ってことですか!?」

    数だけぱっと見ると、数億個はありそうな勢い。

    これが全部孵化してしまえば、一体何が起こってしまうかわかりません。

    その何かが起こる前に壊しにきたと話す拓未は、悪魔の種を孵化させるためには寄生する対象が必要であることを話します。

    とても大きな樹を二人で倒せるか不安そうな俊悟に、確かに今の状況では厳しいと拓未が言いました。

    拓未「これが可能なら・・・」

    そして、枷がついている方の手をその樹に当てました。

    音が鳴ったと思うと、シュウウウっと一気に何かを吸収しだしたのです。

    魔気の樹

    拓未の魔気は1上昇。

    ですが一時的に体力が1低下しました。

    魔気の種が魔気を吸収するのを見てまさかとは思いましたが、どんどん枷が吸収していき拓未の魔気が上がっていきます。

    ですが手が、魔気を吸収しすぎてはちきれそうになっているのです。

     

    ある程度吸収したところで、拓未は下に座り込んでしまいました。

    俊悟「大丈夫ですか?無理しすぎたんじゃ・・・?」

    息を切らしている拓未は、少し休めば大丈夫だと答えます。

    俊悟が上を見上げると、明らかに枝が減っている魔気の樹。

    拓未は、試しにこれを壊してみてくれないかと聞きました。

     

    体力の減少は一時的なものだと出ているので気にすることはありませんが、拓未の魔気と魔力の数値が同じになりました。

    魔力と同じくらいのレベルまでしか上げられないのだとすれば、ここまでしか吸収することしかできません。

    俊悟「じゃあ、一度やってみます」

    俊悟は樹の前に立ち、一息つきました。

    剣を構え、巨人の剣で魔気の樹に向かって振り下ろすのです。

    急報が入り・・・

    大都市トルムの会議場。

    ロイスは、ブラハムでの大打撃が大きかったのだが、都市の状況は悪くないと報告しています。

    摩天楼クランのウォーカーと、ジンガークランのターナーが収拾したことを伝えます。

    シフマンのいるダークミュームは問題ではあるのですが・・・。

    するとウォーカーをそこに派遣してはどうかと、一人の人が発現しました。

    ブラハムでの戦いも終わりましたし、何よりシフマンに敵う人材はそうはいないのです。

    「それは難しいと思います。エルビンさんは、摩天楼の予備クランたちがジェフリーを倒したという噂を聞いて、どこかへ行ってしまいました」

    一人がそれを報告すると、身勝手なのは相変わらずだと一人が言いました。

    ですが実力は確かだとも・・・。

    「急報です!!」

    急に会議室のドアが開き、男性が入ってきました。

    報告とは、シフマンがダークミュームから離脱したというものです。

    何とも嬉しい知らせ、今がチャンスだとみんな言い始めました。

    ですがシフマンはどこに行ったのか・・・、それが不思議でならないようです。

    報告には続きがあり、捕虜として捕えていたマーダラークランの団員の一部が、嘔吐の症状を見せているのだそうです。

    それがなんなんだ?と言われてしまいますが、吐き出しているのは悪魔の種だと伝えると、みんな驚いています。

    一体何が起こっているのか・・・。

    彼らにもわかりません。

     

    その頃、あの魔気の樹は綺麗に倒れていました。

     

    \ 全話更新中! /

    THE LIVE〜未来からの日記〜【第46話】の感想

    ついに魔気の樹を見つけました、

    これを探していたんですね!

    拓未は魔気を吸収し、かなり強くなったのではないでしょうか?

    倒れた魔気の樹と、マーダラークランの人たちの嘔吐の症状は関係がありそうですよね。

    これは大きな問題になってきました・・・。拓未の強さがみんなにバレてしまいそうです!

    まとめ

    以上、ピッコマで配信中のTHE LIVE〜未来からの日記〜【第46話】のネタバレをご紹介しました。

    THE LIVE〜未来からの日記〜はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる