☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|野獣のような皇太子に愛されすぎてる【第18話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、JOOREONG先生、SOLDDAM先生の作品です。
目を覚ますと、12年間意識不明だった花蓮になっていた!?
柳(りゅう)家の末娘の花蓮は12年間意識不明だったのだが、ある湖のおかげで目を覚ます。
とうとう目を覚ましたと、村では噂になり、父はお祝いのパーティーまで準備を始める。
ある日花蓮は父と一緒に昼食を取ろうと、行宮へと向かうのだが、間違って別の宮に入ってしまう。
そこには赤い髪に、金色の瞳の男が一人でいたのだった・・・。
以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

野獣のような皇太子に愛されすぎてるのネタバレ一覧

目次

野獣のような皇太子に愛されすぎてる【第18話】のあらすじ・ネタバレ

青龍宮に行った花蓮の元に現れたのはあの赤髪の男性、皇太子でした。
急に顔を近づけてくる彼。
花蓮のことをじっと見つめます。
恥ずかしそうにしている花蓮の顎に手を当てて、目をじっと見つめると・・・なにか森のようなものが見えた気がします。
不思議そうにしている皇太子。
花蓮「・・・なんで・・・すか・・・?」
そして花蓮は彼の手を離し、早く帰らなければいけないので食事にしようと勧めるのです。
それでもなかなか離れてくれない彼に、もう少し離れて欲しいとお願いしました。
皇太子「なんでだ?」
花蓮「お食事・・・召し上がらないんですか?」
食べると答えた彼に、ちょっとどいてもらえないかとお願いしますが、嫌だと拒否されてしまいます。
花蓮「はい?」
皇太子「イヤだって言ってるんだ」
どうしてなのかわからない花蓮は、聞き返します。
ですが「別に」としか答えてくれず、二人の間に沈黙が流れました。
花蓮(あれか・・・反抗期ね)
この人は見た目とは違って子供みたいだとため息をつくのです。
子供の頃、愛されずに育ったのだろうか・・・?
ということは、子供を相手にする感じで言った方がいいよね!と対応を思いつきました。
皇太子を知る誰かが聞けば驚いてひっくり返るような誤解ですが・・・。
残念ながら今この場所に、それを教えてくれる人は誰もいません。

大人しくなる皇太子

花蓮は皇太子の頭に手を当てて、優しく撫でました。
花蓮(あら、気に入ってくれたみたい)
黙って撫でられている彼を見て、花蓮は安心しました。
花蓮「重箱、開けてもらえますか?手伝ってくれたらあとでまた、これやってあげますから」
今日は沢山歩いたから、少し足が重くて・・・重箱も重く感じるんだとお願いします。
皇太子「ふむ・・・」
少し考えて、彼は重箱を運びました。
花蓮(やったぁ!私の言うことを聞き始めたわ!)
いざ言うことを聞いてくれたらなんだかんだ嬉しいのかも・・・と花蓮は笑顔になります。
ですがそのまますぐ横になる皇太子を見て、これは徐々に直していかなければならないと実感するのです。
 
彼の口に野菜を運びますが、口を開けてくれません。
皇太子「肉」
花蓮「あのぅ・・・野菜を食べないとあとで血管が詰まることもありますし・・・そうなると身体に毒素が溜まりますし・・・」
健康によくないと花蓮は言いますが、彼は「肉」としか言いません。
花蓮「私が毎日来たらお野菜食べるって言いましたよね?」
皇太子「毎日来られるのか?一日も欠かさず絶・対・にか?」
ズルい・・・、それはなかなか難しいと感じた花蓮は納得します。
さりげなく肉と一緒に野菜も取りますが、それはどけろとバレてしまいました。
花蓮「子供の頃、好き嫌いが多いって怒られたでしょう」
皇太子「俺を怒る?誰が?」
笑いながら答えた彼を見て、憎たらしい!一発殴りたくなってしまった花蓮。
気持ちを抑えます。
花蓮「一回も怒られたことないのですか?本当に?お母様にも?」
皇太子「当然だ」
こんな食事のとり方なのに何も言われなかったのか・・・?と不思議そうに聞く花蓮。
それでも彼は、そうだと言い張ります。
花蓮「そんな・・・」
そして少し考えて彼は口を開きました。
 

皇太子の母親について

皇太子「こう・・・イヤ、ゴホン。母親とは一緒に食事をしたこともないし、もしあったとしてもそんなことはありえない」
花蓮「・・・どうして・・・」
皇太子「俺を生んですぐに・・・亡くなったんだ」
その話を聞いた花蓮はすぐに謝ります。
別に構わないと、彼は表情を変えずに淡々と言いました。
本当になんでもないことのように、事実だけを語るかのように・・。
そしてその姿はむしろ、花蓮の心を締め付けました。

\ 全話更新中! /

野獣のような皇太子に愛されすぎてるのネタバレ一覧

野獣のような皇太子に愛されすぎてる【第18話】の感想

本当にまるで犬のような・・・(笑)
花蓮は皇太子だとわかっていないので、扱い方が上手くなってきましたね。
彼の正体がわかっていれば、こんな風に頭を撫でたりできないと思います。
これをもし江や父が見たら・・・、発狂するでしょう(笑)
 
花蓮は彼の母親がいないことを知りました。
皇太子はなんとも思っていない様ですが、花蓮にはそれが引っかかるようです。
母親のように接してあげたい!だだんて思い始めたら、父がかわいそう・・・(笑)
ただ、花蓮に危害を加えることはなさそうですので、そこは安心ですね!
じわじわと二人の距離は縮まっていきます!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の野獣のような皇太子に愛されすぎてる【第18話】のネタバレをご紹介しました。
野獣のような皇太子に愛されすぎてるはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。
ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!
おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる