☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|勇者の元カノです【第10話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「勇者の元カノです」は、 Ji Hyun先生、SETE先生、Song Seorim先生の作品です。
小説、「勇者の彼女」の小説の中に入りこんでしまった、橘梨亜はヒロインのメイズに転生。
ヒロインとしての華々しい人生を想像していたのですが、そう甘くはなく・・。
そして原作を無視して、主人公であり彼氏のシュクールに別れを告げました。
それから出会ったのは、ハイスペック男子のイスだったのですが・・・。
以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

勇者の元カノですのネタバレ一覧

目次

勇者の元カノです【第10話】のあらすじ・ネタバレ

イスがそんなにいい男ならば、周りも放っておかないのではないかと友人たちは心配します。
結婚する気があるのであれば、しっかり捕まえておかなければとも。
メイズ「まだ結婚までは考えてないけど・・・付き合ったばかりで知りたいこともまだまだ多いし」
とう皆に話しますが、イスが旦那さんなんて結構いいかもしれないと思うのです。
メイズにとっては、自分に気がないことを除けば、彼は全部完璧だそうです。
「あ、でもメイズに彼ができたなら合コンは?」
そう言われてハッとします。
そう言えばそんな約束をしてた、とクッキーを食べながら思いだすメイズ。
メイズ「恋人がいるなら合コンにいくのはちょっとアレじゃない?」
皆に言いながらも、次に食べるクッキーの事ばかりを考えています。
友人はメンズが合コンに参加する前提で人数を合わせており、ジョンという男性にもメイズを連れて行くことを伝えてあるのだと言いました。
さらにメイズの代打になるようなレベルの子はいない・・・。
となると、みんなでメイズを見つめました。
メイズ(な、何急に・・・そんな目で見ないでー!)
こんな状況でもクッキーが食べたいだけなのです・・・。

合コンに行くことをイスに伝えると

カフェで、イスに合コンに行っても良いか聞きました。
彼は笑顔のままですが、手に持っていたスプーンをテーブルの下で折ってしまいます。
イス「合コン?合コンって?」
しばらくは恋愛をしないと言っていたことを問いますが、メイズは明るくこの合コンはイスに会う前に約束したもので絶対に参加して欲しいと言われたことを話しました。
付き合っていることは、一緒に行く友人以外も知らないことも。
イス「待ってメイズ、友達と一緒に合コンに行くの?」
メイズ「あぁ、四対四の合コンなの」
男性が四人に女性が四人と聞いたイスは、考え込みます。
 
これはイスの私情抜きでのことですが・・・、メイズはとても愛らしい人だと考えています。
そんなメイズに好感を持つのは当たり前だとも。
イス(・・・その行為が僕の目に入った瞬間、全部粉々に打ち砕かれるけど)
そしてメイズは偽装とは言え、恋愛は恋愛。
一応相手にも相談すべきかと思い、合コンの事を話したんだと説明しました。
ですがこの話を聞いたイスは、これは報告だと感じるのです。
イス「・・・うーん、じゃあ僕が出るなっていったら出ない?」
メイズ「へ?」
思わず驚いてしまうメイズ。
驚くということは、却下されるなんて思わなかったと感じたのでしょう。
イス「冗談だよ、そんなに驚かないで」
メイズ「実は私も少し前までためらってたんだけど、イスのこと考えたら行くのも良いかなって」
イスともそう言う感じで出会ったことを持ち出されました。
そして、またいい友達ができるかもしれないことえお素直にイスに伝えるのです。
 

イスの本心が垣間見える・・・

相手はメイズ。
周りの空気を読みながらも、一度決めたら諸突猛進で突き進むメイズ・ヘーゼルナッツ。
ここで行くなとメイズの決定を阻んだ瞬間、今まで積み上げた好感が崩れる可能性もあります。
となればイスの答えは決められたようなもの。
メイズが考えるイスという人物像のとおり答えるまでです。
 
イス「せっかくだし、楽しめると良いね」
メイズ「だから恋愛目的じゃなく、友達作りとして行こうかなって。それならもっと気楽に楽しめるよね」
でも自分にはメイズだけなのに嫉妬してしまうと、イスは正直に気持ちを伝えました。
メイズは笑顔で、イスが一番特別な友達だから心配しないでと答えるのです。
イス(メイズに気に入られるための行動だったが、まさかこんあ展開になるとはな。警戒が解かれたのはいいが、僕の言動がウソだろうが本当だろうが・・・メイズにとってはなんの関係も関心もないように見える)
ここでメイズは、イスのアイスを食べないのならちょうだいとお願いしてきました。
イス「君のを一口くれたら僕のはいくらでもあげるよ」
メイズ「甘いものそんなに好きじゃないくせに」
メイズが美味しそうに食べるからだとイスが話すと、メイズはスプーンにアイスを取りイスに食べさせます。
メイズ「どう?おいしい?もう一口食べる?」
 
メイズ・ヘーゼルナッツ、バラの花から生まれたかの如く愛らしい人。
それは今噛んで飲み込んだものが彼女ではないことが残念なほどに。
彼は他の誰でもない、メイズと言う人間を欲していました。
イスは何か黒い者に呼ばれて、命令を受けたことを思いだしています。
その者の事をイスは、「至高の我が王」と呼んだのです。

\ 全話更新中! /

勇者の元カノですのネタバレ一覧

勇者の元カノです【第10話】の感想

ついに・・・イスの本性が見えてきました。まだはっきりとはわかりませんが、イスであってイスではないのでしょうか。
誰かの願いを叶える為に、メイズに近づいたことはわかります。
だからベカおばさまの親戚に、イスのような人が見当たらなかったんですね・・・。
メイズもだれも全く気付いていませんが、これも時間も問題でしょう。
そして前回で襲われたように見えたヘンリーは、きっとイスが何かしたのでしょう。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の勇者の元カノです【第10話】のネタバレをご紹介しました。
悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。
ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!
おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる