☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|勇者の元カノです【第12話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「勇者の元カノです」は、 Ji Hyun先生、SETE先生、Song Seorim先生の作品です。
小説、「勇者の彼女」の小説の中に入りこんでしまった、橘梨亜はヒロインのメイズに転生。
ヒロインとしての華々しい人生を想像していたのですが、そう甘くはなく・・。
そして原作を無視して、主人公であり彼氏のシュクールに別れを告げました。
それから出会ったのは、ハイスペック男子のイスだったのですが・・・。
以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

勇者の元カノですのネタバレ一覧

目次

勇者の元カノです【第12話】のあらすじ・ネタバレ

ジョンは幹事なのだから参加メンバーの名前を間違えるわけがない・・・と言いかけたのですが、イスらしき男性の目線を感じるとぼうっとした表情に変わってきました。
ジョン「ああ・・・そうだ、イスだ」
とつぶやいたのです。
女性陣は、どういうことなのか不思議に思います。
きっと参加希望者が多かったから、ジョンが勘違いしたのでは?ということで皆納得です。
「こいつらランドルフじゃなくてイスだ、ちょっと勘違いしてたよ。うん・・間違いない」
他の参加者も勘違いだったと話始めますが、なんだかぼうっとした表情。
一方メイズは、ジョンはそそっかしいんだな・・としか思っていないのです。
メイズは友人にイスは彼氏じゃないの?と聞かれて、どうしてここにいるのか気になりました。
メイズ「どうしてイスがここにいるの?」
ずっとにこにこしていた男性はもうイスだと認めた様で、
イス「メイズが合コンに行くのが心配だったから」
と話すのです。
その甘い言葉にみんなの視線を受け、なんとも言えない気持ちになりました。
メイズ「ちょっとついて来て」
思わずイスを連れ出してしまいますが、周りはごゆっくり~と二人がラブラブしているように見えるだけなのです。

疑問をぶつけるメイズにイスは・・・

イスを外に連れ出したメイズ。
彼を壁に押し付けて、問い詰めるのです。
メイズ「ここなら二人きりだから正直に言って」
イス「それはちょっと大胆な発言だな」
なにが大胆なんだ?と疑問に思いますが、イスにこの体勢も・・・と言われて我に返ります。
イスを壁に追い詰め、要するに「壁ドン」のような体勢にさせていたのです。
メイズ「ごめん、雰囲気に呑まれてつい」
今の体勢でも構わなかったと話すイス。
ですがメイズはどうしてここにいるのか、再度問い詰めます。
さらにその顔はどういうことなのかと質問攻めです。
イス「・・・やっぱり君の好みじゃない?」
なんでいきなり好みの話になるのか?疑問はまだまだ浮かびますが・・・
メイズ「正直、どタイプよ」
イス「そっか、安心した」
まじめに答えるメイズに、イスは安心したようです。
メイズ「え?何が?」
イス「こっちが本当の顔なんだ」
普段はコレで隠していると、いつも使っているメガネを取り出しました。
メガネが魔法道具のようになっているらしく、いつものイスに戻るのです。
メイズ「メガネで顔を変えられるの?」
それよりも、どうして魔法道具が必要なのか?一体何のためにそんなことをしているのか、納得ができないメイズはさらに質問します。
イス「あぁそれは、あまり注目を浴びるのは好きじゃなくて」
なるほど!この顔ならすれ違う人みんなが振り返ってしまうわ!と楽天的なメイズ。
メイズ「ってそういう問題じゃなくて、じゃあどうして急に本当の顔で現れたの?もっと前に教えてくれてもよかったじゃない」
イス「・・・メイズが、イケメンは好きじゃないって言ってたから」
その言葉を受けて、妙に納得してしまったメイズ。
でも顔で友達を選んでいるわけではないと、必死に説得します。
イスも確かにそうだとし、自分の取り越し苦労だったと言いました。
メイズ「じゃ・・・じゃあ、顔はそういうことにしても」
そう言いながらイスの顔をみて本当にイケメンだと見つめてしまうのです。
赤い瞳なんて気持ち悪いと思っていたのに、まるでルビーみたいに輝いて見えるとも思い、顔を赤らめます。

合コン参加の本当の理由

メイズ「合コンにはどうやって参加したの?私以外に友達いないって言ってたじゃない」
イス「言っただろ?メイズが心配だったからだよ」
心配だなんて、戦争に行くわけでもあるまいし・・・と顔が赤いまま否定します。
イス「正確には僕が心配だったからだけど、君が合コンに行くって考えたら居ても立ってもいられなくて」
あの時は快くOKしたくせに・・・とメイズはつぶやくのです。
 
口ではそう言っても、本当は行くなと言ってほしかったのです。
それは、微かに友情を超えた気持ちを、イスに感じていたからです。
合コンを告げたとき、止めないんだ・・・と本当は少し寂しく感じていました。
イス「あの時は君に嫌われたくなかったからだよ」
そういいながらメイズの頬を撫でるイス。
メイズ「嫌いになんてなるわけないじゃない・・・言ったでしょ?あなたは特別だって」
 
転生後、「梨亜」でいられたのはたったの二回だけでした。
一つ目はシュクールに別れを告げたとき。
二つ目はイスと過ごした時間。
メイズの周りにいる優しい人々から、本物のメイズを奪った悪者にすぎないので、いつか本当のメイズが戻ってきて自分の存在が消えてしまうのではないかという恐怖を罪悪感を感じていました。
だからイスとの時間は特別だったのです。
イス「メイズ、僕が好きだと言ったらどうする?」
メイズ「嬉しいわ、私もイスが好きだもの」
そうではなく、メイズが思っている以上だと伝えますが、彼女にはその意味が解らない様です。
イス「好きだ・・・メイズ」
メイズ「分かってるわ。私も好きだってば。本当よ・・私、本当にイスが好き」
そして「友達として・・・」と付け加えたのです。
暗いかをなんてしちゃだめだと自分に言い聞かせながら・・・。

\ 全話更新中! /

勇者の元カノですのネタバレ一覧

勇者の元カノです【第12話】の感想

イス怪しい・・・。
ほんとうにそんな理由だけで合コンに参加したのか、顔まで変える必要があったのか疑問です。
絶対に何か他の目的があるはずなのですが、今だよくわかりません。
メイズはイスに対して恋愛感情が芽生えているのでしょうが、それを彼に知られたくない知られてはならないと必死です。
それは元のメイズのことがあるからだと思いますが・・・。
もう少し前向きに進んでほしいですね!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の勇者の元カノです【第12話】のネタバレをご紹介しました。
悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。
ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!
おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる