☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|勇者の元カノです【第51話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「勇者の元カノです」は、 Ji Hyun先生、SETE先生、Song Seorim先生の作品です。
小説、「勇者の彼女」の小説の中に入りこんでしまった、橘梨亜はヒロインのメイズに転生。
ヒロインとしての華々しい人生を想像していたのですが、そう甘くはなく・・。
そして原作を無視して、主人公であり彼氏のシュクールに別れを告げました。
それから出会ったのは、ハイスペック男子のイスだったのですが・・・。
以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

勇者の元カノですのネタバレ一覧

目次

勇者の元カノです【第51話】のあらすじ・ネタバレ

イスのまるで経験したことがあるかのような口ぶりに、少し違和感を覚えました。
メイズはイスに少し介入されただけでとんでもなく怒りが沸いてきたのですが、この世界の人たちが真実を知ることになればどんな気分なのでしょうか。
自分はこの世界に勝手に入り込んでもいのだろうか・・・と、疑問が浮かんできます。
 

聞こえてくる声

メイズは打ち解けたペルンと一緒に、暗い地下監獄に来ていました。
この二人は急に結成された魔王城捜査隊。
ペルンはヒマしていたメイズと一緒に、ケロを捜しに来ているのです。
にしても不気味な雰囲気の地下監獄で、ペルンを盾として連れてきてよかったとメイズは少し安心します。
メイズ「到着したことだし、もう一度約束を復唱するわよ」
一つは暴走しないこと、もう一つはケロを見つけたら即退散、三つめは必ずメイズの言葉に従うことです。
守れたら魔王城の模範に認定してあげるというメイズに、ペルンは暴走なんてもう百年もしていないと答えました。
もちろんメイズに嫌われたくはないので、約束は守ってくれるそうです。
 
監獄なのに収監者が誰一人いません。
それはなぜかと言うと、判決前に陛下が葬ってしまうからだとペルンは教えてくれます。
すると、ビュウウッと奥から強い風が吹いてきて、メイズは驚いてしまいます。
風の音だけえなく、何かの笑い声のようなものも聞こえてくるのです。
メイズ「・・・今の見た?聞こえた?」
今何か通り過ぎて、今もヒューヒュー動いているとメイズが言いますが、ペルンには何も見えていないようです。
ペルン「幽霊か?」
幽霊と言われてメイズは、驚いて固まってしまいました。
ここで死んだ者は多く、魂の一つや二つあってもおかしくはないそうです。
なんで自分にだけ見えるのかと慌てているメイズですが、それは体質だとだけ言われてしまいました。
きっと聖力にも関係があるのでしょう。
恐怖のあまりメイズは、もう帰ろうとペルンに言いました。
ケルベロスはいざとなればイスの胸倉を掴めば会えるので、もう気にしなくてもいいのです。
「・・・待って。私の話を聞いて・・・」
メイズに、どこからか声が聞こえてきました。
「助けてくれたら、あなたの望みを叶えてあげる」
初対面の幽霊とは話さないと決めたメイズは、ペルンの背中を必死に押して早く戻ろうとしています。
「あなたが生きていた・・・元の世界」
そしてその声は、戻る方法を知っていると言うのです。
この世界で適応して生きていこうと決めたメイズですが、元の世界の記憶は簡単には消えませんでした。
忘れようと、ひたすら努力をするだけ。
「もう少し奥よ。私に会いに来て」
この声は私を騙すためのデタラメに決まっていると自分に言い聞かせているメイズですが、思わず涙が溢れてしまいます。
橘梨亜としての人生は終わったのだから、すがってはダメだとわかっています。
心配そうにしているペルンですが、メイズの涙は止まりません。
「梨亜!私の可愛い娘!」
メイズはペルンにもう一度、地上に戻ろうと言いました。
ですがあの声が、どうしてメイズが異邦人だということを知っているのか、気になってしまうのです。

侵入者・・・?

イスの元に報告が入ります。
命令通り一箇所を除き、魔界と人間界を繋ぐゲートを全て封鎖したそうです。
クルシオは時間がかかったことで、無能だと言われてしまい落ち込んでいます。
そしてもう一人、ロンジーは人間界の国王の動向を確認したそうで、これといった動きはないと報告しました。
きっと人間側も利益がない以上、無駄な戦いは仕掛けて来ないのだろうとイスは推測しています。
ペルンも一度力を見せているので、人間側も警戒しているのでしょう。
クルシオ「ですがペルンを負かしそうになった人間もいたのでは?」
イス「あいつは力はあっても判断力がない」
そんな奴が戦争を起こせるはずはないだろうとイスが言いました。
その男は、シュクールのことです。
本来はメイズの恋人であるべき男であることをイスも知っています。
今はメイズの男はただ一人で、客観的に見ても自分の方が上だと考えながら鏡で確認しました。
メイズの好きな辛い料理も作ることができますし、力は同等でも勇者との戦いに慣れている点では有利だと考えているのです。
一度は大きな過ちを犯してしまいましたが、メイズにふさわしいのは自分です。
考え事をしているイスに、クルシオとロンジーが声をかけます。
大事な考え事をしているから出て行けとイスが言うと、部屋のドアが開きペルンが覗いてきました。
ペルン「陛下、入ってもいいか?」
また面倒な奴が来たと感じたイスですが、ペルンに「妃殿下が泣いた」と言われて動きが止まります。
邪魔をしたくないからイスには黙っているようにとメイズが言ったそうですが、彼女を落ち着かせられるのはイスだけだとペルンは考えており呼びに来たのです。
イス「メイズを泣かせたのは、どこのどいつだ?」
怒りに震えているイス・・・。
するとペルンは、ケルベロスを捜しに地下室に行きメイズが幽霊を見たことを伝えます。
イス「・・・幽霊?間違いが起こらないように城全体をマナで一掃しておいたのに」
そんなはずはないとイスは言いますが、それでも異変があったというのなら答えは一つしかないそうです。
何か邪魔者が侵入してきたということ・・・。
 

\ 全話更新中! /

勇者の元カノですのネタバレ一覧

勇者の元カノです【第51話】の感想

メイズ・・・。
幽霊だけならまだしも、自分の元の世界に戻してくれると言い出す声が聞こえてきました。
デタラメや罠だとは思いますが、もし本当だったら?
メイズは戻りたいのでしょうか?
そんなことをしたら、イスはかなり悲しむでしょう。
だってイスは、今のメイズが好きなのですから・・・
にしても何が原因なのか、かなり気になりますね!
ペルンも心配してくれているので、イスが早く解決してくれることを願います。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の勇者の元カノです【第51話】のネタバレをご紹介しました。
勇者の元カノですはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。
ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!
おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる