☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|勇者の元カノです【第57話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「勇者の元カノです」は、 Ji Hyun先生、SETE先生、Song Seorim先生の作品です。

小説、「勇者の彼女」の小説の中に入りこんでしまった、橘梨亜はヒロインのメイズに転生。

ヒロインとしての華々しい人生を想像していたのですが、そう甘くはなく・・。

そして原作を無視して、主人公であり彼氏のシュクールに別れを告げました。

それから出会ったのは、ハイスペック男子のイスだったのですが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

勇者の元カノです【第57話】のあらすじ・ネタバレ

シュクールは無理やり、メイズの腕を掴みました。

捕まれているメイズの手には、何か模様のようなものが入っています。

シュクール「君の状態を見てもそんなことが言える?」

メイズ「なにこれ・・・」

ですがこれはイスのせいではない、イスがこんなことをするはずがないと必死になってしまいます。

シュクールはメイズに騙されているんだ、目を覚ませと怒鳴ってきたのです。

メイズ「メイズ・ヘーゼルナッツじゃないわ!メイズ・ランセルよ!!」

どうしてみんな結婚を否定するのか、魔王だろうがなんだろうが好きな人なんだから幸せを勝手に不幸にしないでと、大声を出しました。

シュクールはメイズの手を離します。

メイズ「・・・それにイスは、彼はいくら頭に血が上ったとしてもこんな風に私を追い詰めたりしないわ。絶対に」

笑顔を見せるメイズに、シュクールは何も言い返せません。

落胆したように見えるシュクールでしたが、「ごめん」と言いながらメイズの腕に手錠のようなものをつけて外せなくしました。

シュクール「君の幸せを望んでいるから、俺にはこうすることしかできない」

「魔族なんかと幸せになれるはずないじゃないか」

笑みを浮かべているシュクールは、模様の入った紙のようなものを取り出します。

それは「魔法スクロール」というもので、その紙をちぎり始めるのです。

我慢の限界

メイズは後ろから名前を呼ばれました。

「やっぱり我慢できないみたい」

現れたのはイスで、まさかお偉い皇室騎士に他人の妻に手を出す趣味があったなんてと呟きました。

懲戒事由じゃないのかと言いながら魔力を使い、魔法スクロールを燃やして、メイズの腕につけられた模様を消そうとしています。

イス「・・・皇室騎士。僕はお前が何をしようと我慢できた。メイズの頼みだったからな」

メイズを傷つけなければイスは我慢していたのです。

そんななか、手に現れた模様が消えたことでメイズは驚いています。

シュクール「汚らわしい魔族が!」

剣を構えてイスに向かおうとしますが、魔法での攻撃を受けて吹き飛ばされてしまいました。

怒りが収まらないシュクールは・・・

原作でも強いとされていましたが、大きな音と攻撃に、どうしてあそこまで戦えるのかと驚いているメイズ。

イス「メイズがいるんだ。力加減を考えてもらいたい」

シュクール「お前なんかが彼女を心配するフリをしたって、虫唾が走るだけだ!」

シュクールは思いっきり剣を振り、イスの肩に当たりました。

血が流れていることで慌てているメイズですが、手当てをすれば大丈夫だとイスは冷静です。

メイズ「全然大丈夫じゃないわよ・・・!」

涙が止まらないメイズですが、次は後ろからペルンが現れました。

ペルン「急に呼ばれてきてみれば・・・二人で何してるんだ?」

イスは今更来たのかと言いますが、彼は移動ゲートをすぐに開けることができないので時間がかかってしまうのだそうです。

ペルン「ところで余裕なさそうだけど、あの人間が強いせい?それとも・・・」

そしてペルンはメイズの方を見ました。

どういうことなのか全くわからないメイズ。

するとイスは、メイズを連れて魔界に戻るようにとペルンに命令しました。

メイズ「でもイスを一人で残すのは・・・!」

ペルンは、今は助けにならないから席を外した方が良いとメイズに言いました。

少しショックを受けている様子のメイズですが、思ったことを言っただけだと答えて、メイズをそのまま連れて行きます。
 

メイズとペルンがいなくなり、一人でシュクールに立ち向かうイス。

イス「・・・これでもう少し本気で戦えそうだが、そっちはどうだ?」

シュクール「汚らわしい魔族なんかと話すつもりはない」

するとイスは、汚らわしいなんて酷いいい様だと話します。

人間というのは欲深い存在のくせに、欲望に正直になることを知らない。

欲望を見せることは自分の本心を見せているようで、恥だと思い隠そうとするんだとイスは話しました。

怒りがこみ上げてくるシュクールは、「黙れ!」と言いながらイスに向かっていきます。

ですがすぐに背中から押さえつけられて、その場に倒れ込んでしまったのです。

シュクールの上に乗っているのはドラゴン(?)のようです。

イス「・・・だから僕はあまり人間を好まない。メイズは例外だが」

そのままドラゴンの上に座ったイスは、少し落ち着いたようだから一体何をしたのか話してもらうと、シュクールに言いました。

\ 全話更新中! /

勇者の元カノです【第57話】の感想

やはり、メイズのあの手の模様はシュクールのせいなのでしょうか?

手錠よりもイスはそれを先に消しています。

これはシュクールが手に入れた力と関係があるのか・・・。

でもいいものではなさそうです。

そしてメイズがいることで、イスは本来の力を使えないようですが、これも聖女以外の理由があるのか気になります。
 

次回いろいろと明らかになるといいのですが、本当にイスはシュクールを殺してしまうのでしょうか?

勘違いシュクールがいなくなれば少しは平和になりそうですが、皇室騎士が殺されてしまえば大きな問題にもなりそうな気がします。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の勇者の元カノです【第57話】のネタバレをご紹介しました。

勇者の元カノですはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる